トップへ戻る

> ブログ

ブログ

ブログ

私が100日チャレンジ

ピアノに限ったことではないけれど、

何かを出来るようにするためには、

ある程度集中して取り組む必要がありますね。

よく、レッスンで、

「できなーい」と言う子に、

100回やって出来なかったらできなーいって言って良いよ🎵

 

と話しています。

 

練習して出来るようになったときに

嬉しいし、

楽しいし、

頑張って良かったなって

自分で思えるのが自信につながります。

もちろん、その頑張りをお母さんや先生に認めてもらうのも嬉しいですよね。

 

その積み重ねが自己肯定感に繋がります。

 

私は、そういう成功体験を

たくさんしてほしくて、
頑張らせることばかり考えていた

ような気がしました。

みんなで頑張れば、

乗り越えられるかな?とか、

出来るようになれば、

喜んでくれるかな?とか、

 

 

ふと、
そうじゃない!
子どもって、

自分が興味を持ったら、
自分が好きなことだったら

なんでも進んでやる!
好きなことは言われなくてもやる!

夢中になっているときの

集中力って凄いんだ!

我が子たちの様子を思い出し、
ガツンとやられたような気分になりました。

 

 

ただ、どの入り口から興味を持つかは人それぞれ。
私が面白い!と思ったことを、全員が面白いと思うわけではないな。

 

音楽にはいろいろな要素があるわけで、

ジャンルだってたくさんあるし、

楽器もたくさん、

ピアノに関することだって

仕組みに興味があるかもしれないし、

作曲家に興味があるかもしれない。

リズムが好きな子や、

楽譜を書くことが好きな子もいる。

 

私は、弾けるようになることばかりにこだわっていたなと思いました。

もちろん、ピアノ教室なので、弾けるようにすることが大事だと思うのですが、まずは音楽を好きになって、興味を持ち、それでピアノを弾けるようになるともっと音楽が楽しくなる🎵というステップでも良いのかもしれない。

 

弾けるようになりたい気持ちはあるけれど、

 

気持ちには波があるし、

音楽、ピアノをもっと広く考えて、

多角的にとらえて、

積極的に音楽・ピアノに取り組める子を

増やす視点に立つことが

重要だと気がつきました。

 

あるテレビ番組で、

“100日頑張って成果を出して、家族に披露する”というのを見て、

みんなで何か100日チャレンジしてみたいなと思い付きましたが、

みんなに頑張ってもらう前に、

私がまず頑張ろらないとなと、

思い直しています。

 

1つは、更新が滞りがちなこのブログ。

 

およそ4ヶ月も更新していなくて、本当に情けない状態になっています。

 

続けることが大事だよって言っているのに説得力に欠けますね😥

 

インスタグラムや

YouTubeチャンネルなども

平行しているので、

SNSとの連携をしていきます。

 

それから、

今週はレッスンがお休みの週ですが、

みんなに積極的に参加してもらえるような、イベント(?)を考えています。

 

あるとき、

「私はなぞなぞとか、クイズが好き♥」

と、教えてくれた子がいました。

 

それから、

「ピアノってどうやって音が出るの?」

と、質問がありました。

 

どうやらその辺りにヒントがありそうで、

全て私から教えるという形ではなく、

みんなでクイズを考えたり、

問題を持ち寄ったりすることで、

好きや、得意を活かして

音楽を楽しく学べるような形を

作ってみようと考えています。

 

それをどうやってまとめていくか、

みんなで共有できるような形にするには

どうしたらいいか、

考え始めたら、

久しぶりにワクワクしてきました。

 

途中経過も含め、

これからはこのブログを通して

もっとリアルタイムな教室の様子を

お届けできるように

私が100日チャレンジ頑張ります💪

 

 

練習って何するの?

ピアノの練習楽しんでますか?

練習と聞いてイメージすることはなんですか?

たのしいこと、

できるようになること、

上手になれるから楽しいこと、

ですか?

 

それとも・・・

やらなきゃいけないこと

大変なこと

つまらないこと

めんどくさいこと

ですか?

 

あなたはどちらのタイプでしょうか?

