トップへ戻る

> ブログ > おすすめの練習方法

指使いはどうする?

風もなく気持ちの良い朝だったので

ちょっと遠出して

歩いてきました

広々して気持ちもスッキリ

 

さて、ピアノの練習をしていて

面倒だなと思うひとつに

指使いをどうするか?

という問題はありませんか?

 

譜読みの段階では

ただでさえ細かい音符で

たくさんの音を見ているときに、

指の番号まで気が回らないですよねー。

 

そのうちに音を覚えて弾いてしまって、

楽譜を見ないで練習していませんか?

 

なんとなく弾きづらいけれど、

どうにかなっているから

そのままにしていませんか?

 

音は合っていても、

弾きづらそうにしている時に、

指を見てみると、

楽譜とは違う指使いをしていて、

かえって難しい指を使っていることが多いです。

進行上無理な指使いをしています。

 

ほとんどの教本では

書いてある指使いをした方が、

弾きやすく、

簡単に弾けます。

 

だんだん曲の難易度が上がってくると、

たまに書いてある指使いよりも

自分で考えた指の方が弾きやすくなることもあります。

 

習い始めの数年は

楽譜どおりの指使いを守ることをおすすめします。

 

学生時代に、パイプオルガンを3年間履修していました。

 

最初に先生に教えてもらったことは

良い音を出すには

良い指を使いなさい

 

パイプオルガンの場合、

鍵盤上では音の強弱はつけられません。

ギリギリまで音を伸ばしたり、

軽く切ったり、

弾き方の工夫をして

音にメリハリをつけます。

音の種類も楽器ごとに組み合わせて

音を作っていくので、

その音に合う、弾き方を工夫します。

ピアノとは全然表現方法が違います。

 

そのときに、大切なのが指使いで、

ピアノではやらないような使い方をする場合があります。

 

例えば、

音階を弾く場合、

ピアノでは1の指をくぐらせて

不自然なアクセントがつかないように弾きますが、

オルガンでは1の指はくぐらせません

2・3を繰り返して使うようなこともあります。

それは音の繋がり方を見て決めます。

 

というように、

オルガンの場合は、ピアノよりも指使いが厳しく決められています。

 

良い音を出すための指使いなのです。

 

もちろん、ピアノの場合も

良い音を出すために

指使いがあるわけで、

大事な音、絶対に外せない音には

力の伝わりやすい指を使うのが良いですよね。

そこに無理な指を使ってしまうと

どうなるか、想像できると思います。

 

最初は大変かもしれませんが、

そのうちに、

このテクニックの時には

この指使いだ!

と、指使いの傾向が分かってくると思います。

そうなってくると、

いちいち楽譜で確認しなくても

正しい指使いで弾けるようになってきます。

 

パターンがあるのです。

 

長年専門家たちが研究を続けてきて

一番弾きやすい指番号が書いてあるので、

それを使わない手はありません。

 

指番号まで意識するなんて!!!と

尻込みしてしまうかもしれませんが、

急がば回れ。

きれいに弾けるようになるための

一番の近道ですよ。

 

 

 

左手の音は重要です。

日頃から

歌が大事!

歌うことが大事!

歌いながら弾いて!

歌えれば弾けるから!

しつこいくらいに言っています。

そのとき、歌っているのは

たいていメロディーですよね。

もちろんメロディーは大事なのですが、

ハーモニーも音楽を形作る上では

とても大事な要素です。

 

ちなみに、クラシック音楽において

音楽の三大要素は

メロディー、ハーモニー、リズム。

リズムも本が何冊も書けるほど

語る内容がたくさんあります・・・

 

さて、ハーモニーは左手の音、

つまり低音がとても重要なことが多いです。

 

しかし、音楽として耳に残りやすいのは

メロディーが多いので、

覚えるときもメロディーは簡単です。

そこで問題なのが、左手の音です。

同時に二つの音を歌うことは出来ません。

小学生ぐらいだと、

弾いているうちになんとなく覚えられるのではないでしょうか?

 

これが危険です。

 

からだの動きとして

なんとなく覚えている状態だからです。

これは無意識で弾けている状態なので、

一旦、意識してしまうと、

本番などの緊張状態では

分からなくなる可能性が高いです。

 

そうならないように、

普段から左手の音も意識して弾けるようにする必要があります。

左手だけ暗譜で弾けるかどうか、

ぜひ試してみてください。

 

かなり難しく感じられるでしょう。

 

右手はお休みして、

左手だけを弾く場合と、

 

右手は鍵盤上を動かしているけど

音を出さずに指を動かしながら、

左手を弾いてみてください。

いかに、右手の動きに頼っていたかが

よく分かると思います。

 

ショパンは、

左手は指揮者の役割である。と

語ったそうです。

テンポを保つ役割や、

響きの土台を作る役割、

右手のメロディーが最高にきれいに聞こえるように、

左手は環境を整えるような役割でしょうか。

 

ショパンの曲を演奏するとき、

左手の音に自信をもっていると、

とても安心して演奏することが出来ます。

 

