トップへ戻る

> お知らせ

新着情報

新着情報

春の生徒さん募集中です

春休みいかがお過ごしですか?

今日は、小学校・中学校も終業式ですね。

 

現在通ってくださっている生徒さんのレッスン時間の変更の調整が終わりましたので、新規の生徒さんの枠が決定いたしました。

以下の予定で、体験レッスンを受け付けております。どうぞお問い合わせください。

月曜日 17時30分~

火曜日 17時30分~

水曜日 16時00分~

17時30分~

木曜日 16時00分~

16時30分~

 

最近の嬉しいニュースとして、

3月から、大人の生徒さんも入会してくださいました。大人の方は午前中にレッスンしています。また、保育士を目指す大学生も来てくれています。

 

小さい頃習いたかったという方、

新しい趣味持ちたいなと思っていた方、

ピアノを弾いてみたい方、

弾いてみたい曲がある方、

お待ちしております。

 

 

台湾に行ってきました

3月に入り、

卒業式の便りがあちこちで聞こえるようになりました。

我が家も中学校と小学校の卒業式で、慌ただしい日々です。

息子は高校生になったら部活中心の生活が始まります。家族で旅行に行けるのは当分先になるだろうということで、

一足早く卒業旅行で、台湾に行ってきました。

 

私も大学院の卒業旅行で海外に行って以来、約20年ぶりの海外でした。

全員、パスポートを申請するところから旅の準備が始まりました。

 

台湾を選んだのは、近いから。

羽田空港から行けるのも良いですね。

3時間ほどであっという間に中国語の世界。

アジア圏は初めてで、中国語もほとんど分からないのでドキドキでした。

でも、漢字が分かるというのは、すごいことです。言葉は通じないけれど、同じアジア人であることを感じました。

飛行機を降りた瞬間からスパイシーな空気。いよいよ海外に来たぞ!という気分になりました。

2泊3日の短い期間でしたが、

思いきり楽しみました。

しかし、残念なことにずっと天気が悪く。どしゃ降りの雨。

景色を楽しむのは次回ということで、ひたすら美味しいものを探して食べ歩きの旅

 

テレビなどで特集もよく組まれているし、日本人もたくさん観光に訪れているということで、ほぼ日本語で大丈夫と聞いていたけれど、意外と通じないところも多く、英語が役に立つ場面もありました。

 

やはり百聞は一見に如かずで、本場の空気に触れると五感で体験できるので、より印象が強くなりました。

短い期間でしたが、リフレッシュでき、新年度へ向けて新たな気持ちになりました!

時々は海外へ旅行いきたいですね。

 

 

 

植水公民館・スプリングファミリーコンサートに出演します

久しぶりの雨で、空気が潤い、少しホッとした気分です。

しかし、いくら三寒四温といっても、寒暖差が激しいですよね。

 

今日はコンサートのお知らせです。

さいたま市の市報2月号をご覧になりましたか?

 

西区版のInfomationのページに

植水公民館 スプリングファミリーコンサートの案内が載っています。

 

3月2日(土)10時30分~12時00分

ソプラノ・フルート・ピアノの名曲をお届けする予定です。

 

申し込み受付がスタートしましたので、ぜひ直接公民館(TEL 048ー623ー0989)へお申し込みください。

 

2019年初めてのコンサートです。

プログラムを3人で考えていると、素敵な曲がたくさんあって、おそらく3回ぐらいコンサートできそうなぐらい候補曲が挙がりました。ソプラノ・フルート・ピアノのそれぞれの良さを感じていただけるようなプログラムになっていると思いますので、どうぞお楽しみに!

