トップへ戻る

> ブログ

ブログ

ブログ

あこがれのペダル

ピアノを弾くときに、足元にあるペダル、

気になっていませんか?

何に使うのかなー?

踏んでみると、音がどう変わるのかな?

ピアノによっては2本、3本と数も違うし。どうやって使うのかな?

 

おそらく、ためしに踏んでみたことある人も多いと思います。

 

よく使うのは右側のペダルで、

音がビヨーンと伸びる???

なんと言えば良いのでしょう?

このペダルを踏むと、弦に当たって普段は響きを止めているダンパーを弦から離すことで、響きを持続させています。

 

んー分かりにくいかもしれません。

 

ちなみに、左側にあるペダルは

ソフトペダルと呼び、

音をソフトに、少し弱くします。

ひとつの音を出すのに、中・高音域は3本の弦が張られていて、このペダルを踏むと、鍵盤が少し移動し、2本だけ打鍵できるようになります。

 

ピアノは精密機械のように、細かい部品をたくさん使って繊細な音色を出す仕組みです。

 

それで、右側のペダル、ダンパーペダルですが、このペダルを使って弾くことにあこがれをもっている方も多いと思います。

 

このペダルの使い方は奥が深く、それだけで本が何冊も書けそうなほどです。

ペダルを踏む、こと自体は全く難しくなく、誰にでも出来ますが、音をよく聴きながら使わないと、逆効果になってしまい、曲が台無しになってしまう、非常に難しい機能のひとつです。

 

早く使ってみたい気持ちは十分分かりますが、手と耳がうまく連動できないうちに使い始めるのは危険なので、使いはじめは慎重に見極めています。

 

音をきれいに響かせるための機能なので、ペダルを使うことで、どう響いているのかを聞き分けられなければ使えません。

まずは出したい音がしっかり出ているかを聞いてから、次の瞬間に踏む、というのが基本的な使い方です。

文章にすると長いですが、これを一瞬で判断して踏みます。このタイミングを自分のものにするのがまず第一段階です。

ちょっとでも早いと響きは間が抜けたような感じになり、打鍵の次の瞬間にタイミングよく踏めると、音が遠くまできれいに伸びるような響きを感じられます。

あまりにも遅くなってしまうと、ペダルの効果はなくなってしまいます。

 

というように、曲の流れに乗りながら、音を聞いてペダルを踏むのはかなりハイレベルになります。

 

もちろん、間違った音を弾いてペダルを使うと、ひどい響きになってしまうので、音を探しながら弾いているような状態の時には使わない方が良いでしょう。

 

早くペダルを使ってみたいですね。

そのためにも一日も早く譜読みを終えて、自分の音をよく聴きながら演奏できるように頑張りましょう!

そんなこと起こるわけがない???

まだまだ先のように思っていた発表会が、

いよいよ迫ってきたぞ、と

現実味を帯びてきました。

のんびり構えていたらあっという間に本番になりますよ!

ということで、

おそらくあまり練習してないだろうと思われる曲を弾いてもらっています。

今回は、持ち時間15分を自由にプログラムするという、ある意味冒険的な発表会になります。

あまり練習していないだろうと言うのは、他に譜読みをしている曲もあり、

以前弾いたことがある曲をプログラムにいれようとしている場合は、

弾けてたから大丈夫だろうと、ちょっと安心している曲のことです。

 

案の定・・・

前は弾けてたのに・・・・ちょっと忘れてる・・・状態

弾き終わってから、

発表会が今日じゃなくて良かった。

まだ時間はあるから、一日一回でも良いから弾いてね。と、

何人かに言いました。

 

そう、ピアノって

前は弾けてたから大丈夫だろう

が通じないのです。

弾いていないと忘れてしまう。

あんなに頑張って練習したのに・・・・ちょっと悔しい気持ちになります。

悔しい気持ちになってますか???

 

でも、大丈夫です。

全く初めて弾くわけではないので、

しばらく弾いていると思い出してきます。

しっかり楽譜を見直して、レッスンで言われたことなど思い出しましょう。

 

普段のレッスンで合格でも、

本番に向けての練習は違うので、新たに課題がでるかもしれません。

リズム練習や、部分練習、

緊張しても自分をコントロールできるような練習が必要だからです。

 

緊張すると、思っているよりも速く指が動いてしまうよ。

客席の音とかが気になることがあるよ。

ピアノの弾き具合とか、ペダルの感じが変わるよ。

 

いろいろ舞台で想定される状況を説明していても、

ポカーンとしているか、

今までそういうことはなかったとか、

教室のピアノだと、ペダルがうまくいかないとか、

 

そんなことあるわけない

と、心の片隅で思っているようです。

無いのが一番だけど、

私の経験上、思っても見なかったことが起こるのが本番です。

ステージマジックとでもいうのでしょうか?

