トップへ戻る

> ブログ

ブログ

ブログ

ピアノを習うということ

ピアノを習い始めるときに、

 

プロになるわけではないけれど、

将来趣味でピアノが弾けるようになれれば

良いと思ってます。

 

と、お話を聞くことが

かなり多いです。

 

たしかに、

ピアノでプロになるのは大変。

音楽を仕事にするのは大変、

音楽は趣味で出来れば良いな。

たいていの方が思うことでしょう。

 

私も小さい頃、

ピアノで食べていくのは大変だ、

と、父に言われたことがあります。

 

では、

趣味で音楽が出来る程度とは

どのくらいでしょうか?

 

ピアノはしばらく弾いていないと

指が動かなくなってきて、

感覚も忘れてしまうので、

定期的に弾いてないと、

自分が今日は弾きたいな!というときに

思いどおりに弾くことは出来ないと思います。

 

音大を卒業したからといって、

卒業しても弾いていなければ

弾けなくなってしまうものです。

 

そう考えると、

時々弾いて、

気分転換になるレベルって

意外とすごいですよね。

 

ですから、

私は、将来音楽の道に進もうと、

趣味で楽しもうと、

小・中学生のうちは

徹底的に基礎を習得して

思いどおりに動く身体を作る必要があると考えています。

 

表現力の基礎も同じです。

趣味にするからといって、

表現力がおろそかでは

本当の意味で音楽を楽しむことが出来ないと思っています。

 

子どもの頃には

いまいち表現することについて理解できなくても、

楽譜の読み方を知っていれば、

将来、様々な経験を積んで、

もう一度音楽に取り組んだとき、

表現の醍醐味を理解することが出来るでしょう。

 

 

私にはその表現力の基礎が足りなかったから、

楽譜に書いてある音符を

鍵盤上の音にすることが出来ても、

そこからどうやって音を作るのか、

そもそも

楽譜から何を読み取ったら良いのかが

漠然としすぎていて分からず、

何を練習するのか、

練習がつまらなく感じ、

先生には怒られ、

訳が分からぬまま嫌になっていった時期が

ありました。

 

音楽の背景を調べ、

楽譜に書いてあることを読み取り、

音を作る作業は

知れば知るほど楽しいものです。

 

プロになる、ならないに関係なく、

すべての子どもたちに

表現することの楽しさ、面白さを

経験してもらいたいと、

日々のレッスンでは

工夫しながら伝えています。

 

時には厳しい指摘もあります。

それは常に真剣に向き合っているからです。

真剣に取り組んでこそ、

楽しさ、達成感、充実感が味わえます。

真剣に取り組むには

自分自身と向き合う必要があります。

見たくない自分、

避けたい自分、

素直になれない自分に出会うこともあります。

 

そんなとき、

どうやって乗り越えたら良いのか、

粘り強く一緒に取り組みます。

 

ピアノが弾けるようになることで、

心も大きく成長します。

 

自分らしい表現を身に付け、

心も成長できたら

将来、音楽が生涯の友として

寄り添ってくれるでしょう。

 

時間はかかりますが、

自分自身の宝物ですね。

 

 

 

 

今さらですが、西遊記

ある韓国ドラマがきっかけで、

西遊記を読んでいます。

 

ドラマ”花遊記”

 

西遊記をベースにしているそうです。

 

西遊記といえば、

孫悟空が三蔵法師と共に

インドへ経典を取りに行く話。

沙悟浄や猪八戒が出てきて、

ぐらいまでは何となく知っている程度。

せっかくだから読んでみようと

本を買って読んでいます。

まず、本屋さんで探してみましたが

なんと売っていませんでした。

家に帰り、

アマゾンをよく利用するので

探してみましたが、

たどり着いたのは

岩波少年文庫でした

西遊記 上 アマゾン

西遊記 中 アマゾン

西遊記 下 アマゾン

ちょっと調べればたくさん出てくると思っていたので、

意外と無くて、驚きました。

およそ500年前の作品と知り、

そんなに古いものだったのかと、

驚きました。

 