 

練習に対して、あまり良くないイメージ持っている方、わりと多いのかな?と思います。

 

練習とは、広辞苑によると、

学問・技芸などの上達を目標に繰り返して習うこと

 

とあります。

私たちは生まれてからずっと、何かしらの練習を繰り返してきました。

今、上手に日本語を使いこなして、話せるようになるまでには、いつのまにか出来るようになったのではなく、たくさん聞いたり、少しずつ単語を使ってみたり、文字を読んだり、書いたりしながら経験を積んできました。

 

また、歩けるようになるために、何回も転びながら繰り返し練習してきました。

 

学校への通学路も何回も通って覚えました。

 

そうやって、繰り返し”練習”したことで、出来るようになったことがたくさんあるのです。練習したという覚えはないかもしれませんが。

 

どうしてピアノの練習というと、途端に大変なことになってしまうのでしょうか?

習い始めた頃は、音の数も少なく、1回か、2回弾いたぐらいで出来ていたのが、だんだんと音の数が増え、リズムも複雑になり、何回弾いてもなかなか出来るようにならなくなった。

何回も同じことを繰り返すのがつまらなく感じてきた。

 

レッスンで注意されたことを忘れてしまい、何を練習すればいいのか分からない。

 

他にもやることがたくさんあって、ピアノが後回しになってきた。

 

それぞれ理由は違うと思いますが、一つぐらいは当てはまるのではないでしょうか?

 

すでに、ピアノに向かう前から、重たい気持ちになってしまうと、ずっと嫌な気分のまま練習になってしまいますね。

定期的にレッスンがあることはとても練習の励みになるものです。

 

次のレッスンまでにはここを出来るようにしよう!

という気持ちをもって取り組んでください。

レッスンでは、先生からアドバイスを受けていますよね。できないことはアドバイスしていないと思います。ここを変えるともっと良くなる!と真剣にアドバイスしています。

 

大人になってレッスンに通えなくなると、

本当に後回しになってしまい、なかなか自分だけで練習するというのは難しいものです。

先生に言われたところがたくさんあったとしても、一ヶ所でも良いのです。

一歩一歩着実に出来るようになる箇所を増やしていければ、確実に成長している自分を感じることが出来るでしょう。

その情熱は伝わります。

たとえ、1週間かけて出来なくても聞くと分かります。

何もせずに出来ないのと、

頑張ったけど出来なかったのとでは、

意味合いが全く違います。

 

そうやって努力して出来るようになったときに、本当の楽しみが待っているのです。

ピアノが弾けるようになって辛かった・・・なんて聞いたことがありません。

 

弾けるようになるまでには、難しいテクニックを克服しなければならないだろうし、指使いにも気を付けるのは大変かもしれませんが、それを自分のものに出来たときの達成感は何事にも変えがたい満足感、それが自信につながります。

 

どうぞ、粘り強く取り組んでください。

そうやって努力したことは、ピアノ以外でも役に立つことが出てきます。

諦めない気持ち、

自分のために頑張るということ、

素直に先生のアドバイスを聞く、

何事にも基本となる姿勢ですよね。

ごほうびがないと頑張れないという話しも聞きますが、練習を頑張ったごほうびとは、自由自在に好きな曲を演奏できるということですよ。その音楽でたくさんの人と幸せや喜びを分かち合うことが出きるのです。とっても素敵なことではありませんか?

 

何かをもらうために頑張っているのではありませんね。

 

間違った練習では、

間違うことが上手になってしまい、いつになっても正しくやることはできませんよ。

そんなことに時間を使うのはもったいないと思いませんか?

 

 

 

 

 

通常のレッスンが出来るのは嬉しい

6月からは学校が再開するということで、少しホッとしています。

 

これまでオンラインでレッスンをしていた子も、来月からは通えそう!と笑顔でした。

 

やっぱり、会ってお話したり、ピアノの音色を聞いたりしたいですね。

オンラインレッスンは初めての試みで、電話で話すよりも、直接会っているような感じが面白かったし、楽しかった。

新しい時代が来たなーという実感も。

私が子どもの頃、テレビを見ながら、友達とテレビ電話ごっこという遊びをしていたのが、いよいよ現実になったのかーと感慨深く、新しいものを取り入れていく楽しさも味わいました。

 

動画の編集などにも挑戦したり、

気になっていた事、

やってみようかなと思っていたことを、少し進めることができました。

 

今年からチャレンジしている、

YouTubeチャンネルもブルグミュラー25の練習曲全曲投稿できました。

(↓以下をクリックすると聞くことが出来ます)