本番でも楽しく弾いてほしいから

そのためにリズム練習や部分練習、

録音して聞いてみたりしてほしいのです。

 

ここ数年の学校などの様子を見ていると、

ほどほどに頑張るぐらいでちょうど良いという印象を受けます。

部活もやりすぎはよくない、

勝ち負けにこだわりすぎるのはよくない、

みんなで楽しくできればいいのでは?

という風潮ですね。

たしかにそういう一面もあります。

が、

もうちょっと頑張れば良いのにな、と思うこともあります。

ちょっと難しく感じると頑張るのをやめてしまうのです。挑戦しなくなります。

ちょっと難しいけれど、そこを乗り越えてやってみたら出来た!

本気で頑張ることを知ってほしいのです。そうすると無理だと思えたこともできる!

それが本当の自信に繋がります。

 

難しそうだから、いつまでも取り組まずにできるところまででやめてしまう子もいます。

難しいとは分かっているけれど、

挑戦させてみたら、意外と出来るということはレッスンで何回もあります。

 

本気で挑戦させてあげる機会が無いのです。ちょっと厳しいと思うかもしれませんが、そこで歯を食いしばってこらえて頑張ってみてください。

そうやって頑張ってできるようになっていきます。

 

本番での起こりうる状況を想定することは、もしかしたら転ばぬ先の杖になっているかもしれません。

 

自分が経験して、

そこから学ぶべきことかもしれません。

教える側としては

そのあたりの加減が難しいですね。

 

このままだと、おそらく本番では

あーなるだろうと、だいたいの予想がついてしまうので、なるべく回避させてあげたいと思ってしまいます。

 

 

間違えずに弾きたいけれど・・・

一生懸命になればなるほど

間違えないように弾きたい!と

思うのは自然なことです。

 

せっかく練習してきたからには

完璧に弾きたいですよね。

そのためにも暗譜も頑張っているし。

 

間違えないで弾けるようにすることは、

練習の成果を自分で感じられます。

 

しかし、音楽的な面を考えたときに、

ただ音を間違えずに弾けただけでは

その曲を十分に表現できたとは言えません。

私が子どもの頃に陥った偏った演奏です。

 

その曲らしく演奏する。

お客さんにどう聞いてほしいのかを考えながら弾く。

強弱などの記号の必然性を理解できているか?

 

一番大事なところが抜けていました。

 

レッスンでも、

今、何を考えながら弾いていた?と質問すると、

???なにも考えてなかった・・・とか、

間違えないように弾こうと思ってた。とか

弾くことに一生懸命になりすぎていることがあります。

そうすると、不思議なことに、

余計にミスタッチも多くなります。

 

曲に合ったテンポで弾くことで、

逆に弾きやすくなり、ミスが減ることもあります。

曲の雰囲気を考えて弾くと、

自然と歌うことになり、機械的だったフレーズも音楽的になって、無理の無い速さになり、無理無く弾けるようになるからです。呼吸も自然になるので聞いている人も聞きやすくなります。

 

個性を出そうと思わなくても、

演奏する人の呼吸は十人十色ですから

その人なりに歌うだけで個性がでます。

素直に音楽を表現するだけで良いのです。

無理に解釈をする必要もありません。

そこは楽譜の読み方にも影響しますので、

楽譜からどうやって音楽を読み解くか・・・謎解きのようなコツはたしかにあるので、それをレッスンでは一緒に解明していきます。

 

その作業が一番楽しい時間なので、

できるだけ早く譜読みを終えてほしいのです。

もしかしたら、譜読みを終えて合格と思っていませんか?

譜読みが終わって初めて、音楽のレッスンがスタートするのです。

本番までやることはたくさんあります。

いかに早く譜読みを終わらせるかがポイントです。

音楽が体に染み込んで、自分の言葉になるまで染み込ませます。

それにはある程度の時間がかかります。

 

そうなって初めて間違えることを気にせずに音楽に集中できるようになってきます。

良い意味での緊張感のなかで演奏できるようになるでしょう。

 

楽譜を読み取る力は、一番大事なスキルです。私もとても苦労しました。

長い時間をかけて完成された楽譜には、

よく見ると細かい工夫がなされていて、

よく考えたなぁーと関心するポイントがたくさんあります。

実に良くできています。

そんな楽譜の仕組みも解説していきたいですね。

 

 

 

暗譜はどうやってするの?

