トップへ戻る

> ブログ > レッスン風景

手作り楽器で、

いつの間にか、秋の気配です。

朝、窓を開けたら、フワッと金木犀の甘い香りが部屋のなかに、爽やかな風と共に入ってきました。

 

もう、秋だなと、感じる瞬間です。

 

さて、ブログの更新が久しぶりとなってしまいました。

100日チャレンジとして、がんばろう!と気合いを入れたときは出来ていたのに、目標が曖昧になると、途端にテキトウになってしまいますね😥

子どもたちには毎日練習してね🎵といっているのに、これではいけないなと反省です。

 

↑幼稚園で作ってきたよーと、

レッスンに手作りの”ギター”を

持ってきてくれました。

 

よく見ると、

なかなか細かい作りになっていて、

輪ゴムも、音程が変わるように、

張り具合が調節されています。

音の出る仕組みを上手に再現しています。

ただ輪ゴムを張っているだけでは無いところに、とっても感動しました!

 

お母さんが一緒に作ってくれたのかと思ったら、幼稚園で完成させてきたとのことなので、幼稚園の先生のアドバイスなのでしょうか?

素晴らしい遊びをしているなと本当に感心です。

ピアノも弦の張り具合によって音の高さを変えているので、遊びながらピアノの構造も考えられますね。

ピアノは弦をハンマーで叩いて、震わせて音を出しています。

自ら空気を震わせている感覚があると、伸びのある音を出すことができます。この感覚は電子ピアノでは感じることが出来ないので、レッスンの時はとても大事な感覚になるのですが、そこを理解してもらうのはなかなか難しいなとちょうど感じていたのでした。

子どもの頃の遊びの中から、こういった感覚を感じられるのは、これからの時代とても貴重な経験になるでしょう。

なるべく本物の体験をさせてあげたいですね。

 

始めて2~3年ぐらいのレッスンでは、

歌いながら小さな楽器やタイコの演奏をすることがあります。

自分で作った楽器を使って、歌を歌いたい!というリクエストには、

もちろん大賛成です。

 

大事そうに抱えて音を出しながら歌っている姿は、とても可愛らしく、私自身楽しいひとときでした。

 

新作ができたら見せてね!

 

 

 

 

夏休み特別レッスンスタート!

毎日暑い日が続いています。

 

ブログの更新が久しぶりになりました。

100日チャレンジで頑張ったあと、ちょっと???だいぶ、気が緩みましたね😵

 

もちろん、レッスンは緩まず、

張り切って頑張っています。

発表会が終わってからも、

みんなやる気に満ちていて、

どのくらい頑張ると、どのくらい上達できるのかを実感出来たからか、

次回への意欲が素晴らしいです。

 

そのやる気をさらにアップしてもらうために、

一昨年、開催して大好評だった

【夏休み特別レッスン】を

今年は開催することにしました。

 

密にならないように定員を決めて、

こまめに換気するなどの対策をしながら

3時間×6日間

低学年と、高学年のクラスに分けてスタートしました。

 

一人だと退屈してしまう基礎練習。

同時に全員でやります。

間違えても、分からなくなっても止まらずに、流れにのることも慣れてもらいます。

10分以上続けて弾いたことがない子がほとんどなので、指の先はいたくなるし、疲れるし、低学年の子には大変だと思います。

 

普段のレッスンではゆっくり取り組むことが出来ない、ソルフェージュ。

音符の書き取り、楽譜の書き方、

自分の書いた音符を読んで、歌ってみる。

読みやすい楽譜を書くことが、読譜の理解にも繋がります。

そして、アンサンブルの練習。

レッスンでは先生がいつのまにかに合わせてくれていることを実感しますね。

おともだち同士で演奏するために、どんなことを気を付けるのか?二人でどんなことを打ち合わせしたらいいのか?

 

学ぶことがたくさんあります。

息を合わせて演奏する。

とよく言われますが、

どうやって息を合わせるのか?

