トップへ戻る

> ブログ

ブログ

ブログ

ほしい物は自分の手で掴み取ろう!

ピアノは決められた鍵盤を押さえれば

必ず正しい音が出ます。

音を出すという意味では

楽器のなかで一番簡単でしょう。

 

トランペットやヴァイオリンは

音が出るようになるまでが

大変な楽器です。

 

ピアノは誰でも音を出すことができますが、

指先の感覚を使い分けることによって、

音色を変えることができるし、

直接息をいれている訳でもないのに、

気持ちを乗せた音を出すことができます。

 

だから、同じ楽器で演奏しても

人によってそれぞれ音色が変わるのです。

 

なんとなく鍵盤を押さえるだけでは

やはり、なんとなくした音しか出ません。

 

意思を持った音を出すには、

意思を持つことが大事です。

どんな音を出したいのか、

今弾いている曲にはどんな音が合うのか。

 

手首を柔らかく使うのか、

固くして使うのか、

指先は広い面を鍵盤に当てるのか、

固くして点を狙うように当てるのか、

どのくらいのスピードで鍵盤を押すのか

具体的に使い分けます。

 

だんだん指先の形に気を配れるようになってくると、

音色を使い分ける練習を始めます。

ハノンを使い始める頃でしょうか。

 

普段は間違えることには寛容ですが、

このテクニックの練習をするときは

高度に集中力を必要とするので、

一回で良いから、

絶対に音を外さないぞ!っていう

強い気持ちを持って弾いてねと言います。

 

鷹や鷲が上空から獲物を狙って、

狙った獲物を絶対に逃がさないぐらいの気持ちだよ!

お腹空いてたら絶対に獲物を捕りたいよね、

そういう強い気持ちだよ!

 

実際に私の指で子どもたちの腕を掴むような感じで、見本を見せて、

弾いて音の違いを聞かせて

気合いを入れて!

 

すると、最初は集中の仕方が分からず、

一瞬は集中できても、

次の瞬間に途切れてしまうことがほとんどです。

 

集中しよう!と思うほど、

集中できないのです。

絶対に狙うぞ!と気合いを入れて、

ドレミのことだけを考えさせます。

 

できるかな~?

音を間違えたらどうしよう~?

なんでこんなことやってるのかな~?

曲を早く弾きたいなぁ~?

なんで外しちゃいけないのかな~?

なんでこんなに緊張させるのかな~?

 

などと、考えながら弾いているうちは

集中できていません。

音を聞くと、どんなことを考えて弾いているのか分かります。

レッスンでたくさんやることはせず、

レッスンごとにチャンスは一回。

緊張感を持って弾く時間を作ります。

だんだんコツが分かってくると、

一回できれいにきまってくるようになります。

なんとなくの音を出している頃とは違って、

音に意思が芽生えてくるので、

他の曲でも応用できるようになってきます。

 

自分がほしいものは絶対に掴みたいよね。

音も、自分が出したい音、

外したくない音は掴みにいくんだよ。

気持ちで掴むんだよ。

音を狙うんだよ。

 

と、何回も話します。

 

音を掴むって何????

 

ポカンとしていても、

本当に鍵盤を掴むように演奏することで

ピアノ本来の響きが生まれるので、

自分がこんな音が出せるのか👀と、

驚いたような表情をするときがあります。

 

どんな瞬間に出会うと

何回も説明したけれど、

諦めずに言って良かったなと

本当に嬉しい気持ちになります。

 

そこまで引き出すのが大変ですが

とてもやりがいのある瞬間です。

 

待っているだけでは欲しいものは手に入りませんね。

チャンスも、勝利も、音も、

自分から掴みにいきましょう!

 

 

挨拶できていますか?

レッスンで大事にしていることのひとつに

あいさつがあります。

 

レッスンのはじめと終わりの

挨拶はもちろん、

玄関を開けて家に入るとき、

だまったまま玄関を開けていませんか?

自分から「こんにちは!」と

元気よく挨拶できていますか?

 

帰る時もだまったまま、

ドアを開けてそのまま帰っていませんか?

 

そして、お月謝を先生に渡すとき、

どうやって渡していますか?

 

先生への返事は元気よく「はい!」と

できていますか?

 

何気ないようで、

実はとても大事なことです。

 

まず、挨拶されて

なにも返さなければ

無視していることになりますね。

いくら相手が先生でも

先生だって人間ですから、

挨拶したのに、なにも返してもらえないと

とても悲しい気持ちになります。

 

まさか!!!

先生に挨拶されたのに、無視するなんて!!!

