トップへ戻る

> ブログ > おすすめの練習方法

うまく弾けないところは何が問題か?

いつも間違えてしまう、

いつもうまく指が回らない、

弾きづらいところがある、

 

ちょっと長い曲になってくると、

必ず苦手な部分がでてきますよね。

 

そういう箇所には、必ず共通の原因があります。

 

指使いが不自然か、

その直前の箇所に問題があるか、

この二つです。

 

指使いを楽譜通りに弾くことに嫌悪感がある人は多いと思います。

譜読みの段階で、指使いまで丁寧に見れる子はとても少ないです。

やはり、早く音を出したい、

なんとなくでも良いから弾きたいと思う気持ちは、とても共感できます。

 

早く弾きたいなら、なおさら指使いには慎重になるべきです。

不自然な指使いのまま弾いていると、

正しい指使いに直すのに相当な時間がかかります。自分がしっかり指使いを意識していない場合は、なかなか直りません。

だんだんとテクニックも難しくなってくるので、最初のうちから正しい指使いを使うこともを当たり前にすることがとても大事です。

 

楽譜に書かれている指使いは、

一番合理的で、スムーズに弾くために考え抜かれた方法です。

長年考えられた結果が楽譜に書いてあるわけですから、それを使わずにスムーズに弾く方法は、逆に難しいのです。

ここは素直に指示通りに弾いてみましょう。

時々、その指ではかえって弾きづらいなということもあります。そのときは、自分に合った指使いを考えます。

 

不自然な指使いで弾いていると、

正確なリズムにならなかったり、

粒が揃わないということが起こります。

すると、フレーズの最後まで弾ききることができずに、次のフレーズに入る準備が整わず、前のめりな状態で次に行くことになり、つまずく原因となります。

 

そういう箇所で間違えが起こりやすくなります。間違えた場所だけ練習すればすぐにできるようになるのに、通して弾くと間違えてしまう箇所は、繋がりを練習する必要があります。

 

繋がりがうまくいかないのは、その直前に問題があるからです。

最後の音までしっかり聞いていないときに、次がうまくいかないことが多いです。

 

フレーズの最後があやふやになり、

指は動かしているけれど、音がはっきりしない、はっきりしないということは、耳でとらえていないことになります。

 

まずは、その箇所で聞こえてくるべき音がしっかりと聞こえるまでテンポを落とします。耳でとらえられていると、指の動きがしっかり、はっきりするので、指の形が決まります。

 

それから少しずつテンポを戻していくと、だんだん弾けるようになってきます。

 

最後の音まで聞くとなると、少しテンポを遅くする必要がある場合がありますが、そのテンポの揺れは、音楽的に必要な”間”になることもあるので、聞いている方としては、自然な流れに聞こえてきます。

 

弾いているときの感覚と、

客観的に聞いている時の感覚では

やや違う印象になることもありますが、

そのギャップになれてくると、

ホールでの演奏でもいかされてきます。

 

どのぐらいのテンポの揺れがちょうどよいのか分かってくると、フレーズの繋がりもよくなってくるし、落ち着いて弾くことができるようになります。

 

どうしても間違えてしまうところが決まっているというところは、

 

指使いと、

その直前の箇所に注目して

ゆっくり練習してみましょう。

 

あっという間に弾けるようになると思います!

 

 

短時間で集中して。

本番が近くなってくると、

練習にも熱が入って、

これまでは大丈夫だと思っていた部分も

ちょっと気になって、

何回も繰り返していませんか?

 

何回も練習しているのに、

練習すればするほどなんとなくうまくいかなくなるような

そんな感覚になったことはありませんか?

 

焦りますよね。

 

そんなときは、

思いきって練習を切り上げて、

少し休憩してみましょう。

 

気分を変えて、しばらくしてからやってみるのもおすすめです。

 

これまでたくさん練習してきました。

それなのに、

なんとなく違和感があるのは、

集中力が少しきれているかもしれません。

 

気持ちは焦っているけれど、

変だな???という気持ちに集中していて、音楽に集中しているかどうか?よく分からない状態になっていると思います。

 

そんな状態で練習を切り上げるのは

ちょっと心配になるかもしれませんね。

しかし、

少し離れてみると、

新しい気持ちでピアノに向き合えます。

 

ただひたすらに長時間練習すれば良いというものでもないので、

これから本番までの練習では

短時間で集中する精度をあげていくことを意識してみましょう。

 

まず、一回だけやってみる。

 

そこで前回練習したところがどうなっているか?

 

出来ていれば練習の成果が現れているし、その逆もあります。

 

また時間を空けて、

一回やってみる。

 

次はどうでしょうか?

 

本番は一度きりです。

その一度で、全てを出しきるには

ダラダラと練習するのではなく、

短時間でサッとやるのも

おすすめの方法です。

 

たくさん弾けると安心しますが、

一回だけ、と決めると、

また緊張する練習にもなりますね。

 

 

ひたすら歌いましょう。

本番が近くなってくると、

暗譜が心配になりませんか?