初めてだと、とまどいますね。

一度コツをつかんでしまえば、

簡単なことでも、

自分達で方法を見つけることが大事だと考えました。

 

今は、なんでも教えてもらうことができるので、

自分で方法を探す・・・ということが極端に少なくなっていると感じます。

すると、

自分で考えて解決方法を探すことができません。

どうやったらうまくできるようになるのかな?何がうまくできない原因なのかな?

 

全てを教えすぎずに、

自分で考えられるように導くレッスンを心がけています。

 

さて、まだまだ特別レッスンは続きます。

6日間が終わる頃にはどんな変化が待っているでしょうか?

 

楽しみですね。

いつの間に?

発表会が終わったばかりのレッスン。

とても楽しそうに感想を話して、

自分が弾いているときの感じや、

お友だちの演奏を聞いた感想など、

そして、お父さんやお母さんが言ってくれた言葉など、

どんどん言葉が溢れてくる様子の子がほとんどです。

 

そして、

新しい曲を連休中に譜読みしよう!ということで、曲探しをしました。

テキストの続きを進めることも大事なので、どんな曲かちょっと見てみようか、と、

音符を読んでもらったら、

 

あれっ????

 

スラスラ読めてる?

 

指もスムーズ?

 

本人も、あれっ?

すんなり読めて、弾けてる自分にびっくり。

 

発表会で、あれだけ難しいのがんばったからね、なんか読めるようになってるね!

 

読めても、指との連動が鈍かった子も、

読むスピードと同じように

指が動くようになってました。

 

発表会の効果ですね。

 

たくさん練習してきたから、

ちょうど目と指との連動が調子が出てきたみたいだから、これを続けるのがチャンスだね!

 

また、普段の練習に戻りますが、

譜読みのスピードがあがると、

自然とやる気もアップしますね。

 

連休後がまた、楽しみになりました。

 

 

MCも自分でやります!

曲を演奏することはだいぶできるようになってきました。

でもコンサートではピアノを弾くだけではありません。

 

クラシックのコンサートが堅苦しい、つまらない、難しい、よく分からないと言われるのは、演奏者が一言もしゃべらずに、最初から最後まで弾いて終わり、というスタイルにもあるかもしれません。

プログラムには曲目解説など、難しい言葉を使って文章が書かれていますが、たいていは専門用語が多く、子どもには分からない説明がほとんどだったと覚えています。

 

しかし、演奏者がどんな思いで曲を選んだのか、どんな思い出があるのか、どういう気持ちで演奏しているのか、などが分かると、聞こえ方も違ってくるから不思議です。

 

これからは積極的に自分をアピールできることも大事だと考え、発表会でも自分でMCに挑戦してもらうことにしました。

 

これまでの発表会は、私が全てMCを舞台上でしていました。普段のレッスンの様子や、演奏する曲目のどういうところに注目して聞いてほしいか、などなど、

ただ聞いているだけでは簡単に聞こえる曲でも、初めてピアノを目の前にして演奏するところを想像してもらったり、どこが難しいのかを説明してから聞いてもらうと、子どもたちがいかにすごいことに挑戦しているかが、ピアノを弾いたことが無い人にも分かりやすくなると、大変好評でした。

 

それから、小さい頃から残念に思っていたのは、自分の子が演奏が終わると帰ってしまう家族や友だちの存在です。

最後の出番の子の頃には、ほとんどお客さんがいなくなってしまうような発表会を経験し、とても傷ついたことがあったので、

 

お客さんにも出演する全ての子どもたちに興味を持ってもらうような演出を考えた結果、今のスタイルになりました。

 

やっぱりエピソードを聞くと、興味が沸きますよね。

 

私がしゃべることも、通常の発表会ではあまり見られないらしいのですが、子どもが自らマイクを持ってしゃべるのはほとんど無いそうです。

 

舞台の打ち合わせで、スタッフの方に驚かれました。

 

