トップへ戻る

> ブログ > おすすめの練習方法

流れにのるには・・・

音楽にはその曲に合った速さ、テンポがあります。

 

譜読みの段階で、いきなりテンポに合わせるのは難しいでしょう。

だんだん慣れてきて、指の感覚も出来てくると、テンポをあげられるようになります。

 

練習していていつのまにかちょうど良いテンポで弾けることもありますが、

ある程度弾けるようになったら

テンポを意識することも大事です。

 

ひとつひとつの音を確認しながら

弾いている時は、

次の音へのスムーズな繋がりとか、

準備に時間をかけることが出来ますが、

その次への準備を素早くできるようにするためにも、

流れをつかむことが大事になってきます。

 

一人で練習しているときは

何回も同じところを弾き直してしまうこともあると思います。

弾き直したくなる気持ちは分かりますが、

できるだけ弾き直ししないで練習した方が良いですね。

弾き直すことは無意識でやっていることも多いのです。

無意識でやってしまうと、

本番でもその弾き直す癖がでてしまうので

要注意です。

 

流れにのって弾くには

間違えても良いからどんどん先に進むという練習もします。

だから、立ち止まって丁寧に弾く練習と、

流れをつかむためにどんどん進む練習と、

テクニック的に難しい部分は何回もそこだけ練習する、

ひとつの曲を練習するにも

目的によって練習の方法を変える必要があります。

レッスンでは

先生が伴奏をつけて弾くことで

流れにのりながら弾く感覚をつかんでもらいます。

意外と流れにのった方が弾きやすい場合もあります。

 

流れにのれない理由としては

まず自分が何の音を弾くのか

はっきり理解できていない、

楽譜から音を見ても、

瞬時に指に指令が出来ない場合です。

なんとなくでは指に命令を出すことが出来ず、時間がかかってしまいます。

それを解決するためには

ひたすらドレミで音符を読むことです。

 

歌えるテンポでしか弾くことが出来ない。

と、私は先生に教わり、

その通りだなと今でも思います。

はっきりドレミが分かっていると、

本番も自信をもって臨むことが出来ます。

 

ドレミが分かったら、

ちょうど良いテンばかりでなく、

速めのテンポでも弾いてみましょう。

脳からの刺激を活発化することで

適正なテンポに下げたときに

余裕をもって弾くことができます。

 

本番で緊張したときに

自分では制御できないほど

テンポが速くなることがありますが、

そういったトラブルにも対処することが出来ます。

 

それからどうしては流れにのれないときは、

見本の演奏に合わせるというのも良いでしょう。

どのくらいのスピードで楽譜を追ったらいいのかが分かるし、

指を動かすイメージもできます。

 

指を動かしているのは

脳からの指令なので、

いかに速く、楽譜の情報を指に伝えられるかが、

カギとなります。

音符を見て、ドレミが分かったら、

それを瞬時に指に伝えられるような

反射神経をつけられるといいですね。

 

アスリートが動体視力をトレーニングするように、

ピアノを弾く場合も

目を速く動かせるようにするのも良い練習だと思います。

 

楽譜は左から右に流れ、

下の段に移るときや

ページが変わるとき、

それから楽譜と鍵盤を交互に見るとき

かなり目を使います。

音楽の流れを止めずに

楽譜を追うことも必要なので、

見本の演奏を聞くときも

楽譜を追いながらスピードになれるのも

良い練習になります。

 

ピアノを弾くことは

一度にたくさんの情報処理をし、

様々な能力を駆使していることが分かります。

それでいて

感情や情景を描写することができるわけですから、

一曲弾き終えると体力を消耗するのは納得ですね。

 

 

曲に合ったテンポで!