と驚く方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

過去には残念ながら

だまったままのお子さんもいました。

 

もしかしたら

とても恥ずかしがり屋さんで

大きな声を出して挨拶するのが苦手だったのかもしれません。

相手が大人だから別に大丈夫と思ったのかもしれません。

 

だんだん成長して大きくなれば

挨拶もできるようになるのかもしれませんが、

コミュニケーションの基本は挨拶だと思っています。

そして、音楽もコミュニケーションです。

初対面で、

まだ会ったばかりで慣れなくて、

挨拶できなくても、

なるべくできるように努力しましょう。

 

お子さんが人見知りで挨拶が苦手な場合でも、

子供が嫌がっているからやらなくても良いのではなくて、

一緒に挨拶をするなど、

場数を踏ませてあげることも大事です。

 

以前は年代の違う人たちとの交流や、

大人たちの集まりのなかに子供が入っている場面は

だいぶ少なくなっている時代だと思います。

まして、コロナの影響もあり

集まることができない時代ですので、

親しい人だけでコミュニケーションが成り立っています。

 

学生のうちはそれでも

間に合うのかもしれませんが、

いずれは社会出て、

いろんな人とのかかわり合いのなかで生きていかなければなりません。

そんなとき、

自分から挨拶ができるかどうかが

とても大切になってきますね。

 

毎週毎週、些細なことかもしれませんが、

親や学校の先生とは違う大人の人と、

マンツーマンでピアノを通じて

コミュニケーションすることで

自然と社会性も身に付けてもらいたいと考えています。

 

お月謝を渡すとき、

どうやって渡しますか?

 

これもできるまで何回もやり直ししてもらいますよ。

 

 

 

ピアノ弾けたら運転も上手くなる?

レッスンでは子どもたちにも分かりやすい説明を心がけて、

同じような説明でも

いろいろに変えて例え話をすることがあります。

 

その一つが、

この間発見した、

楽譜は地図と同じだよね。

自転車である程度のスピードを出せる子には

感覚として分かってもらいやすいかな?と思い、

例え話をしてみました。

 

もちろん、カーナビのガイドで運転することを知っている子にも分かりやすいかと思います。

 

音楽の場面が変わるところや、

強弱記号がでてくるところ、

テクニック的に難しいところ、

音が跳躍しているから狙わないといけないところなど、

ポイントがたくさんでてくる曲の場合、

地図で曲がるところや、

一方通行、

駐車場の場所など、

あらかじめ知っておくと

運転が楽になるポイントがありますよね。

急に「ここを右折です」と言われても

曲がれないように、

地図を見ないでたどり着くには

何度も通って道を覚えたり、

曲がり角のポイントを覚えたりするよね、

という例え話をすると、

ほんとだー👀と、納得してもらえました。

 

楽譜を見ながら弾くのは

今音を出しているところのことはもちろん、

自分が出した音を聞いて、

次の音の楽譜を見て、

どんどん進むイメージ。

しかし、状況によって

本番だとしたら、

ピアノの状態や、

お客さんの雰囲気、

などなどそのときで変わることが多々あります。

それも運転中と同じ注意力が必要で、

歩行者に気を付けたり、

スピードに気を付けたり、

車線変更するときには

前に加えて後ろも注意したり、

運転って同時にたくさんのことをします。

 

ピアノを弾いているときも同じようなので、

ピアノが上手に弾けるようになったら、

車の運転も上手になりそうだね😃

 

車は急に止まれないですよね。

音楽も同じです。

いきなり終わると、拍手をして良いのかどうか迷うことがあります。

 

終わりかたってどんなに説明しても

なかなか伝わらないことも多いです。

もちろん、感覚的に分かる子もいますが、

あれこれ例えて説明するには

車が急に止まれないという例えのほうは

伝わりやすいかなという印象です。

 

始まりかたも大事ですが、

終わりかたもすごく重要です。

結局、全部大事なんですけどね・・・

 

終わりよければ~

と、ことわざにあるように、

終わり方、

鍵盤から指を離すのもいろいろありますよ。

 

 

何年ぶり???!!!面接・採用試験

なんと!

あるお仕事の面接・採用試験を受けてきました。

 

知り合いからの紹介で、

セレモニープレーヤーをやってみない?と誘われて、

いいよ~

 

と、返事をしたのが始まり。

 

セレモニープレーヤーとは

お通夜や告別式で生演奏をする人のことです。

 

生演奏をしている告別式には参列したことはなく、

BGMの演奏は

学生時代に結婚式で

挙式の生演奏のアルバイトをしたぐらい。

 

なん十年ぶり???に履歴書を書き、

証明写真を撮り、

課題曲と自由曲を練習して

試験に行ってきました。

 

いつも通り演奏すればいいのは

分かっていても、

“試験”と名が付くと

妙に緊張してしまって、

会場までの運転もドキドキ。

 

こういう感覚久しぶりだな?