昨日は、暗譜がどうして大事なのかをお話しました。

今日は、暗譜といっても、どうやって暗譜をしたらいいのか具体的な方法についてお話します。

 

8小節しかないような曲のように短い場合は、暗譜をしよう!と意識しなくても、練習してる間に覚えてしまうと思います。

楽譜は開いていても、見ていないこともありますね。いつのまにか暗譜してしまっています。

自分では楽譜を見なくても大丈夫と思ったとき、楽譜をどこか、すぐには取れないような場所に置いて、もう一度弾いてみてください。

 

①目の前に、ありありと楽譜の映像がイメージできますか?

 

②楽譜を置いているときのように安心感をもって演奏できていますか?

 

③途中からでも自信をもって弾けますか?

 

全ての問いにyesの場合は、

おめでとうございます!

完全に暗譜ができています。

その調子でこれからも練習してください。

 

ひとつでも当てはまる場合は、

暗譜をするために、もう一工夫が必要です。

 

楽譜をはっきりとイメージできるかどうかは、曲が長くなってくると非常に重要です。もし細かい音があやふやでも、このページのあの辺りの部分、と思うだけでも記憶を呼び戻すヒントになります。

 

そのイメージがあれば、たとえ目の前に楽譜が無くても安心できますよね。

不思議なもので、普段はたいしてしっかり楽譜を見ていなかったのに、目の前に無いと思うだけで、妙にドキドキしてしまったりするのです。

以前、ピアノの演奏は車の運転に似ていると、記事にしたことがありましたが、

地図を見ながら運転することイメージすると分かりやすいのではないでしょうか?

 

楽譜を地図に例えています。

 

何度も何度も通っている道は安心して運転できますよね。曲がり角にどんな建物があるのか、何個目の信号を曲がるのか、道を教えてあげるときにも、目印になるものをいくつか挙げながら教えてあげると思います。

 

そして、指先だけで覚えないために重要なのは、途中からでも自信をもって弾けるかどうかです。

メロディーは記憶に残りやすいので、途中からでも弾けると思います。しかし、左手の伴奏部分や、和音の内声部は動きも地味なのではっきりと認識しづらいものです。

 

途中から弾くのが難しいのは、こういう細かい内部の音を意識していないと分からなくなるからです。

しかし本番でハプニングが起こるのは、こういう内部の音があやふやになってしまい、そこが変わってしまうと、和音の種類が変わってしまうこともあり、だけど、どこが間違っているのか気がつきにくく、修正がさらに難しくなります。

 

ですから、楽譜をはずして練習してみたときに、やっぱり分からなくなる部分がでてきたときは、一音一音ドレミで歌えるほど、分解して覚える必要があります。

 

もし、その前の部分で思い出せないほどのハプニングがあっても、キリの良いところで覚えた音、途中から弾けるように対策をしておきます。

すると、気持ち的にも、

もし分からなくなっても、そこの部分からできるから大丈夫と、安心することができます。

 

本当はそうならないように、全てドレミではっきり歌えるほどが理想的です。

 

全てのドレミが楽譜を見ずに歌えるのが理想的と言いましたが、これもチャレンジしてみる価値は多いにあります。

 

私がよくやった方法としては、

例えば5分かかる曲を暗譜しようとしているとします。

 

歩きながら頭のなかで音楽を演奏します。ちょうど5分で目的地に着くような距離だとして、目的地に着くまでに一曲頭のなかで演奏できたら暗譜できています。

 

もし暗譜があやふやだと、目的地に着くまでにいつのまにか違うことを考えてしまったり、同じところをグルグルと繰り返しているだけだったり、全然違う曲に変わってしまっていたりするのです。

 

完全に暗譜できている場合は、最後まで頭のなかで演奏できています。

 

電車に乗っているときもそうです。

次の駅まで12分あるとしたら、ちょうど12分ぐらいの曲を頭のなかで演奏してみます。

 

そうやってコンサート前は暗譜のための練習をしていました。

指を動かさないと最後までいかない場合もあったり、分からなくなってしまうこともありました。

指を動かさずに最後まで歌えると、かなり自信をもって舞台で演奏できます。

歩きながらだと、歩くテンポに合わせることもできるので、学校の帰り道、一人で歩いているときなど、頭のなかでは練習中の曲が流れていることもありました。

 

暗譜の方法と聞いて、ピアノの前に座った練習を思い浮かべる方も多いと思いますが、歩きながらとか、電車に乗りながらとかの練習方法は意外でしたか?