Tomo Piano Library

他にも是非お子さんと一緒に聞いてもらいたい曲を演奏していますので、練習の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

音楽は生で聞くのが一番!ですが、

このような状況ではそうも言っていられないですね。

これからは、新しいことに挑戦しつつ、

生の良さも伝えられるような活動ができると良いなと思います。

 

 

 

 

じっくり取り組んでます。

学校が長期の休みに入り、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

ピアノ教室として、3月のレッスンをどうするか考えて、生徒の皆さんには

①通常のレッスン

②オンラインでのレッスン

 

どちらかを選んでもらうことにしました。

 

元気が有り余っている子どもたちがずっと家の中にいると考えると、ストレスもたまるし、一緒にいるお母さんも気が抜けません。そこで、消毒や除菌の対策をしっかりとして、子どもたちのリフレッシュのためにもレッスンをいつもより長くすることに決めました。

 

こんなときだからこそ、家でじっくり練習できると考えて、また、こんなときだからこそ、音楽やってて良かったと思えるような時間を過ごしてもらいたい。

 

音楽に出来ることってたくさんあるんだと、知ってもらう良い機会にしようと思いました。

 

早速、弾いてみたかった曲がある!と、紙を持ってきた子がいました。

 

 

ドレミがたくさん書いてある紙を見て、弾いてくれました。

ひたすらドレミが書いてあるだけなのですが、工夫も見られて、#や♭の臨時記号、高さ、を頑張って書き分けていました。

弾いてみての感想は、

楽譜って良くできてる!

楽譜を見て弾く方が弾きやすい!

高さとか、長さが、一目で分かるし。

 

なるほど!

普段は楽譜を読むのが面倒・大変と思っていたみたいです。自分が分かりやすいだろうと考えて自分なりの楽譜を作ってみたけれど、やっぱり五線譜の方が分かりやすかった。

 

長さや高さが一目で分かるのもありますが、以外と臨時記号の便利さにも気がついたようです。

 

楽譜のなかでは、音楽は必ず左から右に進んでいきます。音符の左側に臨時記号が書かれているのには訳があります。

 

 

音符の右側に臨時記号があると、音を出してからの記号になってしまうので、音楽の流れが逆になるのです。

 

先に臨時記号があることで、その音を変化させることを前もって教えてくれるので、余裕をもって準備できるわけですね。

 

なんとなく見ていた楽譜も、よくよく見てみると、すごい工夫があって、演奏しやすいようにできてることが分かったようです。

 

これは、大きな気づきだったと思います。そこで、自分で五線譜を書いてみようということになりました。

 

実際に自分で書いてみると、理解が深まりますね。

 

子どもって、本当に分かったときに表情がパッと明るくなるというか、適当に返事しているときとは全然目の輝きが違いますね。キラッと光るというのでしょうか、そういう瞬間に立ち会えるのは、教室をしていて一番の喜びです。

 

次回、どんな楽譜を書いてくるのか楽しみです。

 

 

徳之島へ行ってきました

2月の連休に、

母のいる徳之島へ行ってきました。

鹿児島で飛行機を乗り換えて、

(↑こんな感じの飛行機で行きます)

約一時間ぐらいです。

奄美大島のとなりにある島です。

 

海の青と、空の青、波の音、

ただそこにいるだけで気持ちがよく、

時間がたつのを忘れてしまいます。

ちょうど島は、サトウキビの収穫で忙しく、収穫したサトウキビを乗せている大きなトラックに何台もすれ違いました。

↓ススキのように見えるのがサトウキビ。長さは2m以上になります。

私は小学2年生の時に地元の小学校に通っていたことがあります。

その頃(30年ぐらい前!)は一本一本鎌で収穫していました。同級生が長い鎌を使って、大人と一緒に仕事をしてたのを見て、びっくりしたのを覚えています。

収穫は重労働で、重いサトウキビを束にして、トラックに乗せるのも大変そうでした。

 

それが今では機械で一気に収穫できるようになっていて、感動でした!

今回の旅の目的は

母に会いに行く。ということで、特になにかをするわけではありませんでしたが、この時期、島周辺にはクジラが子育てにやってきているそうで、運が良ければ見えるかもしれないと、期待していました。

残念ながら今回は見ることが出来ませんでしたが、次回のお楽しみということで、またチャレンジしたいと思います。

 

また、徳之島の見所など

記事にします!