トップへ戻る

> ブログ

ブログ

ブログ

思いがけず勉強になったこと

さいたま市は新学期が6日から始まり、あっという間にお正月気分が抜けました。

発表会に向けたレッスンでは、皆お休みの間もよく練習してくれているので、いかに自分らしい表現をするかという、ピアノを弾くなかで、一番楽しいところになってきました。

 

さて、中学校の部活も本格始動です。

保護者のお手伝いもそろそろ来年度に向けて、覚えておくべきことなどを先輩ママさんから教えてもらう時期になりました。

 

先生方へのお茶出しの準備や片付けのために、今日は一日中学校の体育館にいました。

本当に寒くて寒くて、こんな日に限って雨も降ってくるなんて・・・・・

dsc_0459

でも、今日は期待以上の収穫がありました。

練習試合のために4つの学校が来てくれました。朝8時半から次々と試合をしていきます。息子は怪我をしている同じポジションの先輩に代わって、試合に出ているので、初心者の息子をハラハラしながら見ていました。

上手な子とどこが違うのか、どう動けば良いプレイになるのか、瞬間瞬間に状況が変わってくるので、判断が難しそうな時もあります。試合でいかせるようなプレーをどう練習するのかな?

などとバスケについてはほとんど知らないことばかりなので、先生の指導の言葉を聞きながら試合を見ていました。

 

先生はその都度、ゲキを飛ばしながら指導をしていくのですが、これが学校ごとに特徴があってオモシロイ!!!

 

オモシロイといったら、真剣に指導している先生には失礼なのですが、長時間見ているからこそわかってくることもあって、思いがけず大変勉強になりました。

口が悪くて、聞いているこっちが気分が悪くなる感じの先生もいましたし、ダメだしばかりでなく、失敗しても、その判断を認めてその都度誉めている先生もいました。

次第にヒートアップしてきて、声が高くなってくる先生もいました。

あとは、対称的にほとんど声を出さない先生もいました。

最近の傾向としては

誉めて伸ばす

ですよね。

でも誉めてばかりいてはいけないのかなという指導の難しさを感じました。先生のゲキが厳しい学校は動きもきびきびしていたし、確実にシュートも決め、先生の厳しい言葉に嫌がる様子もなく、結果を残していました。

 

以前、引率したときに見た学校は、ただヒステリックなだけで子供達が萎縮してしまっているように見える学校もありました。

 

愛のある厳しさ

 

普段子育てをしているなかで、誉めてばかりいられない時も多々あり、どう伝えるのか毎回毎回課題なのですが、客観的に観察できたことで、参考になることがたくさんあり、これから部活のお手伝いも、観察ポイントをたくさん得られそうなので、楽しみながらできそうですね。

 

しかし、中学校の先生の大変さには頭が下がる思いです。プライベートな時間はほとんどないような生活なのではないかなと思います。熱心に関わってくださるのは親としてはとてもありがたいことです。

 

新年明けましておめでとうございます。

2017年が始まりました。

新年明けましておめでとうございます。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

元旦はいかがお過ごしでしたか?

何日か前に思い立って、

日光東照宮へ初詣に行ってきました。

dsc04451

豪華絢爛な東照宮。

昨年、大河ドラマ“真田丸”にどっぷり浸かっていた我が家にとっては徳川家康もちょっと身近に感じられる存在(!?)となり、これまでと違った見方ができたというか、印象深い初詣となりました。

 

おみくじをひいたり、それぞれお気に入りのお守りを探したり、明るい気持ちで一年を始められました。

dsc04478

さぁ、2017年、トモサウンズとしては、より音楽を楽しんでもらえるようにレッスンや、ピアノサロン・ドルチェをさらにブラッシュアップさせていきます。

まずは15日に予定している発表会に集中することですね。早速5日からは冬休み特別レッスンをスタートさせますよ!

 

それから、以前ちょこっとお知らせしましたが、新しい試みとして、ホールでの練習を取り入れたピアノクラブを発足させます。

名前は“トモサウンズ ピアノクラブ”にしようかと思っています。分かりやすいネーミングですね。プロ・アマ問わず、ホールでピアノを思いきり弾いてみたいという方、一緒に楽しみませんか?

仲間募集中ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。詳細についてはまた後日お知らせいたします。

ASCII

音楽を通じてワクワクする時間を一緒に過ごす!

私もワクワクする時間をたくさん見つけていきたいと思います。

皆さん、一緒にワクワクしましょう!

 

レッスンに来る意味は?

10月に入り、涼しいを通り越して、寒く感じるようになりましたね。

いかがお過ごしですか?

dsc_0203

先日、天気が心配された運動会も無事に開催されました。ひたむきな姿、一生懸命な姿って良いですね。たくさんの元気をもらいました!

 

10月27日(木)のピアノサロン・ドルチェの準備も順調に進んでいます!

今回はオールショパンプログラムでお届けする予定です。

お楽しみに!

