トップへ戻る

> ブログ > おすすめの練習方法

立って弾くこともありますよ!

ピアノってちょこんと椅子に座って

優しく優雅に弾いているイメージですか?

 

見た目以上に全身運動です。

指先に体重を乗せて弾いています。

足でしっかり身体を支え、

腹筋と背筋で上半身を支え、

でも肩や腕の力は抜き、

手首の力も抜いて、

指先に力を伝えて鍵盤を弾きます。

 

これがとっても難しい。

肩や腕の力を抜いてーと言うと、

指先までダラーンとなってしまい、

フニャフニャになってしまいます。

それだと、良い音はでないので、

関節を立ててーーと言うと、

余計なところに力が入ってしまいます。

 

その子によって

どんな説明が分かりやすいのか

ポイントが違うので、

私も試行錯誤です。

 

時々、立って演奏してみたり、

ジャンプしながら弾いてみたり、

隣で私の方が息切れしている時も・・・

 

ピアノは運動の要素も大事です。

これから寒くなってきますが

外で思いっきり身体を動かして

体力をつけると共に、

体の使い方もたくさん経験してほしいです。

 

ボールを使った遊びは

リズム感を養うにもとても良いですね。

キャッチボールって

コミュニケーションなので、

知らず知らずのうちに

お互いを思う気持ちを育まれますね。

ボールを扱うことで

指先も使うので、

ピアノを弾いている方には

本当におすすめです!

ぜひ!

 

 

 

夏休み特別レッスン、後半戦スタート

6日間の夏休み特別レッスン、後半戦がスタートしました。

 

メンバーが二人増えて、

これまで一人で頑張ってきたAくんは嬉しそうな表情。

 

今日からスタートの二人は、ドキドキしている様子でした。

 

やはり、たった3日と思いがちですが、3日間の経験があるのと無いのとでは出来ることに違いが出ると分かり、いろいろと教えてあげる場面もありました。

 

Aくんのお母さんによると、

お家での練習の時にも、今回の特別レッスンの効果を感じているそうです。

 

まず、ピアノの音が変わった。

 

これにはお父さんもびっくりだったようで、

 

芯のある音っていうんですか?

しっかりとした音が出るようになりました。

とのことでした。

 

そして、今回の課題である“半音階”です。

半音階がたくさん含まれているバイエルの曲でアンサンブルをする予定で、課題を前もって出していました。

しかし、苦手意識が強く、練習する気がなかなか出ませんでした。

気がのらないからといって、やめるわけにはいかないことを説明し、とにかく回数を重ねることが克服の鍵とし、一緒に何回も何回も練習しました。

 

回数を重ねるにも工夫が必要で、楽譜通りにそのままやるだけではなく、声に出して歌ったり、リズムを変えたり、構成を見て、私と部分的に交代して弾いたり、飽きないように、でも効果が出るように工夫します。

 

からだが覚えるまでやります。

 

少しずつ出来るようになっていきますが、なかなか完璧に出来るようにはなりません。

 

その時大事なのが、諦めない気持ちです。

 

Aくんは出来るようになっている部分が増えているにも関わらず、出来ないことに焦点を当てすぎて、自分は全然出来てないと思い込み、気持ちが萎えていました。

 

ここからが踏ん張りどころです。

気がのらないからやらない。

出来るようにならないからやりたくない。

 

このままではいつになったら出来るのでしょうか?いつもこの調子では、自分に自信をつけられないまま、出来る喜びを感じられないままになってしまいます。

あともうちょっとのところまで来ていました。

あと、数ヵ所意識するだけですが、前向きな気持ちが沸いてきませんでした。

 

そこで3日目のレッスン後にお願いしたのが、

お母さんからの励ましです。

今回、一日3時間もの長い練習を三日も続けていることは、これまでにない、特別なことなので、盛大に盛り上げてほしいということです。

いつもよりちょっとオーバー気味に応援してあげてくださいとお願いしました。

★どんなことやってるの?

★どういうところを注意されたの?

