トップへ戻る

> ブログ > おすすめの練習方法

ピアノを弾いているとき、呼吸してますか?

昨日は

テクニックを向上させることも大切で、

そのための練習をする必要を

記事にしました。

 

今日はもう一つ大切な

呼吸についてです。

 

普段、呼吸は無意識にしていますね。

人間が生きていく上で

呼吸をするのは当たり前のことです。

動物だってするし、

植物だって呼吸をしています。

 

信じられないかもしれませんが、

ピアノを弾いているとき、

弾くことに夢中になりすぎて、

呼吸を忘れてしまうことが多々あります。

 

そういう演奏を聴くと、

なぜか聴いている人の方が苦しくなってくるものです。

 

歌や金管楽器、木管楽器などは

直接息を使って音を出すので、

呼吸が大事なのは

簡単に想像がつきます。

 

音楽は歌が基本にあるので、

直接息を使わない楽器でも

呼吸が大事です。

 

なので、レッスンでは

歌うことをとても大事にしています。

歌うように弾けると、

自然な演奏になります。

音を出す時の身体の使い方は

歌うときと同じです。

 

音に強弱をつけるときも

声に強弱をつけるようにすると

自然なブレスで

強弱をつけることができます。

 

声に強弱がつく時のことを考えると、

自然に感情もついてきます。

 

小学生にも分かりやすく説明するときは

お母さんに話したいことがあって、

話しかけるときを想像してもらいます。

一回目は何気なく声をかけた場合、

おそらく強弱記号で表すと

メッゾピアノぐらいでしょうか?

しかし、食事の支度をしているお母さんに

声が届かなかった時、

二回目は少し大きな声で話しかけますね。

メッゾフォルテまで大きくなるでしょう。

それでもお母さんが聞こえなければ、

3回目はフォルテまたはフォルティッシモで

声をかけますよね。

 

音楽も同じで、

強弱をつけるには理由があります。

その気持ちになることで

自然な呼吸と

自然な強弱が結び付きます。

 

テクニックだけの練習に片寄ると、

この呼吸をしながら演奏することを

忘れがちです。

私はテクニックばかりが先行してしまい、

指の動きと、呼吸のバランスが

とても悪い演奏をしていました。

その癖は今でも気を付けないと

うっかり指だけが先行してしまうことがあります。

 

その癖を直すためには

自分の演奏を録音して聴いてみる。

これが一番効果がありました。

自分ではしっかり呼吸して、

自然な歌になるように

演奏しているつもりでも、

実際の演奏を聴いてみると

自分で思ったほどできていないのです。

 

大袈裟にやってみて

ちょうど良いということがよくありました。

 

本番では緊張もしているし

いつも以上にできていないことがありました。

 

自分の演奏を聴くのは

慣れるまではとても嫌なものです。

録音した声を聴いたことがありますか?

自分の声ではないような気がしますよね。

でも、他人が聴けば

いつも通りの声と話し方ですよね。

ピアノの演奏も同じで、

これが自分の演奏?と

がっかりすることもあります。

が、その事実に正面から向き合って

自分が納得できるようになると、

本来の自分らしい演奏に

近づいてくると思います。

 

はじめは自分の演奏を聴くのは嫌でも、

だんだん慣れてきます。

今ではスマホで簡単に

録音・録画ができるので

自分の演奏を振り替えるのが

手軽にできるようになりました。

 

自然な呼吸で演奏できるように

ぜひ録音を聴きながら練習してみましょう。

 

もっと楽しく演奏できるようになりますよ。

 

早く走りたければ、走る練習を!

早く走れるようになりたい!のに、

歩く練習ばかりしていは

走れるようにはなりませんよね。

 

ピアノでも同じことが言えます。

もちろんゆっくり確実に弾くことも大事です。

そもそも歩けなければ、走ることもできませんね。

 

ある程度確実に弾けるようになっているのに、

そのまま同じ練習をしていては

いつまでも早いパッセージを

弾くことはできません。

 

だから、

早く指を動かすための練習も必要です。

 

陸上選手にとって、

早く走るためのフォームや

スタートの姿勢、

飛び出すタイミング、

ゴールするときの身体の使い方

たった数十秒のために

やるべきことがたくさんあります。

そして、

走るだけではなく、

筋トレをしたり、

食事に気を付けたり、

総合的に練習をします。

 

ピアノも同じで、

早く指を動かすためには

それに合う身体の使い方や

手の形、指の使い方、

手首の動かし方、

などが変わってきます。

 

なので、ゆっくり確実に

音が出るようになったら、

少しずつテンポを上げて練習します。

最初は腕の筋肉の使い方が慣れずに

あちこち動かしにくいところがあるでしょう。

必ず楽に弾けるポイントがあるので、

諦めずに続けてください。

 

基礎の練習をやりたがらない子は

多いですが、

地道に基礎練習を続けていると、

自分の思った通りに指が動くようになるので、

曲の仕上がりが早くなります。

 

曲が弾ければ良いでしょ!