弾けるようになるまでは

ゆっくり練習することは大事です。

細かい音符の部分や、

複雑なリズム、

難しいテクニックが必要な箇所は

ゆっくり確実に弾けるようにします。

 

それがだんだん慣れてきて、

弾けるようになってきたら

曲に合ったテンポで弾けるようにしましょう。

 

いつまでもゆっくりのままだと、

曲の本来の雰囲気が出せずに、

かえって弾きづらいことがあります。

 

どの曲にも、ちょうどその曲に合ったテンポがあり、

早すぎても、

遅すぎても

調子がでないことがあります。

テンポを遅く設定しすぎて

流れに乗れずに、

なんだかよく分からないまま

曲が終わってしまうのです。

 

題名や、

楽譜の一番最初に書かれている

速度記号を参考にしてみましょう。

 

そして、音を出す前に

心の中で出だしのメロディーを歌ってください。

 

準備も無しに、

いきなり音を出すと、

流れがつかめずに、

調子がでないうちに終わってしまいます。

 

ピアノを弾くには

指揮者の役割をする自分と、

ソリストの役割をする自分と、

伴奏をする自分と、

いろいろな役割を一人でこなす必要があります。

 

音を出す前には

指揮者がテンポを感じて呼吸をするように、

流れを作ってください。

そして、十分なブレスをして

最初の音を出します。

 

これが無いと、

聞いている人は、どこで呼吸をしたらいいのか混乱し、

聞いていて苦しい演奏となってしまいます。

 

ピアノを弾くために

歌うことを重要視するのは

こういうところにあります。

音を出すからだの準備は

歌うときと同じです。

 

歌うときには、前奏を聞いて、

曲のスピードでブレスをしています。

だから、曲に合ったテンポを設定し、

流れにのってから

ブレスをして演奏を始めると

弾いていてもスムーズで

聞いていても楽に聞くことができます。

 

また、早く弾くことに不安があっても、

できるだけテンポ通りに弾いてみることをしてみてください。

思ったより弾けるかもしれないし、

もし大変だったとしても、

早く指を動かすことの感覚を覚えていきましょう。

 

早く走りたいのに、

早く走る練習をしなければ

走れるようにはなりませんね。

もちろん最初は息切れもするし、

足も筋肉痛になるし大変かもしれませんが、

練習を重ねていくうちに

足を早く動かすことにも慣れてきて、

早く走るコツがつかめてくるように、

ピアノでも同じことが言えます。

ゆっくり確実な練習もするし、

早く動く指をつくる練習もするし、

いろいろな練習を試してください。

 

本番前には

曲に合ったテンポだけでなく、

超ゆっくりバージョンと、

超早いバージョンなど、

いろいろなテンポの設定で練習します。

その理由は別の機会に!

 

 

ピアノを鳴らすイメージで

リストやショパンの憧れの曲を

遠慮して弾いていませんか?

 

普段、近所への音を気にして

フォルテの音を十分に出さずに

こじんまりした感じで弾いていませんか?

 

また、電子ピアノなどだと、

十分なフォルテの音のイメージが

ちょっと難しいかもしれません。

 

フォルテと言っても、

耳が痛くなるような、強い音ではありません。

 

低音が十分に響いて、

高音もキラキラとした輝きがあって、

ピアノの楽器自体がフルに鳴っているような感覚。

 

リストやショパンなどのロマン派の作曲家は、

楽器の開発がどんどんすすんで、

現在の形のピアノになっていった時代です。

 

ですから、より広いホールで

ダイナミックなボリュームが出せるようになり、

作曲家たちは、新しい楽器で、

新しい音楽をどんどん作っていった時代です。

 

ちなみに、ホールでリサイタルを

初めて開催したのは

リストだと伝えられています。

 

ピアノの豊かな響きを自分で奏でられるというのは、

演奏する魅力でもあります。

あの豊かな響きをどうやって出すか、

これもまた研究のしがいがありますね。

基本的なからだの使い方としては

大きな声を出すときと同じです。

十分にブレスを取り、

足でしっかり体を支え、

上半身はリラックスし、

体重の重みを腕全体を伝って

指先に伝えるようなイメージです。

 