まだまだ知らないことだらけですね。

 

難しい漢字が多くて、

読み仮名はふってあるものの

やや難しく感じますが、

なるほど、ドラマで設定として使われている部分などがだんだん分かってきて

面白くなってきました。

現在、上の3分の2ぐらいまで読みました。

 

これまで欧米の映画やドラマを多く見てきましたが、

韓国のドラマに触れて、

儒教や仏教を通じて、

共感できる文化や価値観なども垣間見え

近い国の事なのに、

知らないことがたくさんあると感じました。

 

それからもうひとつ面白い部分は、

私の母は徳之島の出身ですが、

幼い頃に聞いていた方言に

韓国語がよく似ているところです。

徳之島は鹿児島県の離島で、

奄美大島の隣です。

 

全く意味は違いますが、

一瞬方言に聞こえることもあります。

語尾も似ている部分もあるし、

一気に親近感がわきました。

地図上で島と韓国が近いわけでもなさそうだし、

なにか昔交流があったのか?

今度島に行く機会があったら

島の歴史に詳しい人に聞いてみたいと思います。

 

方言のネイティブ(?!)のおじいちゃんおばあちゃんたちは、

本当に外国語を話しているようなので、

理解できるかどうか・・・・

 

まだまだstayhomeは続きそうですし、

読書やドラマ、ピアノがはかどりそうです。

 

インスタライブやりました。

毎週水曜10時からと決めて

インスタライブを続けています。

本日は7回目。

 

まだまだ恥ずかしさもあり、

事前の告知に勇気が出ていない状態です。

 

しかし、始めてみると

見てくれる人がゼロだと悲しい😖

見てもらうためには、

インスタライブをやることを

知ってもらわないといけない。

これからは告知が堂々と出来るように

がんばります。

 

どんな内容が良いのかと

試行錯誤しています。

ひたすら演奏するよりも、

おしゃべりもあった方が楽しいですよね。

コメントなど頂いたら、

その場でコミュニケーションとれるのが

インスタライブならではで、

やっていて楽しいところです。

コンサートしているときに、

お客さんと一緒に進行をすすめられるって

なかなか無いですよね。

 

ピアノライフアドバイザーとして

ピアノを聴くことも楽しんでもらいたい、

演奏するならこんな曲やってみたいと

思ってもらえるようなことを

やっていきたいですね。

 

良く知られた曲だけでなく、

新しい発見もしてもらえるような

演奏活動をしていきたいですね。

 

Instagram piano_beads_ensemble

↑私のインスタです。

よかったら登録してくださいね。

 

来週も水曜日10時から

インスタライブやります🎵

 

 

 

深大寺のだるちゃん

可愛いでしょう?

私が作っただるちゃんです。

深大寺ではだるま市が有名だそで、

深大寺の近くにだるちゃんのおうちがあります。

 

今日はお友達に紹介してもらい、

だるちゃん作りを体験してきました。

 

高さは9センチぐらいで、

手のひらにちょこんと乗るサイズ。

 

布を糊で貼って作ります。

たくさんある着物の布を選び、

カットして自由に張り付けていきます。

 

顔は自分で書きました。

筆できれいに丸を書く自信がなかったので

この目になりました。

 

終わった後は、

大きなだるちゃんを被らせてもらって

記念撮影。

どちらが私か分かりますか?

(左側です)

 

お店のなかには

大きいのから小さいのまでたくさんのだるちゃんと、

日本各地のビンテージだるちゃん

ほっこり癒される空間でした。

 

そのあと深大寺まで足を伸ばし

お参りしてから

新そばに舌鼓。

 

夕方はレッスンがあるので

急いで帰路へ。

 

初めてのだるま作りで

良い気分転換になりました。

 

 

完璧主義もほどほどに

間違えることは悪いことですか?

