トップへ戻る

> ブログ > レッスン風景

ピアノ弾けたら運転も上手くなる?

レッスンでは子どもたちにも分かりやすい説明を心がけて、

同じような説明でも

いろいろに変えて例え話をすることがあります。

 

その一つが、

この間発見した、

楽譜は地図と同じだよね。

自転車である程度のスピードを出せる子には

感覚として分かってもらいやすいかな?と思い、

例え話をしてみました。

 

もちろん、カーナビのガイドで運転することを知っている子にも分かりやすいかと思います。

 

音楽の場面が変わるところや、

強弱記号がでてくるところ、

テクニック的に難しいところ、

音が跳躍しているから狙わないといけないところなど、

ポイントがたくさんでてくる曲の場合、

地図で曲がるところや、

一方通行、

駐車場の場所など、

あらかじめ知っておくと

運転が楽になるポイントがありますよね。

急に「ここを右折です」と言われても

曲がれないように、

地図を見ないでたどり着くには

何度も通って道を覚えたり、

曲がり角のポイントを覚えたりするよね、

という例え話をすると、

ほんとだー👀と、納得してもらえました。

 

楽譜を見ながら弾くのは

今音を出しているところのことはもちろん、

自分が出した音を聞いて、

次の音の楽譜を見て、

どんどん進むイメージ。

しかし、状況によって

本番だとしたら、

ピアノの状態や、

お客さんの雰囲気、

などなどそのときで変わることが多々あります。

それも運転中と同じ注意力が必要で、

歩行者に気を付けたり、

スピードに気を付けたり、

車線変更するときには

前に加えて後ろも注意したり、

運転って同時にたくさんのことをします。

 

ピアノを弾いているときも同じようなので、

ピアノが上手に弾けるようになったら、

車の運転も上手になりそうだね😃

 

車は急に止まれないですよね。

音楽も同じです。

いきなり終わると、拍手をして良いのかどうか迷うことがあります。

 

終わりかたってどんなに説明しても

なかなか伝わらないことも多いです。

もちろん、感覚的に分かる子もいますが、

あれこれ例えて説明するには

車が急に止まれないという例えのほうは

伝わりやすいかなという印象です。

 

始まりかたも大事ですが、

終わりかたもすごく重要です。

結局、全部大事なんですけどね・・・

 

終わりよければ~

と、ことわざにあるように、

終わり方、

鍵盤から指を離すのもいろいろありますよ。

 

 

チャンスは一回だよ!

普段のレッスンでは

「間違えても良いんだよ」

「思いっきり間違えて!」

って言ってるのに、

 

時々、

「一回で、バシッと決めてみよう!」

「チャンスは一回ね!」

なんて、

あり得ないくらいのプレッシャーをかけます。

 

お家で落ち着いて練習してたら

いつも上手にできるのに、

そんなこと言われたら

ドキドキして、緊張した。

 

たいていの子は↑上のように

言いますね。

 

そこで、すかさず、

「そーだよね、緊張したね、

今日が本番じゃなくて良かったよー」

「そうは言っても、本番は一回しか弾けないからね」

 

ハッと気がついた子は、

動画はやり直せるから良いねー

だそうです。

最近、いろいろなことがオンライン化し、

レッスンの振り替えも

動画にしてもらい、それをみて

私がアドバイスを送る形を取っています。

昨年のクリスマス会も

動画に撮りました。

もちろん一回で満足する子は少なく、

何回か撮り直して一番納得のいく演奏を

残しました。

 

4月には発表会を予定しています。

そうなると、舞台で一回。

その一回に全てを集中して

納得のいく演奏をできるようにしなければなりません。

 

どういうわけか、

家で落ち着いて練習しているときは

上手にできていると思っても、

レッスンの時や、

プレッシャーを感じると

うまく出来ていたところさえも失敗してしまうのか・・・

 

私にも経験があることなのですが、

やはり練習が不十分なのです。

 

弾けているつもりのところほど

緊張したときには

粗が目立ってしまいます。

 

例えば、16分音符が続いているようなところは、

粒を揃えて、音の凸凹も出さないようにするために、

リズムを変えた練習をする必要があります。

普段はなんとなく弾けているつもりですが、

本番では、いびつな16分音符になりがちです。

 

すると、なぜ?????