ピアノの音が出る場所は

弦にハンマーが当たるところです。

太いピアノ線がビリビリと揺れることで

振動が起こり音がでます。

自分の重みで、このピアノ線を

十分に振動させるイメージが、

ピアノを鳴らすために必要です。

 

自ら波を起こすようなイメージ。

何も無いところに

波を起こすには

パワーが必要ですね。

その波が次々繋がって

振動が大きくなり、

波も大きくなっていく、

 

音楽も波が繋がっているイメージが持てるようになると、

前後の繋がりも自然な流れになります。

 

ピアノが十分に鳴っていると、

他の弦も共鳴して

耳では聞こえないかもしれないけれど、

振動は起きているので、

複雑な振動が生まれ、

それが豊かな響きとなり、

アコースティックな楽器の特徴として、

人間の耳に気持ちよく聞こえてきます。

 

電子ピアノとの違いはここにあります。

 

電子ピアノはスイッチのオンとオフで

音が出ているそうです。

タッチの違いを気にする方は多いですが、

音の出る仕組みがまるで違うので、

豊かな響きと言う点では

全く違います

 

しかし、普段からイメージを強く持つことはとても大事です。

スポーツ選手だって、

イメージトレーニングをします。

ピアニストだって、

イメージトレーニングは大事でしょう。

電子ピアノであっても、

楽器を鳴らすイメージをもって

普段から音をならしてみてください。

 

ピアノを弾くときに必ず役に立ちます。

 

そして豊かなフォルテが出せるようになってくると、

スケールの大きな曲、

コンチェルトなどの曲にも対応できるようになります。

 

体幹をしっかりつけて、

上半身をリラックスして

大きな声を出すときのように、

自分の体重をピアノに伝えてみましょう。

 

自分でもびっくりするほど

良い音が出て、

その音に包まれる気持ち良さを

味わうことが出来ますよ。

そうなると、

リストやショパンの曲が

とても魅力的に弾けるようになります。

 

ぜひチャレンジしてみてください!

メトロノームに合わない・・・

普段の練習でメトロノームを使っていますか?

 

正確なテンポを保つために

とても便利な道具です。

 

ハノンの基礎練習や

曲の中で部分的にテンポを矯正するために

使用します。

そして、おうちでの練習でも

使うように指示することがあります。

 

時々

「メトロノームに合わない」

という言葉を聞きます。

どうして合わないの?

質問してみると

「指が動いちゃう」

 

それは、あなたは指に支配されているのね~😱😱😱

 

指を動かしているのは

自分でしょ?

自分で思いどおりに指を動かせるように

しないとね!

指を支配するのは自分だよ😏

 

という話をします。

指が動いてしまう。

これはよく分かります。

手の構造上、筋が繋がっている部分などは

独立して動かすことが難しいのです。

自分では動かしているつもりでも

ついつい動いてしまうし、

思うように動いてくれないこともあります。

 

だからといって、

そのままにしていては

粒の揃った音や、

正確なテンポを保ちながら演奏することは難しくなります。

少しずつ、

自分が思うような動きになるように

していく必要があります。

 

コツは、やはり

歌うことにあります。

はっきりと音を認識するためにも

歌は有効です。

それから、もうひとつ、

自分の音をよく聴くことです。

ここではあえて、

“聴く”という感じを使うのがいいでしょう。

意思をもって、

集中して

耳を傾けるのです。

 

はっきりと自分で聴き取れていないところは

だいたいあやふやに演奏しています。

聴こうとするだけで

解決することがたくさんあります。

 

音は聞こえているようで

聴いていないことも多いのです。

 

メトロノームに合わせるのは難しいこともありますが、

“合わない”と嘆くのではなく、

“合わせよう!”と

合うまで合わせるのです。

1・2回で合わなかったら

10回でもやってください。

 

拍の感覚は

ブランコの行って帰ってくる感じや、

ボールを突くときの感覚と似ています。

大きな動きで感覚をつかんでから

ピアノでやってみるのもいいかもしれません。

 