たいてい、暗譜が怪しくなるのは

左手が怪しい時なのです。

もし、メロディー部分に何か突発的に事故が起こっても、

左手が止まらなければ

なんとか繋ぐことが出来ます。

 

習い始めの時から、

練習するときは

左手を弾きながら、右手を歌うことをやってもらいます。

そうすることで

両手もスムーズに出来るようになりますし、

曲が大きくなってきてからも

応用できる練習です。

 

これをしっかりやってくる子と

そうでない子では

進み具合にも差が出てきているように思います。

 

ぜひ、左手の音に意識を集中させて

練習してみてくださいね。

 

 

弾き直さないで弾くために

すらすら弾けるようになるまでには

途中で間違えたり、

止まってしまったり、

うっかり楽譜に書いてあることを見逃してしまったり、

いろんなことがありますよね。

 

音がだんだん増えてきて、

曲も長くなってくると

覚えることも増えてきます。

 

練習していて、

無意識に弾き直していることありませんか?

 

「あっ、間違えた」と、

瞬間的に弾き直すことありますよね。

譜読みの段階では多いと思います。

だんだん弾けてきているのに、

弾き直すことが多くなってくると

対策をする必要があります。

 

本番で、人前で弾く時に

無意識に弾き直してしまうからです。

練習中に無意識にやっていることは、

本番では急に意識に上がってくることがあります。

 

そうなると、

いつも無意識だった分、対処することが難しくなります。

 

最悪の場合、

止まってしまい、

途中からだと思い出せないのです。

 

何度、本番で怖い思いをしたことでしょう。

全て私の体験談です。

 

 

音楽は一度始めたら

何があっても最後まで流れを止めてはいけない!

先生から厳しく指導されました。

 

暗譜があやふやになったり、

いつも出来ているのに出来なかったり、

本番では思いもよらないことが多々起こります。

それでもなんとかして流れを止めずに

続けなければなりません。

そのためには強い精神力が必要なのです。

 

気軽に弾き直すことをしていた私に

先生は

「自分に甘すぎる」

 

と、

 

甘い??????

まさか自分が甘いから弾き直すだなんて

考えもしませんでした。

 

それから意識して弾き直すことをしないように

注意しました。

そうすると、先生が言っていた

自分に甘いというのは本当でした。

 

なんとかして繋げよう

そのためには集中していないと

心の中で歌っている音楽が途切れてしまいます。

集中しているつもりでも

余計なことを考えていたり、

音を聴いていなかったり

なんとなく弾いていたりしていました。

 

何度も本番で怖い思いをしながら

弾き直す癖を克服しようと

努力しました。

本番だけ頑張っても難しく、

いつも本番のつもりで練習していないと

本番で集中することが出来ませんでした。

 

本番で集中するためには

とにかく心の中で歌うこと。

それに尽きます。

 

その練習はピアノに向かっていないときにも出来ます。

電車に乗っているとき、

次の駅まで5分だとしたら、

5分ぐらいの曲を頭の中で歌います。

最後の音まで頭の中で再現できたら

本当の意味で暗譜ができています。

最後まで歌いきるというのが

意外と難しく、

途中で分からなくなったり、

同じところをぐるぐる繰り返してしまったり、

いつのまにか他のことを考え始めてしまったり、

あやふやだと出来ないのです。

 

子どもたちとのレッスンでは

歌いながら弾くことを宿題に出しますが、

家だと恥ずかしいのか

やりたがらない子もいるようです。

そうすると、

機械的な音楽になってしまい、

途中で分からなくなると

最初からじゃないと弾けない。

途中からは分からない、

間違えるとすぐ最初に戻ってしまう。

何度も同じところを弾き直す

という状態になってしまいます。

 

こういう練習だと

音楽の流れを身体で感じることが出来ないので

完成するまで時間がかかりすぎてしまいます。

短い曲のうちから歌うことに慣れましょう。

 

指の動きがスムーズにいかない場所、

何度も音を間違えてしまう場所などは

取り出して、部分練習をします。

短い単位で練習して、

出来るようになってきたら、

少しずつ前の部分を付け足して長くしていきます。

間違える場所は

その前からの繋がりが悪い場合もあるので

少しずつ繋げて弾けるように

していきます。

 

そして、通して弾くときは

弾き直さないようにして最後まで弾きます。

 

日々の練習を工夫することで

かえって短い時間で出来るようになります。

 

弾き直す癖を直し、

音楽に集中して演奏できると

自分らしい表現が出来るようになります。

 

 

 

音が出る前から音楽は始まっている

「音が出る前から音楽は始まっている」

いつ頃言われた言葉か忘れてしまいましたが、

どういうこと???と

戸惑ったのはよく覚えています。

 

先生は、音を出す前、

楽譜に書かれた一番最初の音を出す前から

音楽の流れは始まっているから、

その流れにのって曲を始めるように、

という意味だったようです。

 

最近、この言葉の意味が

よく分かるようになりました。

 

最初の音を出すための準備が

出来ているときと

出来ていないときでは

音の質が全く違って、

そのあとどんなに良い流れを作ったとしても、

印象が決まってしまいます。

 

