トップへ戻る

> ブログ

ブログ

ブログ

ピアノを弾いているとき、呼吸してますか?

昨日は

テクニックを向上させることも大切で、

そのための練習をする必要を

記事にしました。

 

今日はもう一つ大切な

呼吸についてです。

 

普段、呼吸は無意識にしていますね。

人間が生きていく上で

呼吸をするのは当たり前のことです。

動物だってするし、

植物だって呼吸をしています。

 

信じられないかもしれませんが、

ピアノを弾いているとき、

弾くことに夢中になりすぎて、

呼吸を忘れてしまうことが多々あります。

 

そういう演奏を聴くと、

なぜか聴いている人の方が苦しくなってくるものです。

 

歌や金管楽器、木管楽器などは

直接息を使って音を出すので、

呼吸が大事なのは

簡単に想像がつきます。

 

音楽は歌が基本にあるので、

直接息を使わない楽器でも

呼吸が大事です。

 

なので、レッスンでは

歌うことをとても大事にしています。

歌うように弾けると、

自然な演奏になります。

音を出す時の身体の使い方は

歌うときと同じです。

 

音に強弱をつけるときも

声に強弱をつけるようにすると

自然なブレスで

強弱をつけることができます。

 

声に強弱がつく時のことを考えると、

自然に感情もついてきます。

 

小学生にも分かりやすく説明するときは

お母さんに話したいことがあって、

話しかけるときを想像してもらいます。

一回目は何気なく声をかけた場合、

おそらく強弱記号で表すと

メッゾピアノぐらいでしょうか?

しかし、食事の支度をしているお母さんに

声が届かなかった時、

二回目は少し大きな声で話しかけますね。

メッゾフォルテまで大きくなるでしょう。

それでもお母さんが聞こえなければ、

3回目はフォルテまたはフォルティッシモで

声をかけますよね。

 

音楽も同じで、

強弱をつけるには理由があります。

その気持ちになることで

自然な呼吸と

自然な強弱が結び付きます。

 

テクニックだけの練習に片寄ると、

この呼吸をしながら演奏することを

忘れがちです。

私はテクニックばかりが先行してしまい、

指の動きと、呼吸のバランスが

とても悪い演奏をしていました。

その癖は今でも気を付けないと

うっかり指だけが先行してしまうことがあります。

 

その癖を直すためには

自分の演奏を録音して聴いてみる。

これが一番効果がありました。

自分ではしっかり呼吸して、

自然な歌になるように

演奏しているつもりでも、

実際の演奏を聴いてみると

自分で思ったほどできていないのです。

 

大袈裟にやってみて

ちょうど良いということがよくありました。

 

本番では緊張もしているし

いつも以上にできていないことがありました。

 

自分の演奏を聴くのは

慣れるまではとても嫌なものです。

録音した声を聴いたことがありますか?

自分の声ではないような気がしますよね。

でも、他人が聴けば

いつも通りの声と話し方ですよね。

ピアノの演奏も同じで、

これが自分の演奏?と

がっかりすることもあります。

が、その事実に正面から向き合って

自分が納得できるようになると、

本来の自分らしい演奏に

近づいてくると思います。

 

はじめは自分の演奏を聴くのは嫌でも、

だんだん慣れてきます。

今ではスマホで簡単に

録音・録画ができるので

自分の演奏を振り替えるのが

手軽にできるようになりました。

 

自然な呼吸で演奏できるように

ぜひ録音を聴きながら練習してみましょう。

 

もっと楽しく演奏できるようになりますよ。

 

早く走りたければ、走る練習を!