リラックスして弾いているときは

そこまで気にしなくても平気だったのに、

一度気になると、大丈夫かな???と

心配になることがあります。

 

昨日までは心配なく出来ていたところが、

なぜか、あれっ?と分からなくなるところもでてくるのです。

 

あれは不思議ですよね。

それまで全然危ない感じもなかったのに。

 

そんなとき、どうしたらいいのか?というと、

やはり、そういう箇所は読譜が不安定の可能性があります。

本番前に見つかって良かった。

 

なんとなく、、、ではなく、

はっきりと、何の音を弾くのか、

ドレミを一つ一つ分解して、

頭の中に入れましょう。

左手だけの暗譜はできますか?

右手が一緒じゃないと左手は弾けない、なんてことはありませんか?

 

意外と、左手は右手に頼って弾いていることが多いと思います。

たいてい、分からなくなるのは左手の音です。

 

左手だけで暗譜に挑戦してみましょう。

その場合、完全に左手だけと、

右手は鍵盤の上で動かしながら音は出さずに、左手の音だけを出す、というのもやってみてください。

 

かなり弾きづらいでしょう。

 

力の加減も難しいし、

メロディーは聞こえてこないし、

そうなると、

左手の音ってこうなってたの???と

初めて聞くような感覚になるかもしれません。

だから、あやふやだったんですね。

 

左手の動きも、もちろん意味がありますので、そこまで考えられると暗譜は完璧です。

 

しかし、完璧って油断すると、

次の瞬間が危なくなります。

最後まで油断せずに、集中力を高めなければなりません。

 

難しいところが出来ると、

やった~!と、思いがちですが、

やったーなどの言葉は絶対に頭の中に浮かべないようにしましょう。

 

ひたすらに、ドレミを歌い続けるのが一番です。

 

舞台上ではいつもと違う環境なので、いろんなことが気になります。

ピアノの中が見えているだけでも気になるし、

ライトの熱さも気になるし、

お客さんのくしゃみが気になったり、

何かガサガサとしている音も気になるし、

ヒソヒソしゃべる声も気になるし、

集中しようと思えば思うほど、いろいろ気になるし、

普段は頭の中に浮かばないような考えも浮かんでくる場合があります。

なので、それを打ち消すためにも、

ひたすら音楽に集中するように、歌い続けるしかありません。

 

気持ちの”気”がいかに大事かになってきます。

どんなことがあっても、最後まで弾ききるぞ!という気合いというか、そういう真摯な姿勢は伝わるものなので、

気持ちは音に載ります。

 

音楽以外のことは考えずに集中すれば、絶対に良い音楽になるので、あともう少し、まだまだ変われます。

最後まで諦めずにがんばりましょう!

リハーサルで確認したいこと

今回、初めて事前にホールでリハーサルを行うことにしました。

 

レッスンも兼ねているので、一人45分時間を取っています。

そこまでたっぷり弾けることは滅多にない機会ですね。

当日のリハーサルは限られている時間内に終わらせなければいけないので、ただ弾くだけになってしまいます。

 

本番は余裕をもって望めるように、当日になってから慌てないように、心の準備をするためにも、確認しておきたいことを挙げてみます。

 

意外と盲点なのが、

会場までどうやって行くか?です。

電車やバスを使う場合、乗り換えなど重要ですよね。

バスはどのくらいの間隔で本数があるのか、なども知っておくと安心ですね。

車の場合も、一度走っておくことで、安心しますよね。

 

当日は荷物などもあるでしょうから、イメージできると安心です。

 

そして、会場内ではトイレの場所、控え室、楽屋の場所もどこにあるかチェックします。当日分からなくて歩き回ると焦ってしまいますね。余計に疲れてしまいます。

 

ホール内は、舞台の感じなどはもちろんですが、客席の様子なども重要です。

階段状なのか、フラットなのか、どのあたりが聴きやすいか、ビデオなどを録る場合も場所は大事ですね。

それから舞台に上がるまでの道順も必ずチェックしましょう。どこを通って舞台袖まで行くのか、上手なのか、下手なのか、

 

そしていよいよピアノです。

本番に履くくつでリハーサルできると良いですね。もちろん、衣装も用意できるとなお良いです。それだけで気分が変わります。椅子に座るときにスカートがどうなるのか、座り方をどうすればきれいに見えるのか、裾をきれいに見せるにはどうしたらいいのか、くつを履くとペダルの感じもいつもと変わります。

部屋で弾くときはくつは履かないので、高さも違うし、力の入り具合も変わります。

ドレスを着て椅子に座ると、滑りやすいかもしれません。そんな感じもあらかじめ知っておくと、対策しやすいし、本番になってから慌てることもなく、余計なことをかんがえなくて済むので、とても大事です。

 

実際に音を出してみましょう。

ホールに響く感じを味わってみます。最初の音を弾いたときの広がる感じはどうでしょうか?

自分に跳ね返って聞こえてくる音を感じられますか?

