トップへ戻る

> ブログ > おすすめの練習方法

勢いで弾けるか?

音楽には流れがあります。

川の流れにもにたような感じです。

不思議なもので

テンポは同じでも

その流れがあるかどうかで

印象が全然変わってきます。

どんなにゆっくりな曲でも

流れがあれば、長く感じずに

あっという間に終わる感じ。

逆に、ゆっくりな曲で流れが止まってしまうと

まだ終わらないのかなー?と、

とても長く感じます。

 

人間の感覚は不思議ですよね。

 

音楽毎にちょうど良いテンポがあって、

それがぴったり合ったときは

大変気持ちよく演奏できます。

 

そして似たような言葉に

“勢い”があります。

もちろん音楽にも勢いが必要なときがあります。

音楽を進ませる力とでも言えますね。

曲の持っている勢いを表現するのは

素晴らしい事です。

しかし、あやふやな部分を勢いで弾いてしまうことは

なんだかとても不安です。

 

曲のある部分でとても細かい音符でテンポも早く、一瞬で終わるような部分です。

主に半音階が主となり、

両手で半音階を響かせつつ、

中の細かい音も半音階で下りてきます。

 

とても細かい音符だし、

テンポも早くなるし、

おそらく自分で弾いていても

正しい流れで弾けているかどうか

分かりかねます。

 

そもそも音も合っているのか。。

 

ひとつひとつの音を確認するのは

意外と面倒に感じるものです。

ましてや何となく最後まで弾けている場合、細かい指示をどれだけみているか、

とても気になるところですね。

 

細かい音符で早く弾くときには

勢いが必要ですが、

音やリズムがあやふやな時は

勢いで弾くととても危険です。

 

どう危険かというと、

ハッと何か気になったとき、

今自分はどこの場所を弾いていたんだろう?と

分からなくなることがあります。

頭の中が真っ白になって、

どこからやり直していいものか、

何の音だったか、

自分でもびっくりするほど抜けてしまうのです。

 

普段から勢いに任せて

多少音がグチャッとなっても気にせず

練習して気分になっていると

本番では冷や汗ものです。

 

ここは面倒くさがらずに

ひとつひとつの音を確認し、

暗記で言えるようにする必要があります。

 

なんとなく弾いているように見える

ピアニストも

驚くほど詳細に音を覚えて

歌えるようにしていると思います。

 

歌えないと弾けないし、

歌えるようにしか弾けないのです。

 

だから、日頃からしっかり歌って弾くようにしている人にとっては

本番はそんなに緊張もしないでしょう。

 

全ての音をクリアに覚えることは

最初は面倒に感じるでしょう。

しかしよく楽譜を見てみましょう。

同じようなパターンでできているところはありませんか?

このパターンをいかに見つけられるかが

暗譜を楽にしてくれますし、

弾きやすくしてくれます。

 

指だけで覚えないようにしましょう。

 

勢いだけでは絶対に安心して弾けません。

本番では何が起こるか分かりません。

客席から急にくしゃみの声などが聞こえてくるかもしれないし、

ライトが眩しく感じながら弾かないといけないかもしれないし、

いつもの部屋で弾いているようには

いかないのが本番です。

 

そこで集中するには

歌うことなのです。

勢いに任せず、確実に弾けるようにして

本番に望めば、

いつものような演奏ができるでしょう。

 

 

ハノンで計算が早くなる?

100日チャレンジ87日目。

いよいよゴールが見えてきました。

我ながらよく続いています。

ここまでくると、

続けるのは大変だ、とか、

続けられなかったらどうしよう、など

ネガティブな気持ちよりも、

ゴールしたときの気持ちを考えると

ワクワクしてきます。

 

振り返ってみても

あまり大変という印象はなく

書くことにも困らずに

自分でも思ってた以上に

できるんだなぁと驚きました。

 

ブログやSNSを毎日続けるのは大変です。

と、よく聞くけれど

とにかくやってみないと

大変かどうかも分からないのでは?

と、今なら思います。

 

さて、先週ぐらいから

100日チャレンジやってみたい!と

手を挙げてくれた子がいます。

私が始める頃に一度誘ってみたものの、

んーーーー渋ってそのままでした。

毎月書いている教室のお手紙に

他のおともだちの途中経過などを書きました。

その影響もあるのか?

おともだちの変化を知って、

やりたくなってくれたようで、

その子は

毎日ハノンを弾くチャレンジをスタートしました。

 

お母さんから早速その後の様子を

教えてもらうと、

毎朝5分程度ハノンを弾くようになって、

頭がシャッキリして

計算が早くできるようになったそうなのです!