 

以前は一年生の子どもでも、

時間がなかったから練習できなかったと言う子もいました。

 

本当にそうでしょうか?

ピアノの前に座らなくても出来る練習方法はたくさんあります。

お風呂で浴槽のへりのところで指の形を確認しながら歌ってみたり、

 

ご飯を待っている間にテーブルで指のよい形を確認してみたり。

 

歩きながら歌ってみたり、

 

いくらでも方法はあります。

 

残念ながら、時間がなくて練習できませんとわざわざ報告してくる子は、時間を見つけることが出来ないので、長く続かないことが多いです。

 

一年生が、練習する時間が取れないとなると、学年が上がって内容も難しくなって、それ以上に時間を見つけることが出来なくなります。

 

なんとか弾けるようになりたい!という強い気持ちが必要です。

 

その気持ちが、もし途中で分からなくなっても、止まらずになんとか弾き続ける強い気持ちにも繋がっていきます。

 

ピアノは孤独な作業です。

途中で何かあっても助けてもらえないので、なんとか最後まで一人でやりきれるようにしなくてはなりません。

日頃の練習からいろんな場面を想定して、安心して暗譜が出来るように準備をしていきましょう。

 

今日は、暗譜、暗譜と音を中心に覚えることばかりをお話しましたが、音を間違えることよりも、大事なことがあります。

暗譜に自信をもつからできることですが、音を間違えるよりも大切なことを忘れないでほしいので、次回は音を間違えることよりも大切なことについてお話しようと思います。

 

では!

 

 

なぜ暗譜しなくちゃいけないの?

子どもの頃は暗譜しようと思わなくても、

いつのまにか暗譜できていたのに、

だんだん曲が長くなってきて、

複雑になってきて、

暗譜するのが大変になってきたし、

試験や本番で暗譜は心配になることも増えてきました。

 

最近ではお客さんに喜ばれる曲を中心に演奏をしているせいか、新しく曲を勉強することも減り、学生時代とは違った対策が必要になってきました。

 

 

なぜ、暗譜をしなくちゃいけないのでしょう?

楽譜を見ながら舞台で弾いてはいけないのでしょうか?

 

特に、舞台では暗譜で弾かなければいけないという規則はなく、

明確な意思をもって、

あえて楽譜を見て弾くピアニストもいます。

 

ピアニストがソロのコンサートで楽譜を見ながら弾くスタイルを見るのは慣れていないので、なんとなく違和感があります。

 

やはり、決定的に違う点は、

暗譜している方が、

緊張感と集中力の度合いが何倍も高くなるようです。

 

集中力とは不思議なもので、

体全体から醸し出す雰囲気というのでしょうか、

やはり伝わってくる気がします。

それに緊張感が伴って、

この場合の緊張感は、

ドキドキしている感じではなく、

音楽に対しての緊張感というか、

真剣さが増すという方がニュアンスとしては近いかもしれません。

もちろん、楽譜を見ているからといって

集中力や緊張感が無いわけではありませんが、どこかで安心しているというところが感じられるような気がします。

 

それは自分自身にも当てはまっていて、

練習するときに

譜面台に閉じた楽譜を置いておくだけでも安心するというか、

完全に楽譜を譜面台からとって

どこかに置いておくだけで

数倍も緊張しているのが分かります。

 

楽譜には全ての情報がかかれていますが、不思議なことに、見えているはずなのに、見てないこともあるのです。

 

だから暗譜をしてみると

いかに見落としがあるのかも気がつくし、

音楽の構成も分かっていないと

ダラダラとして、まだ終わらないのかな?と弾いている本人が注意散漫になってしまうことがあります。

 

音楽の構成をよく理解するという点では

暗譜はとても良い方法です。

いわゆるクラシック音楽では

形式にのっとっているので、

ひとつのフレーズをすこしずつ変えながら曲が進行したり、

和音のひとつを変えることで違う進行になったり、

ぼんやり弾いていると、

うっかり同じところを繰り返していたり、

まるごと数ページも飛ばしていることも!!!そのきっかけになる音を理解できていないとスムーズに音楽が流れなくなってしまいます。

 

子どもの頃、いつのまにか暗譜ができていたというのは、指で覚えてしまって、頭では理解していない状態です。

一度どこかでつまずくとつまずいたところから再スタートさせるのが難しく、

また最初からでないと分からないという事態が起きてしまいます。

 

曲が長くなってもそういう覚え方だと、大変ですよね。

 

だから、暗譜するための練習が必要になります。

 

暗譜の重要性を分かっていただいたところで、少し長くなったので、

具体的な暗譜の方法については次回お話したいと思います。