いや、試験とか、採用試験なんて

これまでほとんど受けたことがなくて、

ぬくぬく生きてきたんだなーと

気付かされました。

 

葬儀でのBGMを想定しての演奏なので、

舞台で演奏するのとは違います。

自分の音楽性を主張するのではなく、

会場を暖かい雰囲気にするとか、

参列者の気持ちを邪魔しない音とか、

雰囲気に合ったテンポ、アレンジ、

ボリューム、などなど

通常のコンサートとは違う音作りが大事です。

 

おそらく、

自分が用意した曲で、

かっちり弾くのではなく、

進行具合をみながら、

曲の長さを調整したり、

挨拶をしている人の声のトーンに被らないように音の高さを調節したり、

急なリクエストにも対応したり、

全体を見ながら音楽を考えることが必要でしょう。

 

音楽の役割って

多岐にわたると実感しました。

音楽が中心になる場合もあるし、

音楽がソッと寄り添うことが必要な場合もあるし、

音楽で空間を作ることもあるし、

上手に音楽と付き合うことができたら、

本当に豊かな社会・人生になりますね。

 

日常生活のなかにある音楽を観察してみてください。

 

スーパーなどで流れている音楽、

レストランで流れている音楽、

時間帯によっても工夫されているでしょう。

ボリュームはどうですか?

ジャンルはどうですか?

もし、その空間で違う音楽だったら

どんな雰囲気になると思いますか?

 

知らず知らずのうちに

音楽によって心を動かされていることも

あるかもしれませんよ。

 

映画やドラマで使われている音楽など、

主題歌ばかりでなく、

効果的に使われている音楽などにも

特徴があって面白いと思います。

CMも面白いですよね。

 

そう考えると、

世の中には音楽・音が溢れています。

これからの時代は

音の無い世界、時間、空間を探すのが大変かもしれませんね。

ということは、

音の無い世界を体験するなんてことが

特別になるかもしれませんね。

 

 

分からないときは楽譜を見よう

レッスンでよくある光景で

弾いている途中で不安になると

私の顔色を見る。

演奏が終わった瞬間に

私の顔色を見る。

ちょっと分からなくなると、

遠くを見ながら音を探し始める・・・

 

なんとなく気持ちは分かるけれど、

そんなときに必ず言うのは

私の顔には音符は書いてないよ~

困ったときは楽譜を見ようね。

です。

 

すぐ顔色を見る習慣がある子の

演奏を聞くときは、

後ろの方に座って聞くようにします。

 

まさか、後ろを振り返ってまで

顔色を見ることはありませんからね。。。

 

ピアノを舞台で演奏するときの

孤独感といったら

それこそ恐怖に近いものがあるかもしれません。

 

広い舞台に一人だけ。

 

スポットライトを浴びて

右側にお客さんの視線を感じ、

ホールの空気感で

お客さんが集中して聞いてくれているか、

飽きてしまっているか・・・

なんとなく分かるようになってくると、

怖く感じられることがあります。

そこで失敗したり、

間違えて、頭が真っ白になってしまって

止まってしまったり、

心臓はドキドキするし、

だけど、誰も助けにはきてくれないし、

なんとかしなくちゃいけない。。。

そんなときに

キョロキョロして客席にいる

お母さんを探すわけにはいかないですよね。

後ろを振り返って先生に助けを求めることもできません。

 

だから、普段のレッスンでも

まずは一回、何があっても最後まで

演奏してもらいます。

 

本番が近くなってくると、

舞台で演奏していることを想定して

暗譜で演奏しますが、

普段のレッスンでは楽譜は見ながら演奏します。

注意深く楽譜を見ながら演奏することは

とても大事です。

暗譜をしよう!というと

嫌がるのに、

楽譜って見ているようで

細かいところまでは見えていないことも多いのです。

これは不思議ですが、

レッスンで指摘されて初めて見えた!?

というような記号や楽語などがけっこうあります。

 

えっ?そんなこと書いてあったの???

 

どうして今まで見えなかったんだろう?

というような現象はよくあります。

 

常に楽譜に書いてあることを確認しながら

練習するといいでしょう。

先生やお母さんの顔色を見て

自分の演奏を判断するのではなく、

自分の耳で聞いて分かるようにならなくてはいけませんね。

 

最近、楽譜は地図に例えられるなと思いました。

演奏は車の運転に例えられます。

 

ある一定の速度で運転するには

たとえ初めて行くような場所でも、

だいたいの道のりをイメージしますね。

曲がり角なども前もって

心づもりをしていないと、

急に曲がれないし、

標識の意味を知っていないと

危険なこともあります。

 

演奏も似ています。

一定のテンポで弾きながら

次の音も見なければいけないし、

急に強弱の記号を見ても

対応できないので、

前もってどこから強弱の記号があるのか

把握している必要があります。

楽語の意味が分からないと

音楽に合った音色を作ることができません。

慣れてくれば地図を見なくても運転できるようになり、

安全に目的地に着くことができます。

今走っている道に十分注意を配りながらも、

次の道順を考えて、

それでハンドルの操作、

足でアクセルやブレーキ

スピードの調節など

一度にたくさんのことをやります。

 

運転をイメージできると、

楽譜を見るときも、どういう流れで

楽譜を見ると良いかが分かりますね。

道が分からなければ、地図を確認するように、

演奏中に分からないことがあれば、

必ず楽譜を確認しましょう。

 

舞台で演奏する時には

必ず何か起こります。

そんなときにどうやって解決したら良いのか演奏しながら考えることもあります。

 

ピアノってただ弾いているように見えますが、

実はいろいろなことを同時にやっているんですね。

問題解決力も育ちますね。