 

ハノンで計算が???

 

ハノンは指の独立のために

とても有効なテキストですので、

ハノンを続けて

すらすら指が動くようになった、

良い音が出せるようになった、

という変化はよく聞きますが、

計算が早くなったとは初めて聞きました。

 

指先を使うことは

脳をたくさん働かせることになります。

ピアノを弾くときには

脳のいろんな部分を同時に使わなければいけないことを実感します。

 

車の運転に似ています。

 

慣れてくれば自然にアクセルを踏んだり、

ブレーキに足を伸ばしたりできますが、

慣れるまではぎこちない動きになりますよね。

それに知っている道なら

前もって曲がる角や信号の場所など

余裕をもって準備できますが、

初めての場所で、目的地を探しているようなときは本当にあちことに気を配って

事故にならないように

最新の注意を払いますね。

 

この状態によくにています。

 

頭をフルに使わないと

ピアノは弾けないので、

朝練習することで

脳が目覚めるのでしょうか?

 

シャッキリする、って

なかなか良い表現ですね。

 

その子にとっては

まだまだ始まったばかりの

100日チャレンジなので、

今後の変化が楽しみです。

 

一日5分を続けることの威力を感じてくれることでしょう。

 

だって0分だとしたら、

100日たっても0分ですが、

5分続けたら

100日後は500分。

8時間20分ですよ!!!

 

0分と

8時間の差は歴然ですね。

 

 

音を掴もう

ピアノは鍵盤を押すと音が出ます。

 

誰が押しても決まった音が出ます。

弦楽器や、金管楽器、木管楽器は

音の出る場所を探して

弦を弓で擦ったり、

ピストンを押して息の強さを変えて

音の高さを変えるなど、

まず音が出るまでに時間がかかりますね。

 

そう考えると、

ピアノは誰でも簡単に音を出すことができます。

 

同じように鍵盤を押しているのに、

人によって音色が変わるのが

ピアノの面白い所です。

それに、直接指で触っているところで音が出るのではなくて、

音が出る場所は鍵盤からちょっと離れたところなのに、

弾く人の個性が出るのも面白いですよね。

ただ押しているようで

そこには複雑な何かがあるようです。

 

日によって、体調によっても

音が変わります。

ちょっと集中が欠けたり、

何か心配なことがあれば音色に出ます。

指の感覚の鋭さ

皮膚感覚の鋭さって凄いと思いませんか?

それがイメージするだけで出来てしまうのです。

 

そこでおすすめしたいのが、

音を掴むという感覚です。

自分がほしいものがあるときは

それを指先でグッと掴みますよね。

それと同じように鍵盤を掴みにいくのです。

 

この音が欲しい!!!

そして本当に鍵盤を掴むように指先を使います。

すると積極的な音色に変わります。

漠然と鍵盤を押しているだけの時とは違って、

意思が感じられる力強い音になります。

大事な音、

外したくない音、

気持ちを込めたい音の時、

鷹や鷲になったつもりで

獲物をグッと掴むように

鍵盤を掴んでみてください。

狙った獲物を絶対獲るぞ!というつもりで

積極的に狙います。

 

鷹や鷲は

獲物が獲れなかったらどうしよう?

なんてきっと考えていませんよね。

強い気持ちで狙っている間は

おそらく集中力も高まっているでしょう。

どうしよう???と

考えている余裕があるときは

音楽のことを考えているようで

集中力は低い状態です。

 

スタッカートの弾んだ音を出すときも、

ぜひ掴むような感覚で弾いてみてください。

指先がキュッとしまって

音もしまってきます。

 

掴む感覚に慣れてくると、

自信もついてきますよ。

 

 

聞くと聴く

「音をよく聴きなさい」

先生から何回も注意されました。

 

子どもながらに、

こんなにピアノの音がよく聞こえてるんだから、

聞いていないわけないのに、

なんで先生は聞きなさいって言うのかな?と、

とても不思議に思っていました。

聞いているはずなのに、

なぜもっとよく聞きなさいなのか

分かりませんでした。

 

漢字にも二種類ありますね。

聞く

 

聴く

違いが分かりますか?