指先だけの運動に見えがちですが、

ピアノは全身を使った運動です。

自由な指を作るには

自然な脱力ができている腕、肩、

脱力をするためには

体幹がぐらぐらしていてはできません。

腹筋・背筋も使います。

足をぶらぶらさせていては

腹筋や背筋は使えないので、

しっかりと足をつけて

体を支えます。

 

ピアノを演奏している姿は

優雅に見えるようですが、

意外とスポーツ選手並みに

体力を使っていますよ。

 

ぜひ、メトロノームを練習に上手に活かしてみてください。

 

 

今日は100日チャレンジ92日目。

もう少しでゴールです!

しかも、この記事はブログの300記事目です。

数がまとまってくると、

嬉しいですね。

 

勢いで弾けるか?

音楽には流れがあります。

川の流れにもにたような感じです。

不思議なもので

テンポは同じでも

その流れがあるかどうかで

印象が全然変わってきます。

どんなにゆっくりな曲でも

流れがあれば、長く感じずに

あっという間に終わる感じ。

逆に、ゆっくりな曲で流れが止まってしまうと

まだ終わらないのかなー?と、

とても長く感じます。

 

人間の感覚は不思議ですよね。

 

音楽毎にちょうど良いテンポがあって、

それがぴったり合ったときは

大変気持ちよく演奏できます。

 

そして似たような言葉に

“勢い”があります。

もちろん音楽にも勢いが必要なときがあります。

音楽を進ませる力とでも言えますね。

曲の持っている勢いを表現するのは

素晴らしい事です。

しかし、あやふやな部分を勢いで弾いてしまうことは

なんだかとても不安です。

 

曲のある部分でとても細かい音符でテンポも早く、一瞬で終わるような部分です。

主に半音階が主となり、

両手で半音階を響かせつつ、

中の細かい音も半音階で下りてきます。

 

とても細かい音符だし、

テンポも早くなるし、

おそらく自分で弾いていても

正しい流れで弾けているかどうか

分かりかねます。

 

そもそも音も合っているのか。。

 

ひとつひとつの音を確認するのは

意外と面倒に感じるものです。

ましてや何となく最後まで弾けている場合、細かい指示をどれだけみているか、

とても気になるところですね。

 

細かい音符で早く弾くときには

勢いが必要ですが、

音やリズムがあやふやな時は

勢いで弾くととても危険です。

 

どう危険かというと、

ハッと何か気になったとき、

今自分はどこの場所を弾いていたんだろう?と

分からなくなることがあります。

頭の中が真っ白になって、

どこからやり直していいものか、

何の音だったか、

自分でもびっくりするほど抜けてしまうのです。

 

普段から勢いに任せて

多少音がグチャッとなっても気にせず

練習して気分になっていると

本番では冷や汗ものです。

 

ここは面倒くさがらずに

ひとつひとつの音を確認し、

暗記で言えるようにする必要があります。

 

なんとなく弾いているように見える

ピアニストも

驚くほど詳細に音を覚えて

歌えるようにしていると思います。

 

歌えないと弾けないし、

歌えるようにしか弾けないのです。

 

だから、日頃からしっかり歌って弾くようにしている人にとっては

本番はそんなに緊張もしないでしょう。

 

全ての音をクリアに覚えることは

最初は面倒に感じるでしょう。

しかしよく楽譜を見てみましょう。

同じようなパターンでできているところはありませんか?

このパターンをいかに見つけられるかが

暗譜を楽にしてくれますし、

弾きやすくしてくれます。

 

指だけで覚えないようにしましょう。

 

勢いだけでは絶対に安心して弾けません。

本番では何が起こるか分かりません。

客席から急にくしゃみの声などが聞こえてくるかもしれないし、

ライトが眩しく感じながら弾かないといけないかもしれないし、

いつもの部屋で弾いているようには

いかないのが本番です。

 

そこで集中するには

歌うことなのです。

勢いに任せず、確実に弾けるようにして

本番に望めば、

いつものような演奏ができるでしょう。