早く走れるようになりたい!のに、

歩く練習ばかりしていは

走れるようにはなりませんよね。

 

ピアノでも同じことが言えます。

もちろんゆっくり確実に弾くことも大事です。

そもそも歩けなければ、走ることもできませんね。

 

ある程度確実に弾けるようになっているのに、

そのまま同じ練習をしていては

いつまでも早いパッセージを

弾くことはできません。

 

だから、

早く指を動かすための練習も必要です。

 

陸上選手にとって、

早く走るためのフォームや

スタートの姿勢、

飛び出すタイミング、

ゴールするときの身体の使い方

たった数十秒のために

やるべきことがたくさんあります。

そして、

走るだけではなく、

筋トレをしたり、

食事に気を付けたり、

総合的に練習をします。

 

ピアノも同じで、

早く指を動かすためには

それに合う身体の使い方や

手の形、指の使い方、

手首の動かし方、

などが変わってきます。

 

なので、ゆっくり確実に

音が出るようになったら、

少しずつテンポを上げて練習します。

最初は腕の筋肉の使い方が慣れずに

あちこち動かしにくいところがあるでしょう。

必ず楽に弾けるポイントがあるので、

諦めずに続けてください。

 

基礎の練習をやりたがらない子は

多いですが、

地道に基礎練習を続けていると、

自分の思った通りに指が動くようになるので、

曲の仕上がりが早くなります。

 

曲が弾ければ良いでしょ!

曲の中でテクニックを磨けばいいのでは?

そういう考え方をしている子も見受けられますが、

最初からテクニックが付いていれば、

どんな曲でも出来るのです。

 

スポーツ選手が基礎を大事にしている理由と同じです。

 

種目が違っても

一流の選手ほど基礎を大事にすると聴きます。

 

音楽家も同じです。

 

ハノンは

効率よくピアノを弾くための指・身体を作る教本です。

 

地味で面白味に欠けるようにも見えますが、

続けることで効果を実感できます。

 

レッスンでハノンをするようになって

続けている子ほど効果を実感しています。

そしてスムーズにハノンへ進めるように、

3年生以下の生徒さんには

準備段階としての指の練習をするようになりました。

 

レッスンの最初の5分ぐらいは

基礎練習です。

細やかな動きが出来るようになると、

曲の幅も広がり、

なにより自分自身が

気持ちよく演奏できるようになるので、

ピアノを弾く楽しみが増してくるでしょう。

 

基礎練習も楽しめるようになると良いですね。

 

 

 

 

 

 

外でたくさん遊ぶことも大事です

寒くなってきましたが、

行楽日和の気持ちの良い天気でした。

どんな一日を過ごしましたか?

 

ピアノの練習は何時間もしなければ

いけないというイメージありませんか?

 

私が小さい頃は

一日8時間練習しないと

プロにはなれないと

聞いたことがありました。

 

8時間も????!!!!!

 

聞いただけで無理だーと、

気が遠くなりました。

 

しかし、今思い返すと、

家の中で8時間もピアノに向かうことは

良いことなんだろうか?

と疑問です。

 

音楽が表現しているものは

なんでしょうか?

人間の感情や

自然の風景

人生の経験や

人類の歴史など

ありとあらゆる様々なことを表現できる手段です。

 

それらを音楽から感じ取って

表現するには

自ら経験しないと分からないことが

たくさんあります。

 

テクニックを習得するには

ある程度の時間が必要なので、

ピアノで練習しないとできませんが、

その他のこと

自然に触れたり、

身体を動かしてリズムを感じたり、

たくさんの人とふれあって

感情を経験したり、

良いことも悪いことも

楽しいことも楽しくないことも

全ての経験が必要です。

 

天気の良い日はぜひ、外へ出て

太陽の光を浴び

思いきり身体を動かすことをおすすめします。

ピアノを演奏するには体力が必要ですし、

ボール遊びなどで培われる

リズム感は本当に大切です。

 

遊んでいるうちに

ピアノを演奏するために必要な

指の力なども付いてくれば

改めてトレーニングをしなくても良いので、

楽しみながら自然と練習になりますね。

 

一日8時間の練習も、

ピアノに向かうのが2時間、

外で身体を動かすのが2時間、

本を読むのが1時間、

などと、分けて考えれば

なんとかできそうですね。

一日のうちで8時間分

ピアノのために時間を使うことが

練習になるという考え方は

どうでしょうか?