 

間違えることが怖いですか?

 

間違えることは恥ずかしいことですか?

 

子どもたちにピアノを教えるようになって驚いたことは、

極端に間違えることを恐れる子どもたちが多いということです。

 

普段のレッスンでさえ、

失敗したらどうしよう・・・・と、

恐る恐る弾き始めて

変なところに力が入り、

音がうまく出ない。

どうしよう・・・という気持ちで

弾き始めるので

最初の音がバラバラになってしまい、

結局思ったように弾けなくなる。

 

見ていてかわいそうになるくらいです。

 

そういう傾向のある場合、

普段から完璧主義なようです。

思った通りの漢字が書けなくて、

泣きながら書いている。

お母さんがそのくらいでも良いんじゃない?と言っても、

自分で納得するまでやめない。

などなどビックリなエピソードがあちこちから聞こえてきます。

 

そこまで完璧主義とは!!!!!

 

ピアノの場合で間違えるというのは、

ミスタッチをすることと考えても良いでしょう。

 

たしかにコンクールでは

ミスタッチは減点されるようですね。

 

ミスタッチを恐れるあまり、

萎縮してしまうのは

自分らしい表現が出来なくなるので、

私は表現が萎縮してしまう方が

大問題だと考えています。

 

間違えることを恐れて

いつも60~70%の力しか使わない場合、

いつまでたっても

100%の力を出しきることは出来ないでしょう。

 

誰だって本番では全力でやったとしても

70%ぐらいの力しかでないことが多いのです。

 

普段が70%だったら、

本番は本来の力の50%ぐらいにしかなりません。

 

自分の可能性を狭めていると思いませんか?

 

思いきりやって間違うことは良いことです。それが本番じゃなくて良かったと思うのはどうでしょうか?

 

うやむやな音で、

合ってるのか間違っているのか

はっきりしない音では

うやむやなままです。

 

思いきりやってみて

間違えたら、

次は間違えないように工夫したり、

部分練習をし、身体に動きを覚えさせます。

 

間違えてみないと

そのつぎにやるべきことが分かりません。

 

間違えたらどうしよう・・・

と考えていること自体、

集中していないのです。

 

本人は音楽のことを考えて一生懸命のつもりでも、

集中出来ていません。

 

本当に集中しているときは

間違えたらどうしようとか、

失敗したらどうしようとか、

考える暇が無いのです。

 

純粋に音楽を心で歌っているとき、

本当の集中力が生まれます。

いわゆるゾーンに入るということでしょうか。

 

完璧主義は良いことだと思いますが、

ほどほどにしないと

自分を苦しめる原因にもなります。

 

ミスタッチをしない完璧主義とうよりは、

自分らしい演奏が出来ているかどうか、

細部にまで神経を行き渡らせているかどうかを

完璧に出来るようにしたいですね。

 

ただ、何度同じ曲を演奏しても

次なる課題が見つかるもので、

完璧に演奏できたという領域には

なかなか達しません。

 

そもそも完璧な演奏はどんなものなのか?

 

自分の演奏は完璧だ!と

思ったときには

成長が止まってしまうとも言われています。

 

だから、私もまだまだ課題があるし、

みんなさらに成長できるのです。

 

間違いを恐れず、

自分らしい表現が出来るように

思いきり演奏してみましょう。

自分を解放させてあげることから

表現が始まります。

 

自分らしい表現とはなんでしょう?

自分らしい音色とは?

 

音符が読めるようになることや

リズムが分かるようになることも大事ですが、

私は音楽の持つ力を自然に表現することを

大事にしています。

 

個性を出そうとしなくても、

音楽を自然に表現することで

自分らしさが出ると考えます。

 

それはみんな呼吸が違うからです。

 

同じ楽譜を使って、

同じ曲を演奏しても

全く同じ演奏にはなりません。

 

自分の意思をもって

自信をもって表現することを覚えると、

音楽が本当に楽しくなってきますよ。