低音から高音までまんべんなくならしてみると、ピアノの個性も分かります。

 

ピアノの蓋も全開で弾ける機会もあまりないので、思いっきりならしてみることをおすすめします。

気持ち良いですよ。

 

そして、本番のプログラムを弾いてみます。

狭い部屋では思い付かなかった表現がひらめくかもしれません。

音の広がりを感じながら弾けると、本当に楽しいです。

暗譜が出来ているかどうか、間違えることなどは気にせずに、どんどん弾いてみましょう。せっかく時間がたっぷりあるので、いろんな弾き方を試してみるチャンスです。

 

レッスンで言われたことなどをもう一度思い出してみましょう。

なぜ、言われたのかが急に分かるかもしれません。

特に、間についてしっくりこなかったことありませんか?十分に間を開けるようにと言われても、怖くて出来なかったことありませんか?

 

思いきってやってみてください。

反響している音を聴きながら間を感じると、うまくできることがあります。

そこで感覚が分かると、普段のピアノでもできるようになると思います。

 

ホールによって、残響の時間は違うので、その都度変えたくなるかもしれません。変えようと思ってやるよりは、その場にあう音楽にしようと思うと、自然にそうなる。。。といった方が近いかもしれません。

 

とにかく、ホール一杯に自分の音が満たされるのはとても楽しいし、病み付きになると思います。

 

朝から10時間のレッスンになりますが、なんとか乗りきって頑張ります。

 

確認したいことを書き出してみると、たくさんありますが、人間の感覚はどんなスーパーコンピューターよりも優れているように、一瞬にしてその情報を処理することが出来ます。

何気なく感じていることも、実は重要なことでもありますよね。

人間の感覚って本当にすごいと思います。

 

五感をフルにつかって、

音楽を楽しみましょう!

今だからこそ、見本の演奏を聴いてみよう

新しい曲を宿題にもらったとき、

見本の演奏を聴きますか?

 

自分で演奏する前に見本の演奏を聴くかどうかについは、賛否両論です。

自分で勉強する前に聴いてしまうと、その印象が強く残り、自分なりの解釈が出来なくなってしまうとか、真似をするのは良くないとか、言われることがあります。

 

私は、先生から直接、聴いてはいけませんとか、聴いた方がいいとか、直接言われたことはありあせんが、

先生もいろんな人の演奏を参考にしているのか!と知ったときは、一人の人に限定せずに、たくさんの人の演奏を聴くのは、とても勉強になると分かりました。

 

譜読みをする前に覚えてしまうほど聴き込むと、たしかに、自分なりの解釈を勉強するよりも先に、イメージで弾いてしまいそうです。

最初は、一通り、曲の全体の感じを掴むぐらいで良いでしょう。

ある程度弾けるようになって、楽譜の読み込みも大分進んでくると、分からないことがでてきたり、なかなか思いどおりにいかないところが出てくるでしょう。

そのときに、また聴くと、新しい発見や、その人の解釈などが良く分かるようになり、とても参考になると思います。

 

さて、発表会本番まで約2週間。

最後の追い込みの時期です。

順調に練習は進んでいますか?

普段のレッスンよりも長く一つの曲を練習しているので、もしかしたら慣れてきて、楽譜をよく見ないで弾いているかもしれません。

そこで、楽譜を見ながら、見本の演奏をきいてみることをおすすめします。

すると、今まで見ていたはずなのに、見えていなかった記号や楽語があるかもしれません。自分の演奏とどこか違うところはありますか?

 

演奏に合わせて、一緒に指を動かしながらきいてみるのも良いでしょう。

最後までメトロノームのように、一定のテンポで進むことは稀です。

どこかでたっぷり伸ばしたり、呼吸のための間があったり、だんだんゆっくりになったり、速くなったり、

 

レッスンで、もっと呼吸をして、という箇所で、何度やってもしっくりこない場所などありませんか?

そういうところは、見本の演奏に合わせて指を動かしてみましょう。

どんなタイミングなのか、漠然と聴いているよりは、分かりやすいはずです。

 

まだ練習を始める前に聴いたときと違って、自分なりに弾けるようになってきているので、より深く聴くことができます。

 

そしてできれば、一人の人の演奏ではなく、数人違う演奏を聴いてみましょう。

すると面白いことを発見するかもしれません。同じ楽譜を見ているはずなのに、微妙に演奏が違うからです。

どういうところが違いますか?

自分の演奏に一番近い人の演奏はあるでしょうか?部分的に好きな箇所が全部違う人の演奏かもしれません。

 

ここはAさんの演奏が素敵だけど、

別のところはBさんの方が好きだな。

とか、自分の好みが分かってきます。

 

そこで、自分の演奏も録音してきいてみるのも良いでしょう。

弾けるようになってきたからこその練習方法です。

 

今はYouTubeで検索すれば、たくさんの人が演奏している動画を見つけることができます。アマチュアからプロの演奏まで、実に様々です。なるべくプロの演奏を聴いてほしいのですが、アマチュアの方の演奏もぜひ聴いてみましょう。

プロとどういうところが違いますか?

 

そして、自分の演奏はどうでしょうか?

 

やっているつもりのところはありませんか?

 

2週間あればできることはたくさんあります。

 

ここから一気に仕上がってくるでしょう。

集中力の質が上がってくる時期でもあるので、ここからの追い込みがどの程度できるか、楽しみですね。