★聴いてみたいな。

★すごいできるようになってるね、

★すごいがんばってきたね

などなど・・・・

 

金曜日は一日お休みして、

土曜日4日目のレッスンでは

自信満々の笑顔で

「出来るようになった!」と話してくれました。

 

そして、他のメンバーの子が

びっくりした眼差しでAくんを見ていました。他の二人は、3日前のAくんとそっくりでした。

 

私は、どんな子でも、正しい練習のしかたをすれば、弾けるようになると信じています。出来るようになるまで練習をするという経験が少ないので、ちょっとやってみてできなければ諦めるというパターンになっている子が多いような印象を受けました。

子供だから、趣味で弾ければ良いから、どうせプロにはならないから・・・ここまでで良いという制限を設けたら、本当に音楽を楽しめるようになるところまでいけるでしょうか?

 

将来、趣味で弾けるようになるからにはこそ、小学生の時期に、からだが覚えるまで技術を身に付ける必要があると思っています。

 

ピアノを弾けるようになるために、どうしても越えなければいけない、その子なりのメンタルな課題があるように思います。心構え次第なのです。

時には厳しく感じるときもあるかもしれませんが、そこを避けたり・逃げてしまってはなにも達成することができません。

厳しく感じるということは、そこをなんとかしなければいけないと、自分でわかっているということです。

“耳が痛い”という表現もありますよね。

図星だからですね。

 

ピアノが弾けるようになりたいという夢を持って教室に通うわけですから、弾けるようになる、弾けるようにする、これは自分の夢を叶えていることですね。

ひとつ自分の夢を叶えられれば、その先の人生の夢も叶えられる人になると思いますよ。

 

そして、皆さんが自分の夢を叶えて、その側に音楽があったら、ピアノの先生としてそれ以上の喜びはありません。

 

あと2日。

一日3時間の夏休み特別レッスン、頑張ろう!

 

 

夏休み特別レッスン、楽しい!

3時間のレッスン。

いつまでも終わらないイメージですか?

 

ところが、始めてみると

 

“もう終わり???”

 

という感覚なんです👀‼

 

これには私も驚きました。

予想していたよりもあっという間に終わってしまいます。

最初にソルフェージュをやります。

 

聴音といって、ピアノで弾いた音を書き取ります。初めてやってみましたが、スムーズに出来ました。

ト音記号の書き方、

小節線の書き方

すると、普段何気なく見ている楽譜にも、たくさん気を付けるポイントがあることが分かりました。

そして、読譜の特訓。

スラスラ楽譜が読めるようになるには、たくさん読むことです。

 

なかなか楽譜が読めるようにならないというお悩みを多く聞きますが、圧倒的に読む量が足りてません。

 

そして、次は基礎練習を徹底的にやります。

音程を少しずつ広げていきすべての指を満遍なく動かせるようにします。

最終的にはハノンへ抵抗無く進めるのが目的です。

そして、最後は連弾の練習です。

今回はぐるぐるバイエルに挑戦してみます。

しかし、これまで個人のペースでレッスンをしてきたため、出来るところまでで良いという習慣があり、最後まで弾けるように練習していませんでしたね。

なので、課題は必ず弾けるようになってレッスンに来る。

というお約束を確認することになりました。

そして、出来るようになるまで練習してくるのが大事だよという話をしました。

 

子供だから、忙しくて大変だから、

ここまでで良いという制限を大人がつけてしまったら、子供の無限の可能性を引き出すことはできません。

 

将来、趣味で音楽を楽しむためにも、小学生の間に技術を習得することはとても大事ですし、出来るようになることが楽しいことだという体験は、ピアノ以外にも役に立つ成功体験ではないでしょうか?

 

さぁ、今日も特別レッスン3日目がスタートします。

 

家での練習のヒントをつかんでくださいね。

 

 

 

 

夏休み特別レッスンスタートです

さぁ、夏休みは始まりました!

 

以前からお知らせしていた通り、

夏休み特別レッスンがスタートします。

 

ピアノの練習

 

って、なんとなく大変とか、辛いとか、面倒とか、ネガティブなイメージがありませんか?

 

練習しなくちゃ・・・

と思って、練習している方も多いのではないかと思います。

 

練習しなくちゃ出来るようにならないよ。と、よく子供の頃に言われました。

 

でも、見方を変えると、

練習すれば出来るようになるのです。

 

そういわれると、

希望が見えてきませんか?