なんで、いつもうまく弾けるのに、

できないの?と焦り、

余計に慌ててしまうという悪循環に陥ります。

ますます焦ってしまい、

最悪の場合は指が止まってしまうこともあります。

 

それが本番だったら

とても悔しい結果になってしまいます。

 

そうならないために、

練習方法をレッスンで伝えます。

その方法を素直にやるかどうか・・・

レッスンでなんとかうまくできれば

やってなくてもバレないだろうと

思っているような子も見受けられます。

しかし、ちょっとのことで

動揺してしまうと粗が分かるので、

お家でどういう心持ちで

どんな練習をしていたのかは

だいたい分かります。

どのくらい時間をかけているのかも分かります。

 

レッスンは

一週間の練習の成果を発表する場だと思って

緊張感をもってレッスンに取り組むことをおすすめします。

 

レッスンで「練習」はしません。

練習のやり方を教えてもらう場でもあります。

短いレッスンの時間をいかに充実したものにするかは

お家での練習にかかっています。

 

今回のように、

プレッシャーを与えられて

思うような演奏ができなかったからといって落ち込む必要はなく、

前向きに捉えて、

この部分の練習が足りなかったんだ、

次はどんな工夫をしたらいいだろう?

そういうことが分かったから良かった。

今日が本番じゃなくて良かった。

本番前にやるべきことが分かった。

 

次の一週間をどう過ごせば良いのか

はっきりと分かるので、

収穫の多いレッスンになったといえますね。

 

そうやってひとつひとつ

できるようになることが増えていくことが

楽しいレッスンですね。

 

 

 

50日ぐらいで習慣になってくる

100日チャレンジの効果を日々痛感しています。

 

ほぼ50日目の子がちらほら見え始め、

演奏を聞いたらすぐ変化が分かるほど、

毎日続けることで

ここまで変化するのか😲と

驚きます。

そして、本人に、

このチャレンジをする前と今では

ピアノを弾いているときの気持ちに

変化はある?

と、聞いてみました。

 

弾けるようになっているのが分かる。

家で練習するのも面倒くさくない。

やるのが当たり前になってきた。

 

と話してくれるではありませんか!!!

 

このチャレンジをして本当によかったと

心から思いました。

 

練習をするか、しないか、

この第一段階がすでに

選択としては無いことになっているので、

面倒とか思う前に

やる。と決まっている。

だからやる。

たとえやる気はそのときに無かったとしても、

まず、やる。

 

やっているうちに調子が出てきて

練習ができた。

 

練習するから

できるようになる。

できるようになると楽しくなる。

 

そしてまた次の日も練習するから

定着して、

もっともっと弾けるようになって

楽しくなる。

 

理想的な流れですが、

習慣になっているので

この流れが当たり前になってきています。

 

今まで停滞していたのが

なんだったのか???というぐらい

すんなりできるようになっていて、

本人も、もっと早くやればよかったと

思っているのではないでしょうか?

 

100日の半分でこれだけの変化ですから、

100日終わる頃には

どんな結果が待っているのか

とても楽しみですね。

 

 

自分なりのストーリーを考えよう

歌詞があると、

歌詞を頼りに表現の方法を考えることはできますね。

ピアノ曲のように、

歌詞のない音楽を表現することに

苦手意識のある方は多いのでは?

私も高校生ぐらいまで、

どうやって、何を表現したら良いのか

よく分からず弾いていました。

 

楽譜に書かれている強弱や楽語、

和音の種類、調性など

知識として知っていることはたくさんありますが、

それを表現に繋げるには・・・

そういう具体的なことを知ることはできませんでした。

それこそ、感性というか、

才能がある人ができることだと思っていたので、

限界を感じていました。

だからテクニックに偏ってしまうんでしょうね。

 

どんなに小さな曲でも

音色や表現にこだわってレッスンするようにしています。

ただ楽譜に書かれた音符を

音に変化させるだけのゲームには

ならないように最初から気を付けます。

 

音を表現するときには

抽象的なことを表現するのかと

思っていましたが、

意外と、驚くほど詳細に具体的なイメージをもって演奏します。

強弱のバランスも、

自分が出せる強弱の幅を数字で考えることもあります。

例えば強弱記号

pp~p~mp~mf~f~ff

この6段階とします。

ppはゼロだと音が無くなってしまうので、

20%とします。

pだいたい30%

mpは約40%

mfは50%

fは65%

ffは80%

と、自分の持てるパワーを配分してみます。

そうすると、

クレッシェンドでは力配分を考えて

およその強弱を決めます。

 

クレッシェンドの意味は

だんだん強くする。ですが、

どの辺りでどのくらいまで強くするかを考えます。

 

というように、

細かく決めて演奏するのです。

 

また、全体の流れを考えるときには

物語を作って場面ごとに設定を考えます。

一曲のなかで、雰囲気が変わるところ、

調性が変わるところ、

などなど映画のようにシーンを考えます。

すると、左手のリズムは何を表しているのか考えやすくなります。

↑物語を考えてくる宿題で、

実際に書いてきてくれました。

 

思いがけない言葉や、

イメージを共有して

それを表現するにはどうしたらいいのか

一緒に考えます。

 

すると、

楽譜に書かれている強弱の意味がよく分かり、

なぜそこに、その記号が必要なのかも

分かってくるようになります。

 

ただ弾いているよりも

数倍楽しくなるようで、

あーでもない、

こーでもない、と自分で工夫しながら

楽しそうに演奏するようになります。

 

同じ曲でも、

物語はそれぞれなので、

個性を大事にするということは、

この部分ではないかと思います。

先生が一方的に

fだから強く弾きなさい!