 

 

生活の中にピアノのためになる活動を

どんどん取り入れてほしいです。

 

もちろん

音楽を聴くこともしてほしいですね。

憧れの曲があることで

練習へのモチベーションは上がりますし、

長く続けている理由だなと感じます。

 

私もまだまだやってみたい曲が

たくさんあります。

 

ぜひ、お気に入りの曲を

たくさん見つけてください。

ピアノに向かうだけでなく

音楽に触れる時間を増やしたり、

自分で実際に経験することが

表現するための重要な鍵になります。

 

ピアノのためにと、

時間を使ったことが、

ピアノ以外のことでも

役に立つでしょう。

 

 

 

 

本番があるから頑張れる

ピアノが弾けるようになりたい!と

レッスンに通い始めても、

発表会などの人前で弾くのは

あまり気が進まないという方

いますよね。

 

失敗したらどうしよう、とか

人前で弾くのは恥ずかしい、とか

覚えられないのでは、とか

理由は様々考えられますが、

自分の演奏を誰かに聞いてもらうことは、

一番の上達への近道なのです。

 

毎年、発表会があるのは大変ですか?

でも発表会のために練習することで

何倍も上手になります。

 

もし、発表会がなかったらどうでしょうか?

 

本番があるから頑張れると思いませんか?

発表会で弾くから・・・

そう思うことで、

練習だって集中できるし、

ちょっと難しく感じる曲でも

なんとか弾けるようにしようと思えるし、

今日は練習するのが面倒だなと思っても

本番があると思えばやろうかなと

頑張れる。

 

大人になって

しばらくレッスンから離れてしまうと

たまにピアノが弾きたくなっても

弾いてみたい曲があっても

優先順位が下がってしまうことは

よくあります。

 

ちょっと難しくなると、

諦めてしまうことが多々あります。

 

ぜひ、発表会などには

積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

 

時間が無いように思えても、

本番があると思えば

時間を作り出すことが出来ます。

 

半年しかないと思うか、

半年もあると思うか、

あなたはどちらですか?

 

 

ピアノを弾く前に気を付けていること

だんだん寒くなってきましたね。

 

冬はキッチンで冷たい水を触るのが嫌で

お湯を使います。

 

すると、指先がとても乾燥します。

関節の辺りはひびが割れてきて

酷くなると痛みも出てきますよね。

 

そんな指でピアノを弾くのは

なかなか辛いものです。

 

学生時代のレッスンで、

先生がレッスンの前に

「洗い物してきちゃったから」と

おしゃっていました。

その時はどういう意味なのか

良く分かりませんでしたが、

今になってみると、

ピアノを弾く前に水を触っちゃった

だから指先が乾燥してる。

ということだったのです!

指先が乾燥すると

鍵盤の上をツルツルとすべってしまい、

和音などを掴む感覚が悪くなります。

もちろん細かい動きもはまらなくなり、

とても弾きづらいのです。

 

家事をするようになって

ようやくあの時の先生の言葉が

理解できました。

 

ツルツルすべるほど乾燥してしまうと

本当に弾きづらく、

指先がほどよく湿ってくるのに

時間がかかるので、

今日は練習しっかりしたい!というときは

なるべく弾く前には水を触らないように

気を付けています。

特に寒い冬の洗い物はまとめてするようにし、

洗濯物を干すのも時間を工夫します。

濡れた洗濯物を指先でつまんでいると、

朝はジンジン痛くなってきて

かじかんできます。

そうなると暖めるのにも時間がかかるので、

特に冬は気を遣います。

 

 

コロナ対策として

今は、レッスン前に子どもたちに

手を洗ってもらいますが、

だんだん水が冷たくなってきて

弾く前に手が冷えてしまうので、

これからは手指用の消毒液を使ってもらうことにしました。

 

身体が冷えて、

指も冷えているときに

いきなり動かそうとすると

指に負担がかかり、

痛めてしまうことにもなるので、

念入りに基礎練習をする必要があります。

また、ピアノ自体も冷えているので、

鍵盤の隙間から冷たい空気が

スーッと流れてきます。

 

部屋を十分に暖め、

楽器も暖め、

身体も暖めながらが、

これからは大事ですね。