曲の中でテクニックを磨けばいいのでは?

そういう考え方をしている子も見受けられますが、

最初からテクニックが付いていれば、

どんな曲でも出来るのです。

 

スポーツ選手が基礎を大事にしている理由と同じです。

 

種目が違っても

一流の選手ほど基礎を大事にすると聴きます。

 

音楽家も同じです。

 

ハノンは

効率よくピアノを弾くための指・身体を作る教本です。

 

地味で面白味に欠けるようにも見えますが、

続けることで効果を実感できます。

 

レッスンでハノンをするようになって

続けている子ほど効果を実感しています。

そしてスムーズにハノンへ進めるように、

3年生以下の生徒さんには

準備段階としての指の練習をするようになりました。

 

レッスンの最初の5分ぐらいは

基礎練習です。

細やかな動きが出来るようになると、

曲の幅も広がり、

なにより自分自身が

気持ちよく演奏できるようになるので、

ピアノを弾く楽しみが増してくるでしょう。

 

基礎練習も楽しめるようになると良いですね。

 

 

 

 

 

 

どうせ練習するなら

午後は娘の中学校へ

三者面談へ行ってきました。

 

校庭では部活に励む子どもたちの姿が見られました。

 

どの運動部も

10月に新人戦を終えたばかり。

 

校舎では、

面談を待つ間にと、

各部活の新人戦の様子を

校長先生が写真に撮ってくださり、

それをスライドショーにして

自由に見られるようにセッティングしてありました。

 

そのスライドショーには

各部の部長の新人戦の感想を載せてあり、

その言葉と共に写真を見ていると、

限られた環境の中で頑張っていた

様子が良く分かり、

胸が熱くなる思いがありました。

 

そして、また帰る時に

校庭に目をやると

まだ部活を頑張っている様子。

 

なんとなく練習を頑張っている感じではありますが、

みんなどんな思いで練習しているのかな?

という思いがよぎりました。

 

 

部長たちの感想では

メンタルの弱さを反省している部が多く、

普段の力を出せなかったと。

 

メンタルの弱さを克服するような練習って

どんな練習なんだろう?

試合のときに普段の力を発揮できる練習って

どんな練習なんだろう?

 

この子達は、

そういうことを考えて練習してるのか?

今日一日何を目標にしているのだろう?

 

ふとそんな考えが浮かびました。

ピアノのレッスンでも良く言うことですが、

 

なんとなく練習しているだけでは

いつのまにかに出来るようになることは

無いよ。

 

これは

いつも同じところで間違えたり、

間違えを直そうとしなかったり、

つまり、何も考えていない練習を

続けていても何も変わらないということです。

 

せっかく練習するなら

一つでも出来るようにしたいですよね。

間違えたまま練習すると、

間違えることが上手になってしまいます。

ただやれば良いというのは練習になりません。

 

1回、2回で出来ないと

もう無理、出来ないと言って

諦めてしまう人もいますが、

それは練習ではなく、

ただやっただけです。

出来るようになるまでやるのが練習。

100回やって出来なくても、

もしかしたら101回で出来るかもしれない、

150回やれば出来るかもしれない。

どうやったら出来るようになるのか

考えるのです。

 

どうせ時間をかけて練習するなら

出来るようにしたいですよね。

そのためのヒントはレッスンで伝えています。

どうしたら出来るようになるのか

必ず先生は説明しているはずです。

先生のアドバイス通りにやっていますか?

先生のアドバイスに疑問があっても

まずはアドバイス通りにやってみましょう。

それでうまくいかなかったら

また違う方法を考えれば良いのです。

 

先生のアドバイスをどれだけ素直に聞けるかが、

上達の分かれ道です。

 

1日や2日で

ピアノは弾けるようになりません。

根気強く続けていくことが

一番の近道です。

焦らず地道に続けていきましょう!

 

 

 

 

 

立って弾くこともありますよ!

ピアノってちょこんと椅子に座って

優しく優雅に弾いているイメージですか?

 

見た目以上に全身運動です。

指先に体重を乗せて弾いています。

足でしっかり身体を支え、

腹筋と背筋で上半身を支え、

でも肩や腕の力は抜き、

手首の力も抜いて、

指先に力を伝えて鍵盤を弾きます。

 

これがとっても難しい。

肩や腕の力を抜いてーと言うと、

指先までダラーンとなってしまい、

フニャフニャになってしまいます。

それだと、良い音はでないので、

関節を立ててーーと言うと、

余計なところに力が入ってしまいます。

 

その子によって

どんな説明が分かりやすいのか

ポイントが違うので、

私も試行錯誤です。

 

時々、立って演奏してみたり、

ジャンプしながら弾いてみたり、

隣で私の方が息切れしている時も・・・

 

ピアノは運動の要素も大事です。

これから寒くなってきますが

外で思いっきり身体を動かして

体力をつけると共に、

体の使い方もたくさん経験してほしいです。

 

ボールを使った遊びは

リズム感を養うにもとても良いですね。

キャッチボールって

コミュニケーションなので、

知らず知らずのうちに

お互いを思う気持ちを育まれますね。

ボールを扱うことで

指先も使うので、

ピアノを弾いている方には

本当におすすめです!