ピアノは指で演奏して、

音が出る場所も自分から離れているので、

なんとなく機械をいじっているような感覚に

なりがちです。

ですが、呼吸を意識することで、

指先に神経が行き届き、

心を感じられるような音になります。

 

身体の使い方としては

声を出すときと同じような準備が必要です。

 

歌を歌うときは、

必ず息を吸いますね。

吸うためには、音楽の流れにあらかじめのっていないと、

不自然な歌になってしまいます。

歌の場合は、前奏などがあることが多いので、

自然の音楽の流れにのって

歌い出すことができます。

それと同じようなことを

ピアノを弾くときもします。

無音の状態から音楽を感じて、

その流れにのって身体全体で呼吸をして

一番最初の音を出します。

 

この出だしの音がうまく出せるようになると、

自然な呼吸をしながら演奏をすることが

出来てくるようです。

演奏することに集中していると

意外にも呼吸をしないで

演奏していることが多いです。

そういう演奏は、聴いている方も

息苦しくなってきて、

無表情な演奏に感じます。

 

絵本の読み聞かせや、

朗読に例えると分かりやすいですね。

棒読みの朗読は呼吸が単調で、

抑揚が無いですよね。

指先を動かすことだけに集中してる演奏は

こういう棒読みの状態です。

 

表情豊かな演奏のためには

まず歌うことが大事です。

歌うことは音楽の全ての基本です。

ピアノ以外の楽器でも同じです。

 

今すぐにピアノを習うことが出来ない場合など、

まずは歌うことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

練習したくなる雰囲気を作ろう!

ずいぶん前のことですが、

知り合いのお母さんから、

「子どもにピアノを習わせたいけど、

家で練習しないと思うんです。」

と、話を持ち出されて、

「やる前から、練習しないって

言っちゃうんですね」

笑って言いましたが、

困ったなぁーとヒヤヒヤしました。

結局、ご縁がなかったので

ある意味ホッとしました。

おうちでの練習をどうしたらいいか?

これは私が子どもの頃から、

いや、もっと前から

そして、今も永遠のテーマでしょう。

最初は喜んで練習していても、

だんだんやらなくなってきたり、

面倒になってきたり、

お友達と遊ぶ時間の方が長くなったり、

お母さんに言われないとやらなくなったり、

 

練習にまつわるエピソードは

本当にたくさんあると思います。

 

お母さんは、せっかく習わせているから

家でもたくさん練習してほしいと思い、

「練習しなさい!」

言いますよね。

すると、子どもは

「いま、やろうと思ってたのに」と

うるさそうに答える。

 

言われる前に練習してくれたら

どんなに良いだろう~

どうやって声をかけたら良いのか

悩むところですね。

 

正直言うと、

小学校1・2年の子が、

自分からすすんで練習するというは

まれだと思います。

学校の宿題や、歯磨きを習慣にするまでは

親の手助けが必要なのと同じで、

ある程度習慣になるまでは

お母さんと一緒に練習するのが一番良いと思います。

 

3・4年生頃には

そばについていなくても、

何となく自分で練習できるようになって、

5・6年生になれば

自分から考えて練習できるようになってるなというのが

私の印象です。

 

なので、習慣にするまでは

お母さんも一緒に楽しめるような雰囲気作りを心がけてみてください。

 

家で練習する時間をだいたい決めておいて、

「◯◯時になったら練習しようね」

いきなり練習しよう!だと、

子どもも何か他にするつもりでいた場合

なかなか気持ちが切り替わらないこともあります。

 

「あと10分で練習するよー」

具体的にそろそろ始める気分になるように声をかけるのも良いでしょう。

何かしている場合、それが終わらないと次の行動に移せない場合もあります。

子どもなりに気が済まないと終われないこともあります。

 

少しずつ声をかけておくことで

これが終わったら次ピアノをやろうと

心の準備をする時間が必要です。

 

お母さんが声をかけた瞬間に

気持ちが変わることはなかなか

無いと思うので、

少し待ってあげてください。

 

◯◯ちゃんのピアノを聴きたいな。

子どもたちにはお母さんの喜ぶ顔を見たくて、

一生懸命やってくれるでしょう。

ただ、これはあまり多用してほしくはありません。

そのうちにお母さんの為にやることになってしまって、

お母さんがやれって言ったからやってる

となってしまってはいけないからです。

あくまでも

ピアノを弾きたいと始めたのが自分なので、

自分のために練習をするように

ならないといけませんね。

 

絶対に、

「練習しないならやめなさい」

これは言ってほしくない言葉です。

 

ポキッと気持ちが切れてしまうこともあります。

 

 

音楽は新しい言語を習得するプロセスと似ています。

一朝一夕では身に付けられません。

 

少しずつでも継続することができれば

瞬間的には停滞しているように見えても、

必ず前進しています。

 

1年前、3年前の自分と比べてみてください。

 

できるようになっていることが

たくさんあるはずです。

 

続けるモチベーションを

保ち続けるには

弾いてみたい憧れの曲をたくさん見つけることです。

 

ピアノには数えきれないほどの名曲があります。

 

ぜひお気に入りの曲をたくさんみつけて

弾いている自分をイメージしてみてください。

 

きっとどんどん練習したくなりますよ。