(お申し込みやお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。)

 

さて、今日のレッスンでの出来事です。

 

レッスンで、新しい曲を初めて弾く時や、今度の宿題ね、と印を付けているときに、必ず

 

「無理~~」とか、

「訳分かんない・・・」とか、

「頭が混乱する」

と、小3の生徒さんが連発することがあります。かといって、本当にできないわけではなく、しっかり楽譜も見ているし、一週間しっかり練習できていて、弾けているのにです。

 

本人なりに練習が足りなくて、自信がないのかな?という日はおしゃべりが止まりません。学校での出来事や、部屋の中にある小物が目に入り、レッスンに集中できません。

 

あるとき、

次の週の宿題を確認していたら、楽譜をみた瞬間に

「無理無理~、訳が分からない」と言うので、

私「本当に分からない?どこが分からない?」と聞いてみました。

すると、ちょっと気まずそうになり、

私「やる前から無理って言ってたら、本当に出来なくなっちゃうよ、100回練習しても出来なかったら、私にはこの曲は無理です、って言っても良いよ。」と、やる前から無理と言わないということも宿題にしました。

 

この生徒さんに限らず、多くの子供達は、1・2回やってみて出来ないと、もう私にはできない、無理と決めてしまい、難しいと思い込んでしまう傾向があるように感じます。

 

まだピアノのレッスンを始めて一年ぐらいなのに、1回やっただけで、できたらそれはすごい天才!!ピアノ教室に来る必要もないし、私がいる必要もない。

レッスンに来るっていうことは、分からないことやできなところを一緒にどうやったら出来るか方法を探すことだよ。

分からないの大歓迎だから!!!

やらないうちから分からない、っていうのと、やってみて分からなかった、っていうのは大きな違いで、どこが分からないのか、自分でわかることは、とってもすごいことなんだよ。

と、時間をかけて話しました。

せめてピアノを弾くときぐらいは、多少失敗しても、間違っても大丈夫というリラックスした気持ちになってもらいたいものです。

 

客観的に知ること

すっきりしない天気が続いていますね。

太陽の光が恋しい日々です。

いかがお過ごしですか?風邪も流行っているようですね。

今週末は運動会です。

晴れてくれるといいなぁーーー。

 

夏休みの気分もすっかり抜けて、学校モード全開の子供達です。毎日の宿題や習い事に忙しい中、おうちでのピアノの練習をいつもがんばってきてくれています。

ピアノの上達にはおうちでの練習をいかに工夫するかが、とても重要です。

 

なので、おうちでの練習がスムーズにいくようにレッスンの中で、いかに気がついてもらうかが大事だと考えています。

 

ただ、なんとなく弾いているだけでは、上達を感じることは難しいでしょう。

 

そこで、動画に撮って見る。

 

これはおすすめです!

先日のレッスンでも何回も同じような注意をされているのですが、なかなか直りません。もしや、何を注意されているのかわかっていないのでは?と、動画を撮り、本人と確認したところ、初めて、

「あっ、ホントだ!!!」

と、気がつくことができたんです。

ピアノは弾くことに一生懸命になっていると、音を聴かないで弾いてしまうことがあります。

 

音が鳴っているのに、聴いていない???と、驚くかもしれませんが、そうなんです。聴いていないことってあるんです。

 

初めて自分の弾きかた、音を聴いて、納得したあとは、すぐ直すことができました。

 

なんとなくうまくいかないな、自分ではやっているつもりだけど、いつも注意されてしまうと心当たりのあるかたは、動画でチェックをおすすめしますよ!

 

ある日のレッスン

夏休みが終わりましたね。

8月中に学校が始まるのはちょっと不思議な感じがします。

お母様たち、お疲れ様でした。

毎食の準備と、お出掛けの予定をたてたり、宿題を心配したり、楽しいこともたくさんありますが、大変ですよねーーー。

お疲れ様でした。

二学期もなにかと行事が多く、学校へ行くことも増えてくると思いますが、ご自分の時間をしっかり確保して、リフレッシュしていただきたいと思います。

 

さて、夏休み中のある日のレッスンで、ウクレレを持ってきてくれた姉妹がいました。

CYMERA_20160830_080551

左側の白くペイントされているのが、姉妹のウクレレです。右の茶色のは私のです。

自分で絵を描いて自由にペイントできるウクレレがあるんですね。

最近練習を始めているということで、披露してくれました。

解放弦でポロポロ~ンと音を鳴らすだけで、一瞬でハワイの気分になれるというか、穏やかな音色に全身の力が抜けてリラックスしますね。

 

お姉ちゃんは、指が痛くなるほど一生懸命練習しているようで、とっても上手にメロディーとコードを同時に弾いています。

 

妹は、フレットに貼ったシールを頼りにメロディーを奏でてくれました。さりげなーく、お姉ちゃんがコードで伴奏をしてくれていましたよ。

 

ピアノ以外の楽器で、おうちでも音楽を楽しんでくれている様子が伺えて、とてもうれしくなりました。

ウクレレのような持ち歩ける楽器はどこでもできますし、気軽にアンサンブルが楽しめるのもいいですね。

 

久しぶりに私もウクレレをやりたくなりました。(もう夏は終わってしまいますが・・・笑)

 

また新曲を披露してもらいたいですね。あっ、今度は私も仲間に入れてもらおうかな!

12345...