ぜひ!

 

 

 

夏休み特別レッスン、後半戦スタート

6日間の夏休み特別レッスン、後半戦がスタートしました。

 

メンバーが二人増えて、

これまで一人で頑張ってきたAくんは嬉しそうな表情。

 

今日からスタートの二人は、ドキドキしている様子でした。

 

やはり、たった3日と思いがちですが、3日間の経験があるのと無いのとでは出来ることに違いが出ると分かり、いろいろと教えてあげる場面もありました。

 

Aくんのお母さんによると、

お家での練習の時にも、今回の特別レッスンの効果を感じているそうです。

 

まず、ピアノの音が変わった。

 

これにはお父さんもびっくりだったようで、

 

芯のある音っていうんですか?

しっかりとした音が出るようになりました。

とのことでした。

 

そして、今回の課題である“半音階”です。

半音階がたくさん含まれているバイエルの曲でアンサンブルをする予定で、課題を前もって出していました。

しかし、苦手意識が強く、練習する気がなかなか出ませんでした。

気がのらないからといって、やめるわけにはいかないことを説明し、とにかく回数を重ねることが克服の鍵とし、一緒に何回も何回も練習しました。

 

回数を重ねるにも工夫が必要で、楽譜通りにそのままやるだけではなく、声に出して歌ったり、リズムを変えたり、構成を見て、私と部分的に交代して弾いたり、飽きないように、でも効果が出るように工夫します。

 

からだが覚えるまでやります。

 

少しずつ出来るようになっていきますが、なかなか完璧に出来るようにはなりません。

 

その時大事なのが、諦めない気持ちです。

 

Aくんは出来るようになっている部分が増えているにも関わらず、出来ないことに焦点を当てすぎて、自分は全然出来てないと思い込み、気持ちが萎えていました。

 

ここからが踏ん張りどころです。

気がのらないからやらない。

出来るようにならないからやりたくない。

 

このままではいつになったら出来るのでしょうか?いつもこの調子では、自分に自信をつけられないまま、出来る喜びを感じられないままになってしまいます。

あともうちょっとのところまで来ていました。

あと、数ヵ所意識するだけですが、前向きな気持ちが沸いてきませんでした。

 

そこで3日目のレッスン後にお願いしたのが、

お母さんからの励ましです。

今回、一日3時間もの長い練習を三日も続けていることは、これまでにない、特別なことなので、盛大に盛り上げてほしいということです。

いつもよりちょっとオーバー気味に応援してあげてくださいとお願いしました。

★どんなことやってるの?

★どういうところを注意されたの?

★聴いてみたいな。

★すごいできるようになってるね、

★すごいがんばってきたね

などなど・・・・

 

金曜日は一日お休みして、

土曜日4日目のレッスンでは

自信満々の笑顔で

「出来るようになった!」と話してくれました。

 

そして、他のメンバーの子が

びっくりした眼差しでAくんを見ていました。他の二人は、3日前のAくんとそっくりでした。

 

私は、どんな子でも、正しい練習のしかたをすれば、弾けるようになると信じています。出来るようになるまで練習をするという経験が少ないので、ちょっとやってみてできなければ諦めるというパターンになっている子が多いような印象を受けました。

子供だから、趣味で弾ければ良いから、どうせプロにはならないから・・・ここまでで良いという制限を設けたら、本当に音楽を楽しめるようになるところまでいけるでしょうか?

 

将来、趣味で弾けるようになるからにはこそ、小学生の時期に、からだが覚えるまで技術を身に付ける必要があると思っています。

 

ピアノを弾けるようになるために、どうしても越えなければいけない、その子なりのメンタルな課題があるように思います。心構え次第なのです。

時には厳しく感じるときもあるかもしれませんが、そこを避けたり・逃げてしまってはなにも達成することができません。

厳しく感じるということは、そこをなんとかしなければいけないと、自分でわかっているということです。

“耳が痛い”という表現もありますよね。

図星だからですね。

 

ピアノが弾けるようになりたいという夢を持って教室に通うわけですから、弾けるようになる、弾けるようにする、これは自分の夢を叶えていることですね。

ひとつ自分の夢を叶えられれば、その先の人生の夢も叶えられる人になると思いますよ。

 

そして、皆さんが自分の夢を叶えて、その側に音楽があったら、ピアノの先生としてそれ以上の喜びはありません。

 

あと2日。

一日3時間の夏休み特別レッスン、頑張ろう!