簡単に説明すると

聞くは、聞こえている、

聴くは、意識をもって聴いている

ということになります。

主体性をもっているかどうかですね。

演奏している時には

もちろん今、弾いている音を聞いていないと演奏できません。

しかし、ちょっと先のことも考えていないと、

身体の準備が間に合わずに、

イメージした音を出すのは難しくなります。

すると、フレーズの最後の音などが

雑になってしまうことが多々あります。

 

先生から

「よく聴いて」と指摘された部分は

こういうフレーズの切り替え場所、

雑になりがちなところも丁寧に、

という意味合いもあったことが

分かるようになりました。

 

聴いているようで聴いていない状態なのです。

指を動かすことに集中しすぎると

音を聴かないで演奏してしまうこともあります。

でも、本人の感覚としては

音が聞こえているので

聴いていると思い込んでいます。

しかし、自分でどんな演奏をしたのか

あとから思い出すことが出来ずに、

結局よく分からなくて、

どこをどう改善したら良いのか分からないので、

何度も同じようなことを繰り返すだけの練習になってしまいます。

楽譜も見ているようで見てない状態なので、

楽語や記号を見落としていて、

指摘されて初めて目に入るということも

珍しくありません。

 

先のことも考えつつ、

今弾いている音も丁寧に聴くことが

できるようになってくると、

イメージ通りの音が出せるようになり、

有意義な練習ができるようになってきます。

ただ自分では

やっているつもり・・・という思い込みがあるので、

客観的に自分の演奏をしながら聴くというのは

難しい場合もあります。

そんなときは

録音した演奏を聴くことも

とても勉強になります。

自分ではやっているつもりなのに、

まだまだ足りない、

まさか!!!という発見がたくさんあります。

自分が先生になったつもりで

自分の演奏を聴くこともおすすめします。

 

客観的に自分の演奏が聴けるようになると、

メキメキと上達しますよ。

 

 

 

 

途中からでも弾けますか?

部分的な練習は好きですか?

 

一日の練習で、

最初から最後まで通して弾くのは

何回ですか?

 

初歩の段階で、

1曲が4小節、8小節でできている場合は、

部分的な練習だけというのは

現実的ではありませんね。

でも、短い曲でも

弾きやすい部分、

ちょっと間違えやすい部分、

難しい部分など

それぞれ得意・不得意な部分があると思います。

 

通した練習だけだと、

苦手な部分をできるようにするには

とても時間がかかります。

苦手な所は何度通しても

苦手なままです。

 

苦手、または弾きにくい部分には

必ず原因があります。

音を正しく読めていない、

指使いに無理がある、

リズムが正しくない、

など、

その原因を考えて、

対処しなければならないので、

そこだけを取り出して練習する必要があります。

 

時々、苦手な部分だけ弾いてもらおうとすると、

途端に音が分からなくなってしまい、

結局最初から弾かないと弾けない

という事態が起こることがあります。

 

これは、本当の意味で弾けているとは言えず、

一連のからだの動きだけで、無意識に

弾けているのです。

弾けているようですが、

残念ながら定着はしないでしょう。

 

この状態で本番を迎えるのは

とても危険です。

緊張すると、身体は思いもしないような

反応をすることがあります。

まず、心臓がドキドキするだけでも

いつもと違う!どうしよう!

となってしまいます。

客席の音や雰囲気が気になったり、

ライトが眩しく感じたり、

着なれないドレスや靴なので

着心地が気になったり、

とにかく普段とは環境が全く違うので

気になるのは当然でしょう。

そのなかで普段通りの演奏をするのは

至難の技です。

 

無意識に弾けていたことでも、

急に意識に上ってくることがあり、

そうなると、

急に、いつもどうやって弾いていたんだろう?

と自分でも不思議な感覚になることがあります。

 

出だしの音から分からなくなる場合もあります。

 

鍵盤の位置も、

あれ????ということもあります。

真ん中のドってどこだっけ?

 

思い当たることありますか?

 

ですから、

普段の練習でも

無意識に弾かないように、

苦手な部分こそ入念に練習し、

どこからでも弾けるようにしておくことが

重要です。

 

途中でも音やリズムがはっきり分かると、

どんなに長い曲でも

安心して本番に望むことができます。

 

どの部分でもはっきり分かっている状態は、

曲の内容や構成を理解できている状態です。

不思議なことですが、

ただただ通して弾いている時は

曲が長く感じられます。

おそらく聞いていても感じるでしょう。

それが、曲の構成が理解できていると、

飽きずに弾いたり、聞くことができます。

 

もし、自分で弾いていて、

曲が長く感じるようだと、

内容や構成の理解が不十分な状態だと考えられます。

 

暗譜の助けにもなるので、

ぜひ、曲のどこからでも弾けるように

練習してみてください。