トップへ戻る

> お知らせ

新着情報

新着情報

クリスマス気分で

朝・晩冷え込んできましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

 

そろそろ街もクリスマスのディスプレイが本格的になってきました。今年のクリスマスプランは決まりましたか?

子供たちもサンタさんへのプレゼントを真剣に考えている頃でしょう。

 

さて、フラワーデザイナーの村山さんとの新しいイベントもいよいよ来週です。

打ち合わせも順調に進んで、当日を楽しみにしているところです。

クリスマスの曲って聞いているだけでワクワクした気分になりませんか?練習していても楽しいです。

 

音楽に合わせてお花が完成されていくのってどんな感じになるのでしょうか?イベントとしてはとても珍しいそうなので、私も楽しみたいと思います。

 

完全予約制となっております。

あと若干名お申し込みを承れますので、どうぞ気になっている方はお早めにお申し込みください。

 

 

新しい挑戦です。

あっという間に11月ですね。

11月は文化祭やバザーのシーズンで、毎週のように行事があります。

 

忙しい時だからこそ、

あえてリラックスできる時間を作ってみませんか?

音楽を通じた出会いから、新しい挑戦をすることになりました。

フラワーデザイナーの村山友栄さんとのランチコンサートです。

私が演奏している中で、フラワーアレンジメントを作っていきます。

音楽から広がる世界、花は踊る。

と題しまして、一足早い大人のクリスマスの雰囲気を演出していきたいと思います。

今回のプログラムは“愛”がテーマです。

クリスマスは家族や恋人、友人など、大切な人と過ごしたいですよね。忙しい日常生活でどこかに忘れてきてしまった気持ちを思い出して、今年のクリスマスをどんな風に過ごしたいか、思いを巡らせてはいかがでしょうか?

若かりし頃の甘い思い出に浸るも良しですね。

会場は、大宮シーノ2階にあるFUKUROU。週末にはウエディングパーティーなど開かれる素敵なフレンチレストランです。演奏のあとは素敵なランチをお召し上がりいただきます。

食材などの調達する都合上、要予約となります。お気軽にお問い合わせください。

HPのお問い合わせフォームより申し込むことができます。

お陰さまで続々とお申し込みいただいています。11月20日が締め切りとなっておりますので、お早めにお問い合わせください。

12月にかけて、クリスマスイベントが目白押しです。

Dolceも開催しますので、どうぞお楽しみに。

 

 

西区ロビーコンサートに出演します。

台風や地震の被害の大きさに、胸が痛くなります。

日頃の備えを見直さないといけませんね。

 

さて、夏休みも終わり、

ピアノサロンもVol.26がスタートしました。次回は12日(水)アウトドアカフェ山小屋での開催です。

そして、もうひとつお知らせがあります。

9月20日(木)

さいたま市西区役所内で行われるロビーコンサートに出演いたします。

フルートの鶴川智子さんとの共演です。

12時開演ですので、どうぞお時間のある方は西区役所へお越しください。

6月に西遊馬にある明水堂さんでピアノサロンを開催したときに、お客様で来てくださった方のご縁で今回のロビーコンサートの出演が実現しました。

 

これまで、ほとんどが自主企画だったので、今回のお話はとても光栄でした。

 

さいたま市(旧大宮)には10才の頃から住んでいますが、途中大学が通うのが大変で独り暮らしをしていた時期もあり、実家に住み続けていたのは10年にも満たなかったのですが、この西区の自宅に住みはじめて早11年。

西区が一番長く生活している場所となりました。知り合いの全くいないところに、出産や育児で5年ぐらいはピアノに触れることもなかったので、一から練習をやり直し、音楽活動を始めて約6年。

ようやくここまでたどり着いた感じです。

 

当日は地元の方とのふれあいを楽しみに、音楽を通じて楽しい時間を共有できたらと思います。

 

 

 

リサイタル@徳之島

6月23日(土)は母の故郷である徳之島でリサイタルでした。

徳之島は奄美諸島のうちの一つです。

鹿児島から飛行機で約一時間ほどのところにあります。

地図で見ると、とても小さな島ですが、人口はおよそ15000人、島中の人と知り合いというわけではなく、子供も多く、とても賑やかな島です。

今回、天城町に防災センターという新しい施設ができ、普段は文化的な活動に利用できるようにと、グランドピアノが設置されました。

 