クレッシェンドだからだんだん強くしなさい!

では、本当の表現にはなりません。

 

思いどおりに表する、

イメージどおりの音色を出すためには、

自分の思いどおりに動く指やからだが必要です。

だから、基礎が大事です。

それがだんだん理解できるようになってくると、

基礎の練習も熱心にやってくるようになります。

 

100日チャレンジで基礎をしっかりできるようになってきて、

その変化を本人が感じることで、

より意欲が増しているようです。

 

 

集中するってどうするの?

いろんな場面で

「集中しなさい!」と

言われますよね。

 

勉強するとき、

スポーツの試合をしているとき、

何か練習をしているとき、

真剣にやるときには

集中したほうがうまくいくことが多いですね。

 

スポーツで良く使われている

“ゾーンに入る”でしょうか?

このゾーンに入っているときは

良い結果が出ることが多いようですね。

“無我夢中”も良い集中の状態を

表している言葉ですよね。

 

 

逆に集中しないとどうなるかというと、

大抵、

間違えたり、

失敗したり、

思わしくない結果になります。

演奏を聞くと、

どのくらい集中できているかは

すぐ分かります。

 

 

本当に集中しているときは

意外と少ないものです。

 

左右違うことをしながら

楽譜で音符を読み、

指先にそれらの情報を伝え、

音色を確認しながら

演奏しているのにです!

 

こんなに一度にたくさんのことを

しているのだから、

自然と集中できているのでは?

と思いませんか?

 

 

しかし、

ピアノを弾きながら

同時に様々なことを考えていることが

多いのです!

 

演奏を聞くと、

だいたいどんなことを考えながら

演奏をしているのか

私もだんだん分かるように

なってきました(^-^)v

 

だから、

「今、他のこと考えてたでしょ?」とか

「できるかな~?間違ったらどうしようかな~って考えながら弾いてたでしょ?」

などと伝えると、

子どもたちはびっくりします。

 

 

ピアノ以外のことで心配事があったり、

学校で嫌なことがあったり、

これから楽しみなことが待っていたり、

頭の中は大忙しのことが多いですね。

 

 

逆に、集中しているときの演奏もすぐ分かります。

そういうときは

「今、何を考えながら弾いた?」

と質問します。

 

すると、

「ん~何も考えてなかった」

「メロディーを頭の中ですごく歌ってた」と

答えることが多いです。

 

それは大正解で、

集中するには音楽以外のことを考えないようにしなければなりません。

 

集中しよう!と考えると

かえって集中できないものなので、

純粋に音楽のことだけを考えて

演奏する習慣をつけるようします。

すると音色にもすぐ変化が現れるので、

結果的に良い演奏になります。

 

 

意外にも無意識に弾いてしまいがちなので、

全ての音符を意識して弾けるように

他の音を絶対に触らないぞ!と

①うっかり間違えないように弾く、

②間違えても弾き直さないように弾く、

この2点を心がけて練習します。

 

この二つを気を付けるだけでも

なかなか大変なのですが、

これが出来るようになると

本番で力を発揮できるようになります。

 

 

弾き直す癖については

改めて記事にしたいのですが、

弾き直す癖はなかなか直りません。

この癖は心理的な要素が強いので、

心を強く持たないと直りません。

 

私自身もこの“弾き直す癖”を克服するのに

とても苦労しました。

 

 

ピアノを習うことで養われる力は

この集中力一つをとっても

ピアノ以外の場面でも

必要になる力だと

最近つくづく感じるようになりました。

たった一ページ、

時間にしたら1分もかからないような曲でも

最後まで集中できないこともあるので、

毎週毎週レッスンで

集中する練習をすることは

とても意義のあることだと思います。

 

いつも集中するのが難しくても、

集中できたときの演奏は

本人も分かるので、

“できた!”と自分で感じたときに

子どもたちの表情は

目がキラキラして、充実しています。

そんな表情に出会えたときは

私も心から嬉しいです。