トップへ戻る

> ブログ > レッスン風景

じっくり取り組んでます。

学校が長期の休みに入り、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

ピアノ教室として、3月のレッスンをどうするか考えて、生徒の皆さんには

①通常のレッスン

②オンラインでのレッスン

 

どちらかを選んでもらうことにしました。

 

元気が有り余っている子どもたちがずっと家の中にいると考えると、ストレスもたまるし、一緒にいるお母さんも気が抜けません。そこで、消毒や除菌の対策をしっかりとして、子どもたちのリフレッシュのためにもレッスンをいつもより長くすることに決めました。

 

こんなときだからこそ、家でじっくり練習できると考えて、また、こんなときだからこそ、音楽やってて良かったと思えるような時間を過ごしてもらいたい。

 

音楽に出来ることってたくさんあるんだと、知ってもらう良い機会にしようと思いました。

 

早速、弾いてみたかった曲がある!と、紙を持ってきた子がいました。

 

 

ドレミがたくさん書いてある紙を見て、弾いてくれました。

ひたすらドレミが書いてあるだけなのですが、工夫も見られて、#や♭の臨時記号、高さ、を頑張って書き分けていました。

弾いてみての感想は、

楽譜って良くできてる!

楽譜を見て弾く方が弾きやすい!

高さとか、長さが、一目で分かるし。

 

なるほど!

普段は楽譜を読むのが面倒・大変と思っていたみたいです。自分が分かりやすいだろうと考えて自分なりの楽譜を作ってみたけれど、やっぱり五線譜の方が分かりやすかった。

 

長さや高さが一目で分かるのもありますが、以外と臨時記号の便利さにも気がついたようです。

 

楽譜のなかでは、音楽は必ず左から右に進んでいきます。音符の左側に臨時記号が書かれているのには訳があります。

 

 

音符の右側に臨時記号があると、音を出してからの記号になってしまうので、音楽の流れが逆になるのです。

 

先に臨時記号があることで、その音を変化させることを前もって教えてくれるので、余裕をもって準備できるわけですね。

 

なんとなく見ていた楽譜も、よくよく見てみると、すごい工夫があって、演奏しやすいようにできてることが分かったようです。

 

これは、大きな気づきだったと思います。そこで、自分で五線譜を書いてみようということになりました。

 

実際に自分で書いてみると、理解が深まりますね。

 

子どもって、本当に分かったときに表情がパッと明るくなるというか、適当に返事しているときとは全然目の輝きが違いますね。キラッと光るというのでしょうか、そういう瞬間に立ち会えるのは、教室をしていて一番の喜びです。

 

次回、どんな楽譜を書いてくるのか楽しみです。

 

 

新しい挑戦

急に涼しくなりましたね。

夏休みの特別レッスンの記事からあっという間に9月になってしまいました。

 

特別レッスン後の子供達は、やりきったという達成感と共に、やればできることが身をもって体験できたことで、自信がついたようです。

 

おうちでの練習も以前より積極的になったという報告もあります。

 

それで、今の昇り調子のうちに、新たなる挑戦ということで、

コンクールに挑戦することにしました。

皆、発表会以外で演奏した経験はなく、採点されるということも初めてなので、尻込みしそうになる子もいました。

 

夏休み、一緒に頑張った仲間と一緒に頑張ろう!と説得し、またお母さんたちにもご協力いただくことをお願いして、挑戦がスタートしました。

 

2ヶ月の短期決戦としました。

ひとつの曲だけに何ヵ月もかけるのもあまり賛成ではないので、集中して取り組みます。

 

普段のレッスンだと、子供のペースに合わせてできるようになるのを待つスタンスですが、本番の日は決まっているので、譜読みも期限を決めました。

 

すると、これまで譜読みにとっても時間がかかっていた子でも、しっかり期限内に両手で弾けるようになってきました。

 

弾けるようになるまでやってくるのが練習です。。。数回弾くのは、弾いたっていうだけで、練習ではないよ。

 

と、ちょっと厳しいかもしれないけど、日頃のレッスンで伝えていることです。

目標がはっきりとしたことで、やる気度が格段に上がったように感じます。

 

大人が、このくらいでいいだろう、と制限を決めてしまったら、子供の可能性は伸びません。

子供は本物の体験をしたときに、本当に楽しいと感じるのだと思います。それまでの道のりは大変なことも多少はありますが、それも含めて楽しかったと後で思えるような体験をしてもらいたいと思います。

 

中途半端に楽しいのは、そのときだけであって、ずっと心に残るような体験ではないと思います。

 

音楽はプロ・アマ限らずに全ての人に対して平等です。より良い演奏を求めることで、真の楽しさを体験し、真剣に取り組む姿が感動を呼ぶのです。

いい加減な取り組みをしていれば、それなりの経験しかできません。感受性豊かな子供時代だからこそ、本物の体験をしてほしいと思います。

 

コンクールへ向けての練習が始まって一ヶ月。なかなかドラマチックな展開をしております。途中経過も記事でお伝え出来たらと思います。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【コンサートのお知らせ】