聞いてくださるお客様によい時間を過ごせたなと帰ってもらうことが目標なので、子どもだろうと大人だろうと、ただ演奏するだけではありません。

 

ただ弾けばいい、という、

お客様にたいして失礼な演奏にならないように、そこは厳しく指導します。

 

曲ごとに説明をいれるのか、

それともまとめて説明をするのか、

自分のプログラムにはどんなスタイルがあっているだろうか?今週はそんなことを考えてもらうレッスンをします。

えーっと、とか、

私が今日演奏するのは・・・とか、

そういう同じような言葉を何回も使わないこと、

お客様にとって聞きやすい話し方、

どんな言葉を使ったら良いのか、

そんなこともレクチャーします。

 

弾くよりもドキドキするかもしれませんね。

 

 

 

隣で指揮?

発表会で弾きたい曲は

やっぱり聴き映えのする曲。

あのあこがれの名曲を演奏したい、となりますよね。

本番でかっこよく演奏してもらいから、レッスンではついつい私が盛り上がってしまいます。

 

なんというか・・・

まだまだみんなテンションが低い!!!

私だけテンション高い???

まだ一ヶ月以上あると思っているからかな?

音楽的な盛り上がりもまだまだおとなしい感じ。やはり、広い空間を意識すると、強弱の幅も狭い感じがするし、表現もおとなしい。

 

どうやってみんなの気持ちを高めていったら良いのか・・・おもいっきり表現できるようにしたらいいのか、、、

自分自身の秘めた力に気づいてもらって、それを気がねなく出してもらうためには・・・

 

最初は隣で座って聴いていたのが、

気がついたら指揮者のように立って、腕をふり、体を動かして、歌ったり、リズムをとったり、

 

曲が終わると、まるで自分が演奏し終わったかのようにグッタリ・・・

 

指揮者ってこういう感じなの???

 

自分では演奏しないけど、

演奏者に自分の音楽を伝えるために、身振り手振り全身を使ってエネルギーを伝える感じ。

 

音楽のエネルギーを伝える。

 

今、思い付いた言葉だけど、たしかにそうかも。

 

そのエネルギーが伝わって、演奏者がそれに呼応するように音を出す。

 

まさに、今日の私はそういう感じでした。

 

すると、

先生が隣でやってくれたら、なんとなく分かってきた。本番でも隣でやってください!(笑)今日は弾いててすごい暑くなった。

 

 

いやいや、本番はゆっくり聴かせてもらいますよー。

いつもクールに器用になんでも弾いているのに、暑くなってくれたなんて!心がやっと熱くなってくれたのかな?

あと、ひといき!!!

 

学生時代に大学の図書館の視聴覚の資料でオーケストラの演奏を聴きました。そのときに気に入ったのがレナード・バーンスタイン。

 

全身から音楽が溢れているような動きがとても魅力的。団員の人たちはまるで魔法がかかったように、バーンスタインの動きに合わせて音楽を奏でていて、お互いが喜びに満ちているような感じ。

 

なんて楽しそうに指揮&演奏しているんだろう!と見ている私がワクワクしてきたのを覚えています。

 

もう既に亡くなっていたのが本当に残念。

 

指揮者は、音を出さないし、ただ棒を振っているだけで、誰にでもできそうだな、なんておもったこともあったけど、不思議なことに、同じオーケストラでも指揮者が変わると、まるで変わってしまう。

 

すごい指揮者に指揮をしてもらうと、自分でも知らなかったものを引き出してもらえるような感覚になります。

高校生のとき、合唱部で、第九を歌ったときに感じました。

 

これまでレッスン時にはあまり意識してこなかったけれど、

自分が指揮者になったつもりにならないといけないなとおもいました。

団員を萎縮させてしまうような指揮ではなく、喜びに解放されて、私のエネルギーが移っていくような、そんなパワーを発せられるようになりたいですね。