私は、小学2・3年の一年弱を島で過ごしていたというご縁で、今回このホールでリサイタルを開くことになりました。

隣の町には大きなホールがありますが、ピアノだけのコンサートというのは島でも初めてだったようです。

リサイタル開催にあたり、実行委員の方々が地元の小学校や中学校、または高校にも声をかけてくださったり、役場、商店街などにも声をかけてくださり、当日は300名近いお客様が来てくださいました。

 

67年生きてきて、ピアノの演奏を生で聞いたのは初めて!というおいじいちゃんや、小さい頃の私を知っている親戚のおばさんなどが、

「あんなにちっちゃかったのにねー」と、声をかけてくれたり、

当時の担任の先生が駆けつけてくださったり、クラスメイトも来てくれました。

お互いに会った瞬間いろいろな記憶が思い出されて、とても幸せな時間でした。

 

プログラムは、大きく分けて3つのテーマで選びました。

まず、徳之島といえば、闘牛。

闘牛といえばスペイン。

そんな連想ゲームから

アルベニスの組曲“スペインの歌”より

♪前奏曲

♪オリエンタル

♪セギディーリャス

 

それから、ピアノを初めて生で聞く方が多いということから、耳に馴染みのある名曲を

♪トルコ行進曲

♪キラキラ星変奏曲

♪子犬のワルツ

♪ノクターン 遺作

♪幻想即興曲

♪水の戯れ

 

そして、サトウキビ畑の中を車で駆け抜けながら聞いた思いでの曲

ベートーヴェン作曲

ピアノソナタ第23番 ヘ短調 “熱情”

を演奏しました。

 

始めは、お客さんも少々戸惑っているようなそんな印象でしたが、徳之島での思い出や、曲にまつわる話などをしながら演奏を進めているうちに、ジーーっと耳を傾けて、音に集中して聴いてくれているような、そんな空間となり、会場と一体になっていったような気がしました。

これまでは、母や親戚に会い、海や山の大自然を満喫する旅がテーマで島を訪れていましたが、

 

今回のように、音楽を通じて島の人たちと交流できたことは、大きな喜びでした。

 

今までいろいろあったけど、音楽を続けてきてよかったなぁとしみじみ思い、これからの活動を考える充実の時間を過ごすことができました。

 

 

 

盛りだくさんの6月。発表会お疲れ様でした。

もうすぐ6月が終わろうとしていますね。

もう夏のような暑さですね。

さて、今年の6月は行事が多く、あっという間に一ヶ月経ったような気もしますが、内容的には2・3ヶ月分の重量感です。

 

中3の息子の部活では、最後の公式戦ということで総合体育大会、学総がありました。

生徒のみなさんには発表会前なのに、レッスンの変更やお休みなどで大変ご迷惑をおかけしました。

4月から導入している動画レッスンをフルに活用させていただくことで、それぞれにおうちでの練習を充実したものにできていたと思います。

 

そして、10周年記念の発表会。

久しぶりのホールなので、初めて舞台で演奏するという生徒さんがほとんどでした。

短期間での準備でしたが、その分毎回のレッスンに対する集中度が高く、この経験は今後に活かしてもらえたら、ますますピアノが楽しくなると思います。

 

本番でのみんなの演奏は大変素晴らしく、そばで見ている私が一番感動でした!

初めてレッスンに来たときからのことが思い出されて、よく頑張ってくれたなぁと感慨深いものがあります。

より多くの方にピアノライフを楽しんでもらいたい。という思いから、“ピアノライフアドバイザー”と名乗っています。

演奏する楽しみ、

鑑賞する楽しみ、

その両方を提供できるような音楽家でありたいと日頃から考えています。

 

もし、こんな演奏会があったら行ってみたい。

こんな曲を聴いてみたい。

 

というご要望などありましたらぜひお話を聞かせてもらいたいと思います。

 

ピアノを習っている子供達も大勢いる現代ですが、クラシックは苦手・・・と思い込んでいる方がとても多いことに驚きます。

 

意外なところで身近に聞いていることもあるんですよ!

今後はそんな紹介もしつつ、身近に音楽に触れられるような機会を作っていきたいと思っているので、どうぞお楽しみに!

 

 

 

12345...