 

夏休み特別レッスンでは、

どんな練習をどのくらいやると、何が出来るようになるかを体験してもらいたくて、基礎練習を中心にグループで一緒に練習します。

読譜の練習もします。

 

音楽の習得は言葉の習得と似ています。

毎週30分のレッスンに来ているだけでは、自由自在にピアノを弾けるようにはなりません。

弾くだけでなく、楽譜を読んだり、書いたり、聴いたり、まんべんなく取り組むことが重要だと考えています。

 

3時間のレッスンで

★ソルフェージュ

★基礎練習

★連弾

この3つを集中的にやります。

6日間続ける予定の子もいます。

家族の予定の都合で、

2日間、3日間の子もいますが、

それぞれ今後の練習のヒントをつかんでもらえたらなと思います。

 

楽しみですね。

 

 

プロになるわけではないけれど・・・

ピアノを習う動機として、

お母さんたちがよく話すのが

🎵「将来、趣味で弾けるようになってほしい」

🎵「楽譜が読めるようになってほしい」

🎵「プロにはならなくて良いけれど、ピアノぐらいは弾けるようになったら良いかなと思って・・・」

 

大抵の方が上記のようなことを話してくれます。

もちろん、子供がやりたいから、と一番嬉しい回答の方もいます。

 

私も音楽を生涯の友となるような、音楽大好きな人になってもらいたいと、日々レッスンをしているわけですが、この趣味で弾けるということについて、ちょっと考えてみました。

 

日頃のストレスをピアノで発散することができるって、本当に素晴らしいことだと思います。私にも心当たりがあるので、よくわかります。

 

しかし、時々ピアノを弾く人が、時々ピアノを弾いたときに、楽しいと思えるって相当弾ける人でないと難しいのでは?余計に弾けないストレスがたまってしまうのでは?と思いました。

 

音大を卒業しているような人でさえ、しばらく弾いていないと弾けなくなるものなのです。

過去に演奏したことがあっても、折に触れて演奏していないと、すっかり忘れてしまうこともあります。

 

私も、過去に演奏した曲でも、忘れているものもあります。

 

音大を目指したのであれば、小さい頃から集中的に技術や表現力を磨いて来たと思います。そんな人でさえ、趣味として継続させるには、日頃から弾いていないと難しいのです。

 

プロを目指すわけではないから、とのんびりレッスンをしているのでは、将来趣味の域に達するのは難しい!と思います。

 

趣味で楽しむからこそ、小学生・中学生のうちにある程度の技術を身に付けなければなりません。スポンジのように吸収する力を持っている今がとても大事です。

 

レッスンに通っているだけでは技術は身に付きません。量をこなすことによって習得できます。楽譜の読みも、文字を覚えたときのように読んだり、書いたり、量をこなす必要があります。

また、良質な音楽をたくさん聴くことも上達への近道です。

 

この時期に習得した技術は宝物となるでしょう。

 

そこで、今年ははじめての試みとして、夏休みに夏期集中練習をグループで取り組むことにしました。一人では退屈な基礎練習も、お友だちと一緒に取り組むことで励みになればと思いました。

集中的にやることで、自分の技術の変化が分かりやすいし、どのくらいの量をこなすと変化が現れるのかも体感してもらいたいと思いました。

それと、子供同士での連弾などやります。これは夏休みだからこその練習です。いつもは先生が合わせてくれる連弾ですが、子供同士だとどうなるのか楽しみですね。アンサンブルを経験することはとても貴重です。

 

音色にこだわって表現力を磨くにしても、技術があれば、より自由自在な表現となるので、その辺りを実感してもらいたいです。

 

マンツーマンのレッスンに加えて、

グループレッスンの夏休み。

初めての試みなので、今からプログラムを考えたり、楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Happy Clover Presents

ピアノサロン・ドルチェVol.28

7月5日(金)

10時30分~12時00分

トモサウンズ・ピアノ教室にて

会費¥3,000

 

プログラム

🎵月の光

🎵アラベスク

🎵亜麻色の髪の乙女

初夏にふさわしい、さわやかなドビュッシーの世界をお届けします。

WICTHのオリジナルハーブティーとちいさな窓のケーキもお楽しみに。

予約受付中です。

まだ席に余裕があります。お友だちとお誘いあわせのご参加お待ちしております。

 

お申し込み&お問い合わせは

info@tomo-sounds.comまで