 

このプログラムが決まるまでが一番苦労するところでもあり、楽しい時間でもあります。家中の楽譜を広げて、コンサートの流れをイメージしながら、お客様の雰囲気もイメージしながら、組み合わせを考えます。

 

そんな時、心がけていることは、

 

聞いたことがあって、馴染みのある曲ばかりのプログラムも楽しいけれど、ちょっと得したような気分で帰れるような、新しい発見をしていただきたい。

 

せっかく足を運んで来てくださるのだから、来て良かったと、思っていただけるような時間にしたい。

 

と、考えています。

 

初めて聞く曲だけれど、良い曲だった。と印象に残るような曲探しをしています。

 

 

その一部をご紹介すると、

今回は春がテーマなので、

グリーグ作曲の“春に寄す”を選びました。

北欧ノルウェーの作曲家。

グリーグと聞いても、誰だろう?知らないなぁーと思うかもしれませんね。

しかし、学校の音楽の授業でも鑑賞しているはずなんです。それに、テレビなどでもよくBGMで流れています。

 

ペールギュントと聞いてピン!と来ましたか?フルートのメロディーが浮かんできましたか?

 

有名なのは“朝”

です。

他にもピアノコンチェルト(ピアノとオーケストラの曲)の冒頭の部分がとても有名で、よくテレビのBGMで使われています。

 

グリーグは北欧らしい素晴らしい自然や光、人々の生活を表現している曲をたくさん残しています。

今回選んだ“春に寄す”は

厳しい寒さが終わり、柔らかな太陽の光に包まれて、一気に春がやって来るような自然の情景が浮かんでくる曲です。

雪解けの水が勢いよく流れるようす、

木々の緑が一斉に芽吹くようす、

鳥たちが春が来た喜びをさえずっているようす、

そんな雰囲気を感じていただけたらと思います。

 

会場でお目にかかれるのをたのしみにしています。

 

 

2019年もよろしくお願いいたします。

2019年、初めての投稿となります。

もう明日から2月なんですね。

インフルエンザが猛威を振るっていますが、いかがお過ごしでしょうか?学級閉鎖のお知らせにドキドキしている方も多いと思います。

 

実は・・・・我が家もインフルエンザの猛威にさらされ、家族4人のうち、夫、私、息子3人がかかってしまいました。

しかも、息子は受験生。

試験にギリギリ間に合うという、なんとも不安な一ヶ月でした。

まだまだ油断は出来ませんね。

体調管理が難しい時期ですが、なんとかがんばっていきましょう。

 

私がインフルエンザになっていた間は、レッスンは偶然にもお休みにしていた週でした。

さて、新年のレッスンが始まり、毎年恒例の目標カードを書いてもらっています。

 

冬休みは、楽しい行事も多く、家族で過ごしたり、出掛けることも多いと思い、宿題も少な目にしていました。

正直、ピアノに向かう時間が少なくなるだろうなぁ~と思っていましたが、皆、とても熱心に練習してくれていた様子がよく分かり、うれしい時間でした。

 

毎年恒例の目標カードが続々と集まっていて、いつでもよく見える場所に張り出しているので、お互いに良い刺激になっています。

 

そろそろ発表会などの企画を具体的に考えようと思っています。

我が家も高校・中学と進学を控えているので、生活リズムが変わってきます。

それにともない、4月からのレッスン時間の枠も若干増える予定です。

4月からの新規の生徒さん受け付けも承ります。

クリスマス気分で

朝・晩冷え込んできましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

 

そろそろ街もクリスマスのディスプレイが本格的になってきました。今年のクリスマスプランは決まりましたか?

子供たちもサンタさんへのプレゼントを真剣に考えている頃でしょう。

 

さて、フラワーデザイナーの村山さんとの新しいイベントもいよいよ来週です。

打ち合わせも順調に進んで、当日を楽しみにしているところです。

クリスマスの曲って聞いているだけでワクワクした気分になりませんか?練習していても楽しいです。

 

音楽に合わせてお花が完成されていくのってどんな感じになるのでしょうか?イベントとしてはとても珍しいそうなので、私も楽しみたいと思います。

 

完全予約制となっております。

あと若干名お申し込みを承れますので、どうぞ気になっている方はお早めにお申し込みください。

 

 

12345...