芸術の秋です。

ぜひご家族揃って来てくださいね。

🎵10月5日土曜日

馬宮公民館

わくわく子育ちクラブ&コンサート

おしゃべりタイムのあと、フルート・うた・ピアノのコンサートです。

お子さんと一緒に口ずさめるような歌や馴染みのある曲を演奏します。

市報の西区版をチェックしてみてくださいね。

 

 

🎵10月19日(土曜日)

ベビーカーコンサートin北区

プラザノース ホール

0歳から参加できる参加型のコンサートです。一緒にリズムを叩いたり、手遊びをしたり、歌ったり、親子で楽しい時間を過ごしましょう。

 

私も勉強になりました。

♪春は名のみの~

立春を迎えると、この“早春賦”のメロディーが聞こえてくるようですね。まだまだ寒い日が続きます。

いかがお過ごしでしょうか?

庭を見ると、福寿草のつぼみが出てきました。

 

さて、先日のレッスンでのこと。

生徒さんは、“メヌエット”を一生懸命練習している小4の女の子です。本が大好きで、レッスンを待っている間も読書に夢中なAちゃん。

 

一回メヌエットを弾き終わったあとに、

 

「メヌエットってどういう意味?」

 

と聞いてみました。

 

たくさんの作曲家がメヌエットという題名で曲を作っていることも最近知ったばかりなのですが、肝心のメヌエットとは?

 

Aちゃんは、「分からない」

 

それで、早速調べてみることにしました。

まずは国語辞典で調べます。

《ゆるやかなリズムのフランス舞曲。四分の三拍子。また、それによる躍り》

なんとなく分かったような分からないような。

 

次に、音楽辞典で調べます。

さらに細かく説明が書かれています。

 

学年の小さい子だったら、要約して分かりやすく伝えるようにしますが、Aちゃんは普段からよく本を読んでいる子なので、一緒に読んでみることにしました。

そのなかで

 

《~そのころの優美でしかつめらしい気質に相応ずるような性質の躍りである》

という記述があり、

 

この《しかつめらしい気質》ってなんだ?

私も初めて聞く表現で、

 

「しかつめ???しかつめらしい???しかめつら、じゃないんだねー」

優美と一緒に使われる表現なのか????

と、私もさっぱり分からないので、

 

また国語辞典で調べます。

 

★しかつめらしい(鹿爪らしい)

顔つきや態度、話し方などが、もっともらしい。改まってまじめくさったようすだ。形式ばっていて堅苦しいようすだ

 

二人で、「へぇーーーー」

こんな言葉があるなんて知りませんでした。

 

なるほど、そういわれてみると、昔の貴族がドレスを着て、形式にのっとって、もしかしたら本当は普段はお友だちかもしれないのに、初めて会ったように丁寧な言葉とかで挨拶をしながら、踊っている様子も想像できました。

 

これまで何度もメヌエットには接してきたのに、調べてみるまでは分からないことがたくさんあると分かりました。

 

レッスンでは分からないことがあると、怒られるような気がして、何にも答えられなくなる生徒さんもいますが、私のレッスンでは、分からないことが分かって良かったね、という考えでいますので、慣れてくると、生徒さんは自信をもって

 

「分かりません」

 

と答えられるようになります。

 

お家では調べられないこともあるのは理解できますので、一緒に調べたり、調べるためのキーワードを伝えて、自分で調べられるようにしたり、それぞれの生徒さんに合わせて工夫をします。

 

ただ、知ろうとする気持ち、挑戦する気持ちをもってもらいたいので、いつまでも分からないままでは「それは良くないよね」というお話もします。

 

調べられるようななにか参考になる本をお家の方に用意していただくこともあります。今ではインターネットなどを使って簡単に調べることもできますね。

 

私もAちゃんのおかげで新しい言葉を知ることができて、とても楽しいレッスンでした。

 

 

 

 

本日のプログラムは?

2018年はトモ・サウンズピアノ教室を立ち上げてちょうど10年となります。

学生時代から数えると20年以上ピアノを教えるということには携わっていますが、腰を据えてじっくり取り組めるようになったのは、やはりこの地に来てからです。

 

様々な出会いの中で試行錯誤してきました。

 

その中で年齢が小さければ小さいほどやって良かった取り組みがあります。

 

それは、レッスンが始まるときに一緒に内容を決めることです。

“本日のプログラム”と呼んでいます。

 

レッスン室の中には、子どもにとって気になるものがたくさんあります。集中が短いのは当然と考え、かといって、部屋中のものをなくすわけにもいきません。

そこで、ホワイトボードに今日のレッスンでやることを一緒に考えるのです。

すると、不思議なことに、部屋を模様替えすることなく、子供達はレッスンに集中するようになります。

先の見通しが立つ安心感からか、次に何をすれば良いのか分かることで、一つ一つの活動に集中して取り組めるようになります。

数字を自分で書きたがる子、時間がかかるので、メニューはマグネットを使い作りました。

自分のやりたいことをやりたい順番でできる、ことがレッスンへのモチベーションを高めていることが分かりました。

 

こちらから無理矢理やらせようと思っても、子供って興味がないことには本当に